渋谷労働基準協会は、渋谷労働基準監督署が推進する労働基準行政の協力機関として、常に労働行政関係機関との密接な連携のもと、関係法令の普及徹底を図り、会員相互の連絡と協力によって、「安全で健康、そしてゆとりある快適職場づくり」のお手伝いに努めているところです。

 振り返りますと、昭和22年の労働基準法の公布、施行とともにこの新しい法律の普及啓発に協力するために有志が協力会発足に向けて活動を開始したのが当協会のルーツであり、その後、昭和24年に「労働基準法渋谷推進会」の発足を経て、昭和34年に「渋谷労働基準協会」と改称して今日に至るまで、70年以上の歴史を刻んでいます。

 戦後の復興から日本が世界の経済大国といわれるようになるまでの間、労働行政とともに歩んできた幾多の絶えざる活動を通じて、渋谷・世田谷に居を構える会員事業所の皆様のお役に立つべく、微力ながらもその使命を果たしてきたと自負しております。私たちを取り巻く環境が地球規模で目まぐるしく変化するなか、働き方改革への取り組みなど、ますますその重要性が高まってきているところですが、生産年齢人口の減少が進む中で働き手をどのように確保し、従業員のエンゲージメントを高めつつ、生産性の高いアウトプットを実現することは簡単なことではないと考えております。
 
 また、お客様に直接向き合う仕事に携わる人々への暴力行為も昨今の世相を反映して急増する傾向にあり、そのような外部環境からいかに働く人々を守るかという対策も非常に頭の痛い問題です。
 
 このような変化の激しい混沌とした社会情勢だからこそ、個社ではなかなか実現できない取り組みや気づきにくい視点において、会員事業所間での連携や情報共有等を適切にサポートするため、渋谷労働基準協会は、労働行政関係機関と一体となって、各種の研修会や講習会、情報交換会の実施、会報による情報提供などの諸活動を通じて、皆様のご期待に応えてまいります。
入会のご案内
活動報告
監督署だより
講習会
事業案内
トップ

ご挨拶

  会長 村井 淳