SEO対策による検索エンジン最適化

SEOの基本とSEO的に理解するタグの機能やSEOで最も重要なキーワードについての説明やサーチエンジン最適化の為の検索エンジンの特性を踏まえたキーワードの考え方、Google PageRankについての情報とSEOの技術面の為のHTMLコーディングによるGoogle PageRankの対策、SEO-SEMの考え方など売れる仕組み作りという視点から多角的に検索上位表示を考えるSEO対策検索エンジン蕎麦サーチです

  • SEOの基本

    「SEO」は、通常どんなキーワードで検索されるようにするか、キーワードをはっきり読み取ってもらうためのHTMLの書き換え(HTMLコーディング)、ほかのサイトからのリンクを貼ってもらう為の対策~という流れで進めています。本格的にやるには現状でどんなキーワードで検索されているか、そしてSEO実施後、どうなったか継続的に対策を施していく必要がありますが、それには有料の解析サービスなどへの登録が必要です。ここでは「キーワードの選び方・使い方」、「HTMLコーディング」、「リンク」というところまで説明します。

    SEO的に理解するタグの機能

    ここからHTMLタグの具体的な最適化を紹介します。どんないいキーワードを見つけたとしても、HTMLタグにそのキーワードを記述されていなければ、SEO的に無意味です。キーワードは、たくさん散りばめればいいというものではありません。適切な形で記述することが大切です。

    全角20文字にキーワードを含める <TITLE>

    ロボット型検索エンジンは、<TITLE>タグ内に記述されたテキストを重要な情報として認識します。このため、まずは<TITLE>タグに重要なキーワードを配置しておくことが重要になります。すべてのページの<TITLE>タグが同じ表記になっているサイトも多く見られますが、ページごとに重要なキーワードが異なる場合、各ページ毎に<TITLE>タグの記述は変えた方が効果的です。そのページにアクセスされるのにもっともふさわしいキーワードが<TITLE>タグに確実に記述されるようにするのがいいと思います。<TITLE>タグの文字数はキーワードを含めて全角20文字程度が最も適度といわれます。

    検索エンジンが認識しやすくすることが本来の役割 <META>

    「Googleは<META>タグを重視しない」-かつてこのようなことがありましたが、<META>タグは本来、ブラウザーや検索エンジンがそのHTMLファイルを認識しやすくするために設定されたタグです。当然、Googleも<META>タグを重視しています。問題なのは<META>の悪用です。ユーザーには直接影響がないということで、この<META>タグにコンテンツとは無関係なキーワードをたくさん埋め込むというスパム(迷惑)行為が横行しました。コンテンツとは無関係な記述が<META>タグに記述されていれば、当然その<META>タグは軽視されてしまいます。最低限、"keywords"にはコンテンツに該当するキーワードを、"description"にはそのページの内容を簡潔にキーワードを盛り込んだ文章で記述しておくことが重要です。Googleの場合、検索結果画面で表示する情報として<META>タグの内容が利用されることもあり、記述には重視したいキーワードが配置されているかがじゅうようになります。

    【METAタグ記述の基本パターン】

    ●キーワード
    <meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3">
    ●紹介文
    <meta name="description" content="ウェブページの説明文">

    冒頭120文字にキーワードを配置する <BODY>

    Googleなどのロボット検索エンジンは<BODY>タグ内に記述されているテキスト情報を最も重視します。<BODY>タグにはブラウザー中に表示される内容が記述されており、ユーザーが実際に見る内容になります。中でもロボット型検索エンジンにとって、<BODY>タグに記述されている冒頭120文字程度の情報が特に重視される傾向にあります。これは冒頭から120文字程度の文章が倫理構造上、「結論」が述べられていることが多く、そのページの内容を表している重要な記述と認識されているためです。また、末尾の120文字も重要です。末尾にも倫理構造上、結論が述べられていることが多いためです。<BODY>タグでは、冒頭と末尾に120字キーワードを含んだ文章を入れることが大切です。また、<BODY>タグ内の文字情報が少ないのも問題です。Googleなど検索エンジンが確実にテキストやリンクを辿れるようにしておくことも大切です。

    ページ間のリンク <HREF>

    ページのリンク構造を特に重視してページをランキングしているGoogleにとって、<HREF>タグは極めて重要なタグになります。<HREF>タグにはリンクに関する情報が記載されていいます。Googleは<HREF>タグに記述されているURLやキーワードなどの情報を収集しています。自分のサイトにリンクしてくれているページがある場合、そこに記述されているリンク情報やキーワードが収集が関連付けられて収集されるだけでなく、その情報を元にGoogleはページ情報を収集しにきます。

    画像ファイルの名前も考える <IMG>

    検索エンジンのロボットを見ているのはページ上の表示ではなく、そのHTMLファイルです。ページでは表示されない画像ファイル名などもキーワードとして読み込みます。このことから、画像ファイルには必ず意味のある名前を付ける方がいいとおもいます。

    キーワードの選び方

    SEOで最も重要なことは「良いキーワード」を選ぶことです。良いキーワードとはズバリ「Webサイトの成果を高める」キーワードです。ホームページ運営の成果は、例えば、商用サイトの場合、商品の販売数、資料の請求数、アンケート回答数、プレゼント応募数で測定されます。あるユーザーが最終的に成果まで結びついた際に検索に使用していたキーワードであれば「良いキーワード」として定義できます。但し、良いキーワードだからといってサーチエンジンの最適化を施しても、同じ企業などがそのキーワードに対して既にSEOを行っていることが考えられます。その場合、検索結果の順位に特に影響を及ばさないということが起こりえます。ですので、そのあたりの費用(時間)対策効果も考えてキーワードを選ばなければなりません。キーワード選びのポイントは、「検索結果の順位が低いにもかかわらず、よくアクセスがあり、高い割合で成果まで結びついている」言葉を選び出すこととなります。キーワード選びにはSEO的センスが必要になってきます。

    自分のページへのリンクを調べる方法

    自分のページにどのようなリンクがあるのかをGoogleを使って調べる方法があります。やり方は簡単、まずGoogleのサイトから検索窓のところに「link:」をいれて、その後に調べたいページのURLを入れます。例えばこのサイト、SEO対策検索エンジン蕎麦サーチの場合は、「link:http://www13.plala.or.jp/soba-kikuchi/ys4/」と入力すれば、検索結果にGoogleの中でリンク元がわかります。この結果はGoogleが重要視しているリンク元ということで価値があります。他には<Googleツールバー>の「リンク元」情報というのも参考になります。

  •  SEM対策に関する最新情報
  • SEO CHECK 1
    各種タグの記述内容
    <TITLE>タグの記述内容
    <META>タグの記述内容
    画像の<ALT>タグの記述内容

    SEO CHECK 2
    Webページのテキスト内容
    テキスト内容のキーワードの量
    キーワードの位置、出現個数

    SEO CHECK 3
    ページ数、情報量
    十分なページ数、情報量があるか
    キーワードに特化されたページなっているか

    SEO CHECK 4
    Webサイトの構造
    ページ間でのリンク構造(検索エンジンのクローリングに引っかかりやすい構造になっているか)

    SEO CHECK 5
    外部サイトからのリンク
    外部サイトから多くのリンクが張られているか
    外部サイトの内容の関連性や、検索エンジンの評価は高いか

    SEO対策
    キーワードアドバイスツールSEO対策 by 検索エンジン登録
  •  

     

     

  •