グループ「蒼」
ご挨拶
「蒼」あゆみ  全プログラム2019「蒼」の軌跡へのリンク
 作曲家別全作品Composer another complete works2.pdf へのリンク  創立35周年記念プログラム
Prog.2017.pdf へのリンク


                 管理者のHPにもどる


第38回グループ「蒼」新作演奏会         ―木管とピアノによる4つの視点―

お誘い合わせご来場をお待ち申し上げます

新作発表者
 橘川  琢(未定)
清道 洋一
小菅 泰雄 現代能歌劇「羅城門」
高橋  通
橋本 正昭 木管5重奏曲

     2020年10月31日(土)午後7時00分開演

     旧東京音楽学校奏楽堂
        JR上野回公園口下車 徒歩5分
主催:グループ「蒼」  後援:日本作曲家協議会(予定)
                    
 
  

演奏者・出演者のご紹介
 
 
 
 
     
全曲出演 フルート

有田紘平(ありたこうへい)
1988年広島県生まれ。小学校2年生よりフルートを始める。第57回全日本学生音楽コン
クール九州大会1位を受賞。 2013年&2014年にPMF2013/2014にオーケストラメンバー
として参加。フルートを有泉芳春、山口邦子、細川順三、竹澤栄祐、木ノ脇道元の各氏に
師事する。東京芸術大学音学部器楽科卒業。現在在京オーケストラの客演、フルート個人
指導、吹奏楽部/オーケストラ部指導、横浜での演奏活動で活躍中。
全曲出演 オーボエ

長山航(ながやまわたる)
武蔵野音楽大学器楽科を卒業後渡独、ハンブルク音楽院修了。PMF2013に参加。これまでにオーボエを高橋淳、故吉成行藏、森明子、トーマスローデの各氏に師事。現在フリーランスのオーボエ、イングリッシュホルン奏者としてプロオーケストラ、吹奏楽や室内楽の演奏会に出演、ゲーム音楽等のライブ出演及びレコーディングなどの活動を行う。リード製作家としても活動中。


全曲出演 クラリネット

木幡亮仁(こわたあきひと)
武蔵野音楽大学卒業。桐朋学園大学研究科修了。ドイツ国立フライブルク音楽大学を首席で卒業。
国立フォルクヴァング音楽大学ソリスト課程にて卒業と同時に満場一致でドイツ国家演奏家資格を取得。在学中、大学の代表としてオーバーハウゼン市においてボーフム交響楽団とコープランドのクラリネット協奏曲を共演し好評を博す。Niedersaechsische Musiktage、草津音楽祭など国内外の音楽
祭に出演。

 
全曲出演 ホルン

深澤仁(ふかさわひとし)
東京音楽大学卒業。2008年chamber art festival in Madridにてソリストを務める。2010・12年サイトウ・キネン・フェスティバル松本参加。2013年PMF参加。2015年ルツェルン音楽祭アカデミー参加。これまでに松崎裕、守山光三、勝俣泰、阿部麿、高橋臣宜の各氏に師事。


 
 
         
 全曲出演 ファゴット

春山竜也(はるやまたつや)
神奈川県藤沢市出身、武蔵野音楽大学卒業。
2011年、2013年の二度に渡って「東京・ブダペストアンサンブル」のメンバーとしてハンガリー各地でのコンサートツアーに参加し、
現地メディアに多数取り上げられる。ファゴットを岡崎耕治、岡本正之、松木葉子の各氏に、室内楽をカールマン・ベルケシュ、髙橋知己の各氏に師事。現在神奈川県を拠点に関東各地でオーケストラや吹奏楽の客演、レコーディングを行う他、後進の指導にあたる。ファゴットリードの製作も手掛ける。


 全曲出演 ピアノ

高良 仁美(たからひとみ)
東京を拠点にソロ、室内楽、オーケストラと多岐にわたる活動を展開。知情意のバランス良く、リリカルな情感で魅力溢れる演奏と絶賛されたCD《金井喜久子ピアノ曲全集》《伊福部ピアノ作品集》は、共にレコード芸術誌上で特選、朝日新聞や日本経済新聞で推薦盤として紹介される。
瑞慶覧尚子ピアノ作品集《沖縄・夏の風景》。また柔軟な感性で誠実な演奏は共演者からの信頼も厚く、国内外の著名な演奏家と数多く共演。N響、新日本フィル他オーケストラの鍵盤奏者も務める

 小菅泰雄現代能歌劇「羅城門のさくら役で出演

今井照子(いまいてるこ ソプラノ)
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。故木村宏子、加茂下稔、濱田千枝子の各氏に師事。平成15年12月、16年12月にデュッセルドルフにて、ウド・ホルドルフ、クラウス・ペータース各氏に、平成23年11月~12月には、ボルドーにてブライアン・スタンボロウ氏のもとで研鑽を積む。第一回さいたま芸術文化祭における『チャルダッシュの女王』シュタージ役でデビュー以来、『フィガロの結婚』『愛の妙薬』『ヘンゼルとグレーテル』『ボエーム』『蝶々夫人』『こうもり』等出演。平成12年茨城県芸術祭コンサートで『夢遊病の女』より“ああ、信じられない”を歌い特賞受賞。平成17年、19年、26年、28年にはリサイタルを開催。平成30年、日本マレーシア交流オペラの東京とペナン公演において、マレーシアの作曲家ラザク・アブドゥール・アジズ氏の作品『10パントゥン・セッティング』に出演、同作品のCDレコーディングにも参加した。日本女子大学児童学科助手、また母校でもある浦和第一女子高等学校の非常勤講師を経て、合唱団や後進の指導も行っている。声楽グループFelice主催。二期会会員。埼玉県音楽家協会会員。
小菅泰雄現代能歌劇「羅城門」奥の方役で出演

