那須(茶臼岳)

茶臼岳 天候も回復した茶臼岳山頂。
H14/12/29〜30    (メンバ-) 御子貝、本田、松嶋、佐藤
12/29 : 小雪、風強し 小山6:15-(高速利用)-大丸8:30/9:15-BASE設営10:00/11:00-峰の茶屋途中-下山 BASE着12:00

12/30:曇りのち快晴BASE7:15-峰の茶屋8:20-茶臼山頂9:10/9:20-峰の茶屋10:00-BASE10:30/11:30-駐車場 12:10/12:35-小山17:00 
12/29--雪の有る山行は、赤薙以来2回目、平野部は晴れているが、山側は典型的な冬型だ、大丸温泉へ着くとやはり雪、風も強い。

登山指導所手前の東屋の下の雪を固め設営した、 野原の中より快適だ。
設営後、アタックザックに換え、風の中を峰の茶屋を目指す。風は強い、時々 突風を避けるためピッケルにすがりやり過ごす。

ケルンを過ぎるあたりからめっぽう強くなる。小生は不意をつかれ強風に1回転してしまった。

とても強行できる状況ではないため下山を決める。 BASEに戻ってからは時間を持て余し、強い風の中の長い夜となった。

12/30--若干の風の中、再び峰の茶屋を目指す、昨日ほどの風はない。

朝日岳へのトライも考えられたが、風の気配とメンバーの実力を考え茶臼に決定する。 風は強いが立ち止まる程ではない。

雪は風に飛ばされ極めて少ない、夏道と変わらない程だ。 殆ど問題なく山頂につく。写真を撮って、天候の回復した中を下山、 登山者もパラパラいる。

快晴になった中を気分良く下山、 BASEではビールで乾杯。 帰りには例によって温泉でのんびりした。