直線上に配置
江戸時代松尾芭蕉は風雅の誠を責める俳諧を始めました。明治になり、宗匠、月並みとなっていた俳諧に、正岡子規は写生を採り入れた俳句を提唱しました。子規以降花鳥諷詠の5・7・5の形式を重んじ定形俳句の高浜虚子と革新的俳句運動を展開した河東碧梧桐の新傾向俳句とに別れ、更に季題無用非定形の自由律俳句が、荻原井泉水と中塚一碧楼によって始められま した。
 このホームページは、俳句を志す皆様に、荻原井泉水によって提唱された自由律俳句を正しく知って頂きたいと考え開設しました。

アイコン ぎんなん
アイコン 自由律俳句について
アイコン作品
直線上に配置
自由律俳句の旅路
掲示板
自由律俳句の旅路
自由律俳句の旅路