清水邦子(しみずくにこ メゾ・ソプラノ)
国立音楽大学声楽科卒業。同大学院オペラ科修了。
第45回・第46回日本音楽コンクール声楽部門入選。
「イドメネオ」のエレクトラでデビュー。
「コシ・ファン・トゥッテ」のドラベラ、「フィガロの結婚」の伯爵夫人、「ナクソス島のアリアドネ」の作曲家・アリアドネ、「イエヌーファ」のブリア家の女主人。
尹伊桑「Teile dich, Nacht」の本邦初演。
故三谷礼二演出「冬の旅」全曲演奏。映画監督水谷俊之・ジャズピアニスト高田ひろ子との共演で「武満徹をうたう」で好評を博す。二期会会員、埼玉県音楽家協会会員。




 
         
 小菅泰雄現代能歌劇「羅城門」の源頼光役で出演

橋本博之(はしもとひろゆき テノール)
川越高校在学中、音楽部で活動。1964年と翌年、NHK音楽コンクールで全国大会1位・2位になり合唱や声楽に興味をもった。埼玉大学教育学部卒業後、埼玉県内の中・高等学校で音楽教諭として勤務する。1985年ジーノ・ベーキ声楽講座でディプロマを受ける。1985年と1987年中国の瀋陽・大連・北京・上海・南京・桂林で埼玉音楽教師訪中団の一員として独唱、重唱、合唱をした。1987年埼玉県知事派遣により東京芸術大学音楽学部聴講生。1994年福光声楽セミナーを受講。神楽坂の音楽の友ホールでの受講者コンサートに出演した。2000年に呉文修(ウイリアム・ウー)氏と上海大劇院主催による亜州著名男高音音楽会に出演。「なんと美しい絵姿」「フェデリーコの嘆き」のオペラアリアとイタリア民謡などをうたった。2001年カワイクラシックオーディション声楽部門入賞。2010年歌曲集「冬の旅」を全曲演奏した(代々木上原ムジカーザ)。これまでに声楽を牧野統・金子一雄・友利明長・矢野滋・菊池英美・平良栄一・岸本力、ピアノを松原正子、音楽教育を池田浩・山本文茂の各氏に師事。葵の会・からたちの会会員

 小菅泰雄現代能歌劇「羅城門」の渡辺綱役で出演

杢子 淳(もくしじゅんバリトン)
埼玉大学教育学部音楽専攻卒業。声楽を田中清恵、西原匡紀、丹羽勝彦、故ウイリアム・ウーの各氏に師事。オペラでは、「フィガロの結婚」伯爵、「魔笛」パパゲーノ、「コシ・ファン・トゥッテ」ドン・アルフォンソ、「メリー・ウィドウ」ツェータ男爵、「カルメン」ダンカイロ、「こうもり」フランク、「ジャンニ・スキッキ」ジャンニ・スキッキ、「蝶々夫人」シャープレス、「泣いた赤鬼」青鬼等を演じ好評を博する。さいたまシティオペラ、埼玉オペラ協会、東京シティオペラ協会、埼玉県音楽家協会各会員、浦和実業学園高等学校教諭。
 小菅泰雄現代能歌劇「羅城門」の藤原保昌役で出演

栁澤安雄(やなぎさわやすお バス・バリトン)
1976東京藝術大学声楽科卒業’80同大学院修士課程修了。畑中更予・良輔,中山悌一の諸氏に師事。'76第38回東京文化会館推薦音楽会オーディション合格/同出演。'78第 46回NHK/毎日音楽コンクール入選。'93第6回「ロシアの弦」フエスティバル招聘演奏(サンクトペテルブルグ/グリンカ記念ホール),同年ドイツ・ベルリン芸術祭公式参加オペラ「葵上」(横川の聖)/シャオ・シュピールハウス。’99~00川村学園女子大学より在外研究で渡伊。イタリア・テーラモ市立歌劇場/椿姫ジェルモン,同年「アッシジ夏の音楽祭」招聘演奏。大学院在学中オペラ「熊」ルカー初舞台/室内歌劇場、以後、二期会・藤原歌劇団等で椿姫ドビニー/ドウフォール/グランヴィル,マクベス/メディコ,清教徒/ヴァルトン卿,カルメン/ズニガ等。他団体ではアイーダ/ランフィス,リゴレット/スパラフチーレ,ドン・ジョバンニ/騎士長,フィガロの結婚/フィガロ、バルトロ,コシ・ファン・トゥッテ/アルフォンソ、ジャンニ・スキッキ/シモーネ,アメリア舞踏会に行く/警察署長,ボエーム/コリーネ,こうもり/フランク,近年ではシンデレラ/パンドルフ,ヘンゼルとグレーテル/ペーター,ルチア/ライモンデイ他, '05軽井沢大賀ホールオープニング「第九」バリトン・ソ口、'04~'09メサイア・ソロ,'11二期会 60周年公演、CD「ロシアの叙情を歌う」I/Ⅱビクター,椿姫CD/西ドイツ,クララ・S・ロッリ教授に師事。元/二期会員/代議員/ロシア東欧オペラ研究会運営委員,さいたまシティオペラ会員,永年川村学園女子大学幼児教育学科で教授/学科長として後進の養成に当たる。2019満期定年を迎え退職、川村学園女子大学より名誉教授の称号を授与されている。
   

スマートフォン版