Google PageRankについての情報とSEOの技術面のHTMLコーディングによるGoogle PageRankの対策について

SEO対策検索エンジン蕎麦サーチ

相互リンクで検索上位表示・アクセスアップに貢献します

SEO対策検索エンジン蕎麦サーチは相互リンク専門検索エンジン
SEO対策検索エンジン蕎麦サーチは静的HTML構造でSEO対策。
SEO対策検索エンジン蕎麦サーチは検索上位表示相互リンク集。
HTML文法チェッカー | SEOの基本 | SEO−検索エンジン最適化 | Google−PageRank | seo-sem |
そば処きくち

SEO対策による検索エンジン最適化

SEO対策−サイト推薦
SEO塾-検索順位アップとリカバリー
SEO検索エンジン最適化
SEO検索エンジン最適化
SEO対策 ドットコム
無料登録ドットコム
Googleチェッカー
Google Dance
SEO Japan

SEO対策

無料登録で全員に2,000円キャッシュバックキャンペーン中!

Googleの「PageRank」を再分析

Googleの「Page Rank」についての情報です。ご存知のようにこれは、日本の検索エンジンの利用の70%を占めると言われるGoogleの中枢技術です。逆に言うと「SEO」の技術的な面でのHTMLコーディング以上に重要なのが「Page Rank」対策だといえます。

「Page Rank」と「リンクポピュラリティ」

GoogleのホームページGoogleの人気の秘密によると、PageRankは、Webの膨大なリンク構造を用いて、その特性を生かします。ページAからページBへのリンクを、ページAによるページBへの支持投票とみなし、Googleはこの投票数によりそのページの重要性を判断します。しかし、Googleは単に票数、つまりリンク数を見るだけではなく、票を投じたページについても分析します。「重要度」の高いページよって投じられた票はより高く評価されて、それを受け取ったページを「重要なもの」にしていくのです。こうした分析によって高評価を得た重要なページには高いPageRank(ページ順位)が与えられ、検索結果内の順位も高くなります。Page RankはGoogleにおけるページの重要度を示す総合的な指標であります。

Page Rankの順位付けアルゴリズム

「PageRank」とは、他のサイトから張られているリンクの数によって、そのサイトのお薦め度(表示順位)を決定する技術のことです。つまり、Googleの検索結果は他のサイトからリンクを張られていればいるほど、そのサイトは支持されていると評価され、順位が上がるという仕組みが中核にあるようです。PageRankの順位付けアルゴリズムでは、リンクを張っている側のサイトのPageRankについても判断し、それが高ければ高いほど、リンクを張られている側のサイトのPageRankも上がります。また、Yahooなどのメジャーサイトからリンクを張られたことは高く評価されますし、同じテーマのサイトからのリンクや、企業サイトからのリンクの方が一般により高く評価されます。単純にリンクの量だけでなく、その質も極めるのです。優れたページから張られたリンクが多ければ多いほど、張られた方のページも優れたページと見なします。こうしたリンクの質・量を合わせた考え方は「リンクポピュラティ」と呼ばれています。「PageRank」とは、この「リンクポピュラティ」によってサイトを評価する技術です。

Googleが高めたSEOの必要性

Googleの検索技術はPageRankがすべてではありません。もちろん、重要度が高いページでも検索語句に関連がなければ意味がありません。そのためにGoogleは洗練されたテキストマッチ技術を使って、検索に対し重要で、なおかつ、的確なページを探し出します。従来から、各種検索エンジンで採用されてきた方法である「テキストマッチ」ももちろん採用しています。これは、主にWebサイトのテキスト内容のみをチェックし、入力された検索ワードと照合して表示順位を決定する方法です。Google葉「テキストマッチ」と「PageRank」を組み合わせてホームページを評価する検索エンジンなのです。Googleはこうした高度なアルゴリズムを持っているため、従来のようにWebマスター自身が独自に「SEO」を施すのをいっそう困難にしています。今「SEO」に対する関心が一気に高まって着ているのもその理由からです。

PageRankを上げるには?

「PageRank」を上げる直接的な方法は、Googleをターゲットとした時、単純なテクニックだけでは難しいというのが実態です。例えば、サイトを大量に作ってそれからリンクを張ったとすると、確かにリンクの数自体は増えます。しかし、自分で作ったその大量のリンク元サイトは「リンクポピュラティ」が低いため、リンクを貼ってもPageRankの向上に貢献することはありません。Google対策が活発な米国では一時、相互リンクや被リンクをネットワーク化した「リンクファーム」という手法も見られましたがSPAM行為と見なされて既に検索対象から排除されてしまっています。リンクファームの動きは、日本でも本格的でPageRankに大きな影響を与えていて無効化されています。最も効果的なのが、Yahooのような主要ディレクトリーに掲載されたり、PageRankの高いサイトにリンクされたりということになります。但しこれは、いずれも相手からサイトの価値を認めてもらわないければ始まりません。つまり、恣意的に「PageRank」を向上することは非常に困難というのが実情です。逆に言えば、「PageRank」を向上されるには、より多くのユーザーに利用され自然発生的にリンクを貼ってもらえるように、自らのサイトを地道に充実させるしかないということになります。但し、押さえておかなければならないのは、検索エンジンは、各Webページの情報を評価する際にHTMLの規定した倫理構造によって、判断しているということです。ホームページのテキストの中で重要な部分がどこにあるのか、HTML言語によって探していくということです。「HTMLコーディング」はHTMLの倫理構造にのっとって、ページを作ること。そしてそれが確実に、しかも効率よく検索エンジンにページを収集されるための基本です。

SEO対策検索エンジン蕎麦サーチ

http://www13.plala.or.jp/soba-kikuchi/ys4/
はリンクフリーです。(バナーへの直リンク禁止)
copyright© 2004-2016 All rights reserved. 複製禁止
このウェブサイトに記載された情報により生じたいかなる損害に関しても、一切責任を負う事は出来ません。
- Yomi-Search Ver4.22 -