• レモンの木

    レモンの木

  • かまがりハートレモン

    かまがりハートレモン

 ■かまがりハートレモンパッケージ制作  四方山話

 

 

広島県呉市の瀬戸内海に「下蒲刈」という島がある。

ある夏の日に下蒲刈出身の友人から

「NAGASAKO Citrus fruits farm でハートの形のレモンを作ったので

プレゼント用のパッケージを考えてほしい。」と連絡があった。

 

そのレモンは断面がハートの形になるよう型にはめて育てられる。

私本人は自然のままが好きなのでレモンに対して「なんとも可哀想」と最初に感じた。

ところが食してみると、自然のままに育てられたレモンと同様元気にみずみずしく育っている。

型にはめられて育っているが型を破るように元気!味もいい!!

飲み物や料理に使用してお客様に出してもレモンに興味を持ち味わってもらえる。

なにかこのレモンには愛着が出てきた!!と思いパッケージを考えさせて!と思い始めた。

 

 

 ■下蒲刈へ

広島・下蒲刈に生産者 長迫氏に会う為 企画のCitrus まつざわ嬢と行ってきた。

下蒲刈は右図の位置にある。(看板の写真の為、光っている部分有)

レモン畑は海の見える陽当たりのよいところにあった。

長迫氏は「かまがりハートレモン」について

レモンになにか特徴をもたせたかった。 レモンの「旬」が冬なので特にクリスマスやバレンタインに美味しく、楽しく、うれしいレモンを提供出来れば。 生産者が丹念にひとつづつ育てた安心感を味わってほしい。

パッケージについては「パッケージを手に取った瞬間に¨何かな?¨と興味を持ってもらえてフタをあけると¨驚き¨が与えられるような、今までの果物売り場にないものを作りたい。」と話してくれた。

 

 

 

 

 

 

 

下蒲刈map
ハートレモン_型
NAGASAKO Citrus fruits farm _長迫氏

 ■パッケージの考案

▶蒲刈の歴史

「かまがりハートレモン」のふるさと・蒲刈は、広島県呉市の海に浮かぶ小さな島。

5月になると、全島がレモンの花の香りに包まれる。

調べて行くと蒲刈は古くから海上交通で栄え、17世紀の世界地図にも<Camagari>として登場している。

なんでも「幕府への献上品を積んだオランダ商館長、朝鮮通信使、琉球使節団の船が江戸参府の際に蒲刈に寄港し賑わっていた。」らしい。

 

 

▶「かまがり」+「ハートレモン」

「かまがり」のある広島県はレモン国内生産日本一。 歴史をふまえての「かまがり」も「ハートレモン」と共に様々な人に知ってほしい。またおいしいレモン=「かまがり」。とイメージしやすいよう、表記をひらがなにした。

 

「歴史」▶「地図」▶「本」の連想から

 

「本」の形の箱の中に、太陽の光をたっぷりと受けて、光り輝く黄色い「ハート型のレモン」と「かまがりの歴史」をギュギュッと詰め込んでみよう!と考え始めた。

 

 

メルラ世界地図
 本の形のパッケージ