「雑詩屋」へようこそ
車椅子でもいいじゃない

さい のぼる

岩手山

しばらくです……と私は心でつぶやいた
この町を訪れた理由は 別のことなのに
あなたを目にした途端 私は18の青春に戻っていました

啄木の気持ちが なんとなく なんとなく……です
きっと私も いままで旅をしていたのだ

ああ 私は今 その旅を終えさせようと
緑深い あなたの裾野を
走っています

やはりふるさとは ここしかありません
                        

めにゅー

自己紹介

作品室A

作品室B

あの日・・・

「お題コーナー」

掲示板はこちら

ご感想をお送りください

更新日 04・6・20