本文へスキップ
ホーム About 業務案内 お役立ち情報 Contact
イメージ写真3

就業規則

  • 就業規則の見直し等

「就業規則の作成、見直し・変更、整備」

テーマ
働き方改革など、時代にあった管理・運用体制になるよう、
労務管理全般を見直し、あわせて就業規則を整理しましょう。
 
      □ 労働時間の状況の把握   □ 同一労働同一賃金  □ 消滅時効期間延長
  
      □ テレワーク   □ 限定正社員   □ ハラスメント防止   □ 高齢者雇用
  

 Ⅰ、「就業規則の作成、見直し・変更、整備」に向けて
 1、これまでの時代
(高度成長期の名残り)
 自(社)分達のやり方      ・慣例的な管理
                    ・一般的な様式・書式 
 2、現在地
(「権利と義務」意識の高まり)
 今までの時代、やり方に課題、問題が発生してきている。
 3、今、これからの時代
(健全な労使関係)
 雇用・労働関係要求事項の多岐、多様、複雑化/法令等PR・外部相談所等普及・拡大/
 環境整備・就業規則周知・PR/信頼関係の確保・向上
4、時代は
変わった!変わる!
(ギャップを解消)
 【気づいた】
 ・今までのやり方が染みつき、何かおかしいと感じてはいるが、ギャップとして認識できない。
 ・ギャップがあることは認識できるが、取組む時間はなく、理解も不十分で、具体的に課題・問題が形成できない。
 ・ギャップは認識できるが、チェックポイントが多すぎて、どう対応したらよいのか悩んでいる。
 5、発想の展開
(マネジメントの発想)
 ルールの整備による管理の徹底(規則・規程等)
 様式・書式の整備による運用の徹底(管理資料等)
6、 労務管理対象事項
(除く人事・業務※)
 労働時間管理の考え方(基準)
 賃金支払の考え方(基準)
 あるべき姿の検討、確認
 就業規則及び各種規程(労基法第89条)など
      ・絶対的必要記載事項
      ・相対的必要記載事項
      ・任意的記載事項

      ・勤務表・年間休日カレンダー
      ・各種協定

      ・各種法定帳票
      ・各種届出・様・書式等

 7、進め方の検討
 1、個別に不明を聞きながら、自社で整備を進める。( ⇒ お勧めNo.1 )
     (自分たちでやる)    相談指導
      メリット : 個別的課題対応は比較的早く可能で、費用も比較的低廉である。
      デメリット: 結果として、体系的・系統的な整備については、別途社内で考える。

 2、外部からのアドバイスにより、全体を理解しながら共に整備する。( ⇒ お勧めNo2. )
     (一緒にやる)       コンサル
      メリット : 体系的・系統的に整備でき、その後の運用管理が円滑化できる。
      デメリット: 手間・暇・時間、費用が最もかかる。

 3、外部に整備を委託し、結果に基づき社内で行う。
     (外部委託する)      企画立案
      メリット : 一定の期間内で体系化され整備できる。
      デメリット: 費用がかかり、結果に対する展開・運用に不安が残る。

8、 いずれにしても
改善ステップは
 1、法要求事項の確認
 2、手続済みの確認と不備対応
 3、法手続不足の確認と不備対応
 4、法定書類の管理及び保管状況の確認と不備対応
 5、運用状況の確認と不備対応
 6、各種運用管理様式・書式の確認と不備対応
 7、運用管理の確認と不具合是正
 8、周知徹底

   
 Ⅱ、「就業規則の作成、見直し・変更、整備」のステップ 
 重要なのは  課    題 :  何が問題か?
 目的・目標:  何を・どうしたいのか?
         を明確にしてから推進すること ⇒ 現状確認が重要
 (※ 以下の項目・ステップ・内容を、テーマに合わせて、要否検討して進める。)
 1、現状確認
 就業規則等の整備状況
 課題の検出
    ・現行法令、改正(予定)法令等との適合
    ・脱落・過剰
    ・表現
    ・諸制度との適合 等
 職場環境を確認
2、規程(定)等の作成
 見直し・整備等、構想の立案
 文面化
 中間整理
 3、様式等整備  各種様式・書式等整備
 4、関係部門・先等調整等  見直し・整備等後の就業規則等の説明・理解、周知等
 5、届出  就業規則作成の届出等準備
 就業規則変更届の作成等準備
 最終整理
 届出

 がんばりましょう
 ① 毎年の改正法等や
 ② 社内の変化に対応できてない、また
 ③ 一度就業規則の適正の確認をしておきたい、等々、
あるいは 「働き方改革」関連法への
 ④ 事前整理・準備や
 ⑤ 法への対応・整備など、
就業規則の見直しの必要性が高まっています。
 
労使の信頼関係にとっての基礎でもあり、ぜひ改善に取組まれるようお願いします。