グループ「蒼」
ご挨拶
「蒼」あゆみ  第1回~
プログラム

 作曲家別全作品Composer another complete works2.pdf へのリンク  創立35周年記念プログラム
Prog.2017.pdf へのリンク


                 管理者のHPにもどる




第37回グループ「蒼」新作演奏会
                 ―弦楽四重奏の夕べ―    

プログラム―新曲タイトル・作曲者・演奏順―

特別演奏 弦楽四重奏曲「薄氷の湖畔」 名取吾朗
3 Chapters for String Quartet  小菅泰雄 
 弦楽四重奏曲 Op.107(2019) 橘川 琢

―休憩 15分―

絃樂四重奏曲 清道洋一
   弦楽四重奏断章Ⅱ「 トランスマイグレーション」 橋本正昭 
 

     2019年10月31日(木)午後7時00分開演(6時30分開場)
             すみだトリフォニーホール 小ホール


主催:グループ「蒼」  後援:日本作曲家協議会  
全席自由 ¥3,000 
前売:チケット・ペイ(販売期間8月1日~10月30日) https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=21743
作曲者・出演者からも直接お求めいただけます。
 たくさんの方々のご来場を心からお待ちいたしております。
             
       
 
  
出演者  ビーネン・カルテット
 
 
 Bienen・Quartetについて
【メンバー】市川友佳子(1stVn)、
       加藤小百合(2ndVn)、
    橋本恵美(Va)、印田陽介(Vc)

2011年第5回蓼科音楽コンクール室内楽部門第1位、 同年8月、多くの子ども達に生のクラシック音楽に親しんでもらいたいという願いから 『ファミリーで楽しめるコンサート』として浦安市教育委員会の後援をいただきリサイタルを開催し、好評を博す。2012年11月には六本木にて、自主リサイタルを開催。2014年3月オーディションによる選抜で、ジャパンストリングカルテットの弦楽四重奏公開マスタークラスに参加。
 
     
 ヴァイオリン:市川友佳子(いちかわゆかこ)
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学器楽科ヴァイオリン専攻卒業。公益信託松尾金藏記念奨学基金を得て、同大学大学院音楽研究科音楽教育ヴィオラ専攻修了。
第12回みえ音楽コンクール第1位、併せて岡田文化財団賞受賞。第12回JILA音楽コンクール第3位。ザルツブルクモーツァルト国際室内楽コンクール第3位等、数々のコンクールにて入賞。2018年1月東京文化会館にて日本演奏連盟主催「新進演奏家育成プロジェクトリサイタル・シリーズTOKYO70」でデビューリサイタルを開催。うらやす財団主催「ミュージックデリバリー」登録アーティスト。認定NPO法人トリトン・アーツ・ネットワーク室内楽アウトリーチセミナー2015&2016ヴィオラ奏者として研鑽を積む。現在、東京芸術大学大学院音楽研究科教育研究助手を勤める。
ヴァイオリン:加藤小百合(かとうさゆり)
東京芸術大学卒業。江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第2位、入賞者演奏会にて新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。みえ音楽コンクール第1位。Duo Bienen で レ・スプレンデル音楽コンクール最高位。ブルクハルト国際音楽コンクール最高位。
これまでに山岡みどり、山岡耕筰、漆原朝子の各氏に師事。浦安市のアウトリーチ事業「ミュージックデリバリー」登録アーティスト。一般社団法人Bienen代表理事。特別支援学校・作業所への訪問コンサートに積極的に取り組む。        写真©️井村重人

ヴィオラ:橋本恵美(はしもと えみ)5歳よりヴァイオリンを始め、18歳でヴィオラに転向。飛騨高山国際音楽祭、京都フランス音楽アカデミー、リゾナーレ音楽祭等に参加。第11回日本演奏家コンクール特別賞受賞。紀尾井ホール室内管弦楽団2017-2018シーズンメンバー。藝大同期生による弦楽アンサンブルTGSメンバー。これまでにヴァイオリンを鷲見康郎、漆原啓子、川口静華、ヴィオラを大野かおる、市坪俊彦、室内楽を岡山潔、松原勝也、佐々木亮、藤森亮一、鈴木理恵子の各氏に師事。東京芸術大学卒業。 
 
 チェロ:印田陽介(いんだようすけ)
 東京藝術大学附属音楽高校を経て、同大学音楽学部卒業後、チェコ国立プラハ音楽院に留学、更なる研鑽を積む。これまで斎藤章一、河野文昭、菊地知也、上森祥平、ヴラダン・コチの各氏に師事。チェコ・ドヴォルザークホールにて、トマーシュ・ヤムニーク氏とヴィヴァルディの二重協奏曲の共演など、オーケストラとの協奏曲の共演等、ソリストとして活動するほか、各種室内楽、オーケストラ等、幅広く活動している。蓼科音楽コンクールin東京・室内楽部門第1位、ユースプラハ国際音楽コンクール・弦楽アンサンブル部門金賞ほか多数受賞。