◆ The danger in the nature Info
  • このページでは「北海道の自然における怖さ」についてお話しさせて頂いております
  • 特に当社のガイド釣行にご参加されるお客様は
  • 必ず一通り目を通して頂き ご理解とご協力を頂きますようお願い致します
  • SomeRise ( サムライズ )では・・・
  • 常に現場(釣行エリア)の状況(魚影・天候・地形の変化など)を把握するために
  • リサーチ活動を怠ることはございません
  • 当ページは それを踏まえたうえでの内容となっております
  • 常にお客様の安全を第一と考えながら
  • その日その日のお客様の体力や経験値などを考慮・配慮し
  • 釣行エリアを決定しております
  • ガイド釣行ですから釣果に結び付くエリアを選択するのは勿論ですが
  • 何より「安全」を最優先し けっして無理な釣行は行いません
  • SomeRiseのガイド釣行では
  • お客様のご協力もあって過去に大きな事故の発生はございませんが
  • 万が一の事故に備え
  • 基本的に車両から大幅に遠のくエリアでの釣行は
  • 出来る限り行なわないよう心掛けております
  • ◆ 北海道でのガイド釣行時における危険とは?
  • ガイド釣行のフィールドとなる
  • ここ「北海道」は広大な面積であると共に
  • まだまだ手付かずの自然がたくさん残っており
  • そのお陰で天然・野生の魚達とのコミュニケーションがとれる
  • 釣行にはとても良い環境が残っています
  • それ(自然)が多い故に・・・
  • 予測不可能な危険が
  • 突如として牙をむく場合があることを
  • 絶対にお忘れにならないよう
  • このページにて少しでもお伝え出来れば幸いです
< 釣行エリア内での危険 > SomeRiseが考える対策と事前準備
< 担当ガイド > < お客様 >
01 急激な天候・気温の変化(春~秋)
※ 暑さによる体力の低下(脱水症状など)
※ 寒さによる体温の低下による衰弱
迂回・非難エリア把握
予備飲食料持参 / 暖の準備
的確な状況判断力の向上に努める
予備衣類等準備 / 予備飲料持参
02 急激な天候・気温の変化(冬)
※ 寒さによる体温の低下と衰弱
迂回・非難エリア把握
予備飲食料持参 / 暖の準備
的確な状況判断力の向上に努める
予備衣類等準備 / 予備飲料持参 /
カイロ等持参
03 野生動物出現(ヒグマ・スズメバチ・マムシなど)
※ 食料の匂い・甘い匂い(酒や香水など)に反応
※ 大怪我の恐れあり
事前情報入手 / 近隣医療施設把握
ガイドドッグ出動 / 形跡・痕跡チェック
護身用器具等持参
的確な状況判断力の向上に努める
クマ鈴持参 / 先頭を歩かない
お手洗いのコール / 単独行動をとらない
香水・整髪料を身につけない / 食料はガイドに預ける
現場での飲酒厳禁・木の実・魚・山菜をキープしない
04 釣行中の足元・頭上(陸上)
※ 転倒~怪我の恐れあり
心得として常にお客様に注意を促す 草木による被れ防止(グローブ等)
帽子着用必須
05 釣行中の足元・頭上(水中)
※ 転倒~水没~怪我の恐れあり
常にお客様の手をひく準備
ウェーディングスタッフ等常備
心得として常にお客様に注意を促す
魚にばかり気を取られない /
移動中は上流や波打ち際に背を向けない /
船上は救命胴衣着用必須 / 帽子着用
06 複雑な地形や地域での釣行中の遭難
※ 入出渓地点の誤判断
方位と地形の確認〜把握 / 飲食料・暖の確認
雨風を凌ぐ休憩地点の確保と火の確保(狼煙準備)
的確な状況判断力の向上に努める
担当ガイドの指示に速やかに従う
07 降雨・降雪による水位上昇
※ 引き返せなくなる恐れあり
迂回・非難エリア把握
的確な状況判断力の向上に努める
担当ガイドの指示に速やかに従う
08 降雨・降雪による雷
※ 落雷による怪我の恐れあり
非難エリア把握
的確な状況判断力の向上に努める
担当ガイドの指示に速やかに従う
09 濃霧・吹雪(ホワイトアウト)
※ 遭難の恐れあり
方位の確認〜把握と飲食料・暖の確認
的確な状況判断力の向上に努める
担当ガイドの指示に速やかに従う
10 地震・津波等の天災
※ 予測不可能・・・
事前情報入手 / 予兆の把握 / 非難エリア把握 釣行先の把握~ご自宅への連絡 / 身分証持参
11 車両による移動中の事故
※ 常に注意が必要
常に安全運転を心掛ける 担当ガイドに安全運転の呼びかけ
12 病気・怪我への対応 近隣医療施設把握 / 応急セット持参
心得として常にお客様に注意を促す
常備薬持参 / 手ぬぐい持参(常備)
身分証持参
13 その他 目配り・気配り・心配りを忘れない 現地・現場での飲酒厳禁 / 釣行は出来る限り軽装
貴重品等は自己管理をお願いします
いかなる時も担当ガイドの指示に速やかに従う
  • 「備えあれば憂いなし」という言葉があるように
  • ガイド釣行でも事前の準備がとても大切・重要です
  • 北海道へ降り立ち 担当ガイドと合流した時点から
  • その担当ガイドの指示をしっかり聞いて頂き
  • それに基づいて行動して頂くことが未然の危険回避につながります
  • そして楽しい釣行にするためには・・・
  • お客様も全てをガイド任せにせず
  • ご自身でもしっかりとしたご準備をして頂き役割分担をしっかりとすることにより
  • より一層の安全確保へと繋げることを忘れないで下さい

