裏妙義山

妙義山 裏妙義より見る妙義のギザギザ。
H15/10/30〜31  天候: 晴(メンバー)  佐藤
10.30・・自宅13:50・・横川17:50・・・御岳コース登山口駐車場に車中泊

10.31・・駐車場7:10・御岳9:15/30・丁須の頭10:30/11:00・赤岩下11:30/40・三方境12:30/45・入牧橋13:55・駐車場14:45・自宅18:00
10:30・・自宅で介護しているおばちゃんはショートステイ、妻はフランス、天気も良い事から1人で出かける。50号から17号で高崎へ、18号に入り一路横川へ着く。駐車場が意外と判らず、おぎのやで夕食のてんぷらそばを食べ、道を聞く。
駐車場は川のそばの綺麗な処でトイレも完備、 誰もいない星空の車中泊だ。8時に就眠したのでずいぶん良く寝られた。

10:31・・御岳コースは上級者向けとなっている、いきなりの急登、クサリ場で一汗かくと展望の良い鼻曲がりだ。平日とあって静かだ。 紅葉は若干遅いが、それでも結構きれいで良い。

時々クサリ場や痩せ尾根のアップダウンを繰り返し、展望の良いやせ尾根歩きだ。 せっかくなので、丁須の頭のテッペンに登ってみた、さすがにクサリは付いているものの、ハング気味で体が振られるが腕力で強引に登る。特に降りる時は岩登りの経験が無いと無理だろう。

山頂に女性1人の登山者がいた、随分度胸があり感心する。丁須の頭の周りで縦走路を 探すのに方向感覚がおかしくなり時間のロスをする。やっと縦走路を探し、赤岩、烏帽子岩めがけ痩せ尾根やクサリ場を通過する。
結構クサリ場が楽しめて気分が良かった。三方境への下りはすぐに着いて、一人入牧への下山路を降りる。

下山口から岩峰がゴツゴツした稜線を返り見満足する。問題はこの先、国道18号の歩道をテクテク歩きだ、新調した冬靴の足慣らしのため舗装道路はキツイ。
ノンビリ景色を見ながら、50分ほどで駐車場へ着きほっとする。帰路は、下仁田から高速に乗り伊勢崎まで快適に走り、39号で足利に入るのに混んだが、3時間ほどで到着。
おきざりにした猫にえさをくれ、風呂でさっぱりしたあと、生ビールに焼肉をたらふく食べて満足する。