磯の泡を見てうねりを知る

写真をクリックすると拡大されます

  • 磯に泡が流れるときは、台風がある。
  • 磯に泡が流れるときは、底うねりがある。(海に潜るな)
  • 地磯に波が立つときは沖は波。
イマサキの磯 泡が漂う
2004.6.30 7:20
大島南部イマサキ
筆島、カキハラ海岸に漂う泡
2004.7.29 16:30
大島南部カキハラ磯
天気図 2004.6.30
2004.6.30  6時

台風からのうねりは、波長が長いので見た目には大きな波に見えない。しかし、エネルギーは大きいので大きな磯波となって砕ける。その際、磯の生物の体液などが放出され、安定した泡がつくられる。
泡が海面に漂っているのを見て、台風からのうねりを実感する。



大島の気象と天気俚諺 へ