トップページ > サイト目的
                          

サイト目的


催眠について最も知りたいこと、それは「どうやって催眠をかけるのか」つまり催眠誘導法と、「催眠で何ができるのか」だと思います。

テレビやネットを見れば、催眠のすごさや素晴らしさを説明する宣伝や体験談(前世を見るとか潜在能力を開発するとか他で治らなかった病気が治ってしまうとか)が満ち溢れています。最近は心理関係のビジネスが流行していますが、人々の信じる気持ち、信じたい気持ちを利用した悪質なビジネスも見かけます。

「現在の医学に頼っている医師はだめだ。私は医師免許はもっていないが独自の勉強をしているのでその辺の医師よりもずっと優れた治療ができる」
「私はテレビに出演しているし本も出している。セミナーを開いているし受講者もたくさんいる」

これらは先日逮捕されたある自称「治療家」の言葉です。このような怪しい治療家でも、演出を工夫すれば人をだますことが可能で、実際にこの治療家の予定は何ヶ月も先まで埋まっていたといいます。

テレビや本というのは最も手っ取り早い宣伝方法です。最近ではそこにインターネットが加わりました。テレビや本やネットの中にも、有益な情報はあります。しかし、これらは学術論文とは違って審査を受けずに公表されてしまうので怪しい情報も多いのが現状です。

そのような現状を踏まえ、本サイトは催眠に対する俗説や幻想にアンチテーゼを投げかけ、催眠の現実を示すことを目的とします。催眠術に興味がある方や催眠療法業界/自己啓発業界/潜在意識関連業界の現実を知りたい方の一助になれば幸いです。