HOME 代表の経歴 活動報告 出版書籍 関係団体
 長 島  博 ながしま ひろし


 東京エアポートレストラン株式会社 取締役執行役員/総料理長
日本調理師生祥会 会長
(有)生祥調理士紹介所 代表取締役所長

主な経歴

1961年 浅草「大長」勤務
1966年 横浜市中区「つる家」勤務
1981年 藤沢湘南台「由多加」勤務
1990年 築地本願寺「紫水」料理長
2005年 「紫水」常務取締役総料理長
2007年 「紫水」専務取締役総料理長
2012年 「紫水」取締役調理顧問
     東京エアポートレストラン株式会社顧問
2015年 東京エアポートレストラン株式会社取締役執行役員/総料理長
主な受賞暦 2001年 厚生労働大臣表彰
2003年 東京都優秀技能者賞「江戸の名工」受賞
(2004.1.15 に、テレビ朝日の「東京サイト」で放映されました)
2006年 食生活文化賞銀賞受章
2007年 全技連マイスター認定
2008年 現代の名工受章
2012年 食生活文化賞金賞受賞
2013年 黄綬褒章受章
主な肩書き 内閣府任命 クールジャパン・アンバサダー
農林水産省任命 日本食普及の親善大使
(社)調理技術技能評価試験中央試験委員
(社)日本料理研究会法定理事副会長
全国技能五輪 主査
武蔵野調理師専門学校非常勤講師
東京誠心調理師専門学校非常勤講師
日本調理師連合会技術顧問師範
全国調理技能士会連合会 名匠
日本式包丁道 生間流門人
全国日本調理技能士会連合会専務理事
食と農の応援団会員
「旬の野菜」推進委員会委員

□メッセージ

 近年、日本の食生活は大変豊かになっています。農産物の生産と流通は高度成長期からバブル経済期において、大量生産・大量流通に力を注いできました。消費者のニーズや消費劣化には目を向けず、質より量を重視してきました。食卓には世界中から集められた食べものが溢れています。

 しかし、季節感を無視した出荷により、化学肥料や農薬を多用し、その結果、環境を汚染し、危険な農産物をつくってきたのではないでしょうか。

 はたして輸入農産物、加工食品、コピー食品、レトルト食品、冷凍食品、食品添加物等は安全といえるのでしょうか。

 このような中、最近、消費者側にも食料の安全性を訴え、有機栽培や無農薬栽培の農産物に関心が高まり、自然・本物・手作りという3つの志向が農業生産を変えつつあるといわれています。農村にはおいしい空気、きれいな水、豊かな緑、おいしい食べもの、広い居住空間があります。このような恵みを再認識し、安全な農産物作りに励めるような環境を取り戻してほしいと願うばかりであり、自然と人間の生命交流としての農業、農業で生計が成り立つ収入の向上が望まれます。

 日本料理は旬を大切にしています。旬とは、その季節に合った料理ができる材料が採れる時期をいいます。私たちの周りでは、保存・貯蔵技術の進歩、栽培技術の向上から、旬というものがなくなったといわれ、旬がいつかも分からなくなっています。

 旬の野菜は栄養価も高く、味も良く、香りがあり、喰味の優れた食材になります。日本料理の大切なテーマは季節感であり、旬の味覚を存分に味わうためにも、その素材を良く知り、素材に合う味付けをし、現代風にアレンジして、食を中心とした快い食事のできる食卓を取り戻していきたいと思います。身近なところで料理人の立場で調理という次元で努力し、より良い改革に役立っていきたいと思います。農業が乱れれば食も乱れます。21世紀を担う若い世代に素晴らしい農産物を育てる自然の偉大さを、農業を通じて感じ取って頂きたいと思います。 

 役員一覧

会長・代表取締役所長 長島 博

副 会 長         大河原 実

理 事 長          黒坂 俊和

HOME 代表の経歴 活動報告 出版書籍 関係団体
Copyright(C) 2004-2016 SEISYOUKAI. All Rights Reserved.