<北海道で実際に発生した事故の事例 @>
  • ◆ 2010 / 07~08月 日本各地で起こった滑落事故
  • 日本各地を襲ったゲリラ豪雨&集中豪雨の影響で
  • 河川氾濫・洪水・地滑り・道路の崩落など 凄まじい被害・災害が発生しました
  • 実は私Hideもこの災害により
  • ガイド釣行を予定していたお客様と一緒に 災害地「島牧村」のド真ん中にいたのですが
  • 道路やトンネルが土砂で埋まってしまったり
  • 道路がえぐり取られてしまったりして完全にストップ・・・
  • 床下浸水・床上浸水なども発生・・・
  • 「陸の孤島」と化したエリアに丸2日間ほど閉じ込められた状態だったのです。。。
  • 当日の朝は釣行可能な状態でしたが
  • その後の展開が予想出来たためガイド釣行の延期を決定し
  • 予測可能な事故は未然に防ぎました。。。
  • 日本各地でその状況がやや落ち着き出したころ
  • まだ二次災害の恐れがある北海道の
  • とあるエリアへと足を向けた一般の登山者や
  • この豪雨の影響で墜落してしまった飛行機などもあり
  • 事故の様子を撮影に行った撮影クルーなどが「沢」で滑落し死傷するという
  • 予測可能だった事故が発生してしまいました
  • 要するに・・・
  • 豪雨により緩んだり湿り気を帯びた地盤は通常の状態とは大きく異なり
  • 間違いなく崩落や滑落し易い状況であるにもかかわらず
  • その場へと足を向けたことにより
  • 予想通りの事故を招いてしまったと言えるのです
  • ここにも「ガイド」が関わっていたわけですが
  • ガイドの指示でストップの指示をしたにもかかわらず現地へ足を向け死亡・・・
  • また ガイド無しでの登山者は判断を誤り死傷・・・
  • 状況判断が的確に行われていれば
  • 必ず防ぐことが出来たと思われるこの数々の事故・・・
  • 我々フィッシングガイドも 更に気を引き締めてガイドに臨みたいと思います


2016/08~09 北海道を襲った大雨の傷跡・・・

<北海道で実際に発生した事故の事例 A>


釣果よりも身の安全が第一です
  • ◆ 2009 / 07月 本州からの登山ツアーによる 「トムラウシ登山」 での大事故
  • お手軽に行えると言われている 山岳ガイド付きの登山ツアーでの出来事です
  • 真夏にも関わらず 天候悪化により山麓は冷たい風雨にさらされ気温は1ケタ前半・・・
  • そして深い霧が辺りの視界を奪い去りました
  • 自然の脅威が牙をむいた瞬間です。。。
  • それに対する経験や知識 そして装備(服装・飲料・食料など)が不十分だったため
  • 結果的に「低体温症」という症状に陥ったことで
  • 担当ガイドを含むツアーメンバー8名が命を落とされました
  • とても残念な話しです・・・
  • この事故の要因には大きく3つの問題があったと各媒体では解説されていました
  • ※ 2009/12/08 現在の情報です
  • ◆ ツアー会社側の担当ガイドに対する指導不行き届き
  • ◆ 経験の浅い担当ガイドが判断ミス
  • ※ ルート未経験・事前の装備未確認・天候悪化時の誤判断・迂回ルート未把握など
  • ◆ お客様の事前準備不足(上着・飲食料・着替えなど)
  • このツアー参加者の方々は全てをツアー会社・担当ガイド任せにしてしまい
  • 登山エリアに入ると「最終的には自分の身は自分で守るというルール」を
  • トータルして実行出来ていなかったようだ・・・とも記載されていました
  • 自然の中に入った瞬間から そこには 「予測可能な危険」 と 「予測不可能な危険」 が
  • 必ずあるということを認識する必要があるということを 改めて考えさせられました
  • 同じ自然の中をガイドする当社としましては
  • 前途のようなミスを繰り返さないようしっかりと対策を練り
  • 先にもお話ししましたように 「お客様の安全を第一」 に考え
  • 事前の準備やその場の的確な状況判断を
  • しっかりと行える「ガイド」に努めたいと思います
  • ただ・・・担当ガイドは機械ではなく人間ですので
  • 判断を誤る可能性が全く無いとは言い切れません
  • お客様ご自身もしっかりとご準備頂くようご理解とご協力をお願い致します。。。
< ガイド釣行の各現場で大前提とされるルール >

@ 現地(フィールド)にゴミを捨てない
A 現地(フィールド)で命を捨てない

ぜひ心に刻んで下さい
Copyright (C) Since 2003 SomeRise All Rights Reserved