ー桶を使う現代生活への提案ー

以前桶は、漬物桶・洗い桶・手桶など
木製の水廻り生活用具として欠かせないものでしたが、
プラスチック容器の普及などでその姿をほとんど見かけなくなりました。

その桶を現代生活に使える用具として見直しもの作りをしております。

 

 

 

2018/03/07  重要 パソコンが壊れ、昨年(2017)11月・12月、個人のお客様より頂いたメールが復元できませんでした。
           お手数おかけいたしますが、再送頂きたくお願い申し上げます。

 

 

修理について

自然素材で作る桶は いろいろな不具合が生じます。
水漏れ、箍がゆるむ・切れる、底板が外れる等ですが そのほとんどが
修理可能です。
ご面倒でも、作り手・販売店にご相談をお願い致します。

限りある自然素材、大事に使わせて頂きたいと思っております。
桶工法について

桶工法は、細い板の集成で丸い器を作る為
材料の無駄が少なく
環境に優しい工法です。

 

 

略歴

清水康孝  シミズ ヤスタカ

1986年 桶業に就く
1990年 退社後、以前は水廻り用具として生活の中で盛んに使われていた桶を
     今の生活で気軽に使える道具として見直し、制作を始める。
    
     桶から箍(たが)を外すことにより形の制約が無くなり
     水に強く安全性の高い塗料・接着剤を使い、様々な形ができるようになる。