船・飛行機の週間就航予想 大島までの船や飛行機(東海汽船・新中央航空)の就航の可否 と出帆(到着)港を予想しています。  2017.1.27
就航予想結果の評価2016を掲載しました。 
船・飛行機の週間就航予想結果の評価 予想の成績評価とジェット船の月別就航率など
大島の気象と天気俚諺 大島の気象と天気俚諺。
写真 今日の大島 大島の今の自然を写真で紹介します。
写真 今日の大島 旧号 2004年12月からのバックナンバー。
大島の気象の話 大島で見る気象と海の豆知識 
差木地 下シクボ鶏園 管理人が経営する平飼い養鶏場です。
自己紹介  管理人は、市民によって直接支えられるインターネット報道メディア IWJ を応援しています。 岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
 管理人は、戦前の思想弾圧につながる「共謀罪法案」に反対します。

アクセス解析(ninja analyze 無料版)を使用しています。




船・飛行機の週間就航予想 携帯版もあります。
http://www13.plala.or.jp/oosimakisyou/keitai.html
                                
http://www13.plala.or.jp/oosimakisyou/keitai.html
QRコード → 













このページのTOPへ

 

船・飛行機の週間就航予想

4月28日 4月29日 4月30日 5月1日 5月2日 5月3日 5月4日
ジェット船
大型船
出帆(到着)港 岡田 岡田 岡田 岡田 岡田 岡田 岡田
飛行機 新中央航空
解説 28日、午前中は高気圧に覆われて穏やかだが午後は日本海に気圧の谷が進んできて南西の風がやや強くなる。
29日は低気圧が日本海から北海道に進む。南西の風がやや強い。
30日は移動性高気圧が本州の南にあって沿海州を低気圧が進む。南西の風がやや強い。
1日は低気圧が北海道付近を進む。南西の風がやや強い。
2日は日本海に高気圧があって本州のはるか南の北緯30度付近を低気圧が進む。北東の風がやや強い。
3日は移動性高気圧にが北日本を覆う。北東の風がやや強い。
4日は低気圧が関東の南東海上を進む。北東の風がやや強い。
なお、NOAAは3日から5日にかけて移動性高気圧に覆われると予想している。
2017/4/27 16:01 更新

※  GSM:気象庁のGSM(Global Spectral Model)
※  NOAA:アメリカ海洋大気庁のGFS(Global Forecast System)
※  ECMWF:ヨーロッパ中期予報センター



☆ 更新は、通常、前日の17時ごろ行うようにしています。
☆ 大型船の就航予想は 大島発東京行き を想定しています。
☆ 大型船の朝の入港は岡田港が原則です。
☆ 大型船の就航日は東海汽船の時刻表で確認してください。
 

就航予想の記号・用語についてはこちら


GPV(Grid Point Value)

左は大島-東京を中心とした、気圧、風向,、風速予想です。

気象庁の数値予報でMSM(メソスケールモデル)と呼ばれる予報値を視覚化しています。5㎞ごとの格子点について、33時間後までの予報が表示されています。GPVにはこの他に264時間後まで予想するGSM(グローバルスペクトラルモデル)などがあります。


右上の  をクリックして時間を変更することができます。


Weather-gpv.info  のホームページ "GPV気象予報" から入手しました。

更に詳しい情報は上記ホームページで見ることが出来ます。





ブログパーツのページを作成しました。
気圧・風速、 雨量・雲量、 沿岸波浪、 気温・湿度
のMSM33時間予報です。


欠航及び出帆(到着)港の判断基準は概ね以下のとおりです。
(風速の数値はMSMによる海上の予想値です。元町、北の山の観測値はこれより若干小さくなるのが普通です)
 就航予想の「解説」は予想の根拠などを示したもので天気予報ではありません。

 当日の船の就航状況については東海汽船のホームページから”本日の運航状況”をご覧ください。また、大型船は曜日によって就航しない日があります。就航予想の○印は就航可能の意味で、当方で常に就航日を確認しているわけではありません。実際の就航については東海汽船の時刻表で確認してください。

 このページの記載内容により、読者の皆さんが被られた損害に対して一切の責任を負いません。

 予想は、気象庁地球気(日本気象)Weather-gpv.info気象予報士Kasayanのお天気放談などのデータをもとに、風向・風速・波高・視程などを考慮して行っています。ただし、船・飛行機の就航・欠航は、気象と海の状況だけで決まるものでもないようです。

 当サイトは、東海汽船新中央航空の海運・航空各社とは無関係です。








このページのTOPへ





ご意見、ご感想はなどはizuosima38zn@amail.plala.or.jpからお願いします。
リンクはご自由にどうぞ。
当ホームページの内容を引用する場合は出所を明示してください。