西吾妻山(山スキー)
グランデコリフト終点 西大巓の登り 西吾妻小屋下
3/20グランデコリフト最終地点。
シール着けいよいよ西大巓へ。
3/20西大巓への登り。雪はクラストしていて楽だった。 3/20西吾妻小屋より若女平への下り、パウダーに恵まれる。
若女平への下り 二十日平へ、橋田さん 穴にはまるとっつあん
3/20痩せ尾根、雪庇を越えホットする。 3/21西吾妻より二十日平へ下る。橋田先生の華麗な滑り。 3/21穴に落ちたとっつあん。
もがけど出られず。
H16.3.19〜21  (メンバー)  橋田研、橋田ま、日向野、中川、渡辺浩、篠原、佐藤、 
3/19-晴れ  鹿沼19:15---<高速>---グランデコスキー場22:00
3/20-晴  グランデコスキー場9:30---西大巓山頂11:00--西吾妻小屋11:55/12:10--スカイバレー道14:50--白布温泉15:10
3/21-快晴 白布温泉8:30--天元台スキー場10:15--中大巓11:30/11:43--グランデコスキー場14:00--鹿沼18:40
3/19 鹿沼に集合、星空の高速を走り誰もいないグランデコスキー駐車場へ。 例の如く、キャンピングカーにて持ち寄りの酒、サカナで前夜祭を行うのであった。

3/20 悪酔い人も無く 皆元気。ゴンドラ、リフトを乗り継ぎ出発。雪は締まって天気も良し、高度を上げると磐梯山の険しい山頂が、遠く安達太良の山なみが好天に映え歓迎してくれる。
ついてるねー、最高だねー。 クラストして歩き易い斜面を登り西大巓へ着く、山スキーヤーとボーダーでにぎやかだ。
シールを外し、西大巓北東の短いクラスト斜面を滑る、硬くて難しい、先が思いやられる。
再びシールを付け程なく西吾妻小屋へ到着、西南の空は遠く雲がかかるが、北東側はブルースカイだ、東京地方は雪が降ったらしい。
いよいよお楽しみの下りだ。ウラジロモミ?の樹間をぬって若女平を目指し沢に入る。
北東斜面は何と10pほどのパウダーではないか、クラスト雪面に程よいパウダーが乗っている、最高の条件だ、今までの中では一番である。
雪崩の心配ない樹林の濃い沢筋を快調に滑る、時々、転びながら。
それにしても、我々中年隊を追抜いた女の子を含むテレマークの3人はうまい、華麗な滑りであった。
難なく若女平にトラバースし痩せ尾根になると、一転、左は急峻、右は雪庇の崖。恐る恐る渡りきりホットする。
尾根も終わりに近づくと、ガリガリ急斜面の横滑り、腰の引けた人、若干1名。後は、杉林の間をぬって無事到着、あーあ楽しかった。
宿の手前の酒屋で銘酒を仕入れ、夕飯前に出来上がる。料理に満足、風呂も良し、かけ流しの本物温泉に何度も浸かり、早い眠りに就くのであります。

3/21 朝から快晴、移動性高気圧に恵まれ何んの心配もない、天元台のピーカンは珍しい、今日もルートファインデングの苦労は無いだろう。 ところがどっこい、朝からつまずき、中年隊にトラブルは付き物。若干1名ゴンドラ乗り場にストック忘れ、30分出遅れ出発。
リフト3本乗り継ぎ1800mまで高度を上げる。楽だ、金をだすと極めて楽だ。わずかな登りで中大巓の稜線へでる。クラストした雪の広々とした稜線散歩だ。

今日も飯豊連峰、朝日連峰が白く輝く。凡天岩を過ぎ、わずかな登りで西吾妻だ。山スキーやツボ足登山の人に会う。記念撮影後、さーて、いよいよ楽しい下りの始まりだ。
中ノ沢に入り込まないようルートを確認しながら、程よい傾斜を順調に滑る。一気に降りるのはもったいない、時々休みを入れながら二十日平をめざす。
木々の間隔も苦にならない、快適だ、山スキーは楽しい、格好はともかく、へぼ滑りでも樹林帯をぬって滑り降りる快感は格別だ、冬はスキーに限る。
それにしても時々見かけるテレマークスキーヤーは巧いもんだ、華麗に見える。二十日平まで来るといよいよフィナーレだ、グランデコの駐車場を目指すと、丁度、林道にかかる小さな橋に出会い、難なく中ノ沢を渡ることができた。
あーあ、終っちゃった、楽しい2日間が終っちゃった、又、来年も来てみたいなー。
美味いそばを食べ、温泉で汗を流し帰路につく、助手席にてウトウトは運転者に申し訳ない、が、缶ビールと疲れが眠気を誘い夢の中へ zzzzz  。
 ♪♪ 「今日の凱歌に心も軽ーく 走りゃ鹿沼も早や間近か、 とこずんどこ、すととこ ずんどこ 」 ♪♪