■京急貨車シリーズ キット
S=1/150

このページに記載の製品のお求めは、こちらからどうぞ。

【N】京急デト11-12更新前 2両組キット(動力つき)

TTK415A  本体29,800円

※更新前の菱形パンタと丸形ライトの姿。キャブスペース内に収納される専用動力装置込み。
【N】京急デト11-12更新前 2両組キット(動力なし)

TTK415B  本体19,800円

※更新前の菱形パンタと丸形ライトの姿。
【N】京急デト11-12 更新後 2両組キット

TTK415C(動力つき)  本体29,800円
TTK415D(動力なし)  本体19,800円

週二回社用品輸送で本線走行が見られるデトをキット化。
シンプルなのに京急らしさを想起させる前面や、煩わしい屋上配管は屋根板ごとロストワックスで製作。
側面サッシや手すり、荷台部分のアオリ戸、床下の魚腹台枠は洋白材料を用いたエッチングを駆使して精密感とフレームの強度を両立しました。

キットは車体から台枠を構成する部品各種と赤帯デカール・標記類メタリックインレタ、車体部分に納まる動力装置(TTK415Cのみ)が付属。

本キットのほかに、パンタ(トミックス373系用またはGMPT71A)、台車(GMTHタイプ非集電)、カプラーとカプラーポケット(連結部はタヴァサPX006Sなど)、床下機器(GM製など)、窓ガラスやレンズに使う透明プラ板、塗料や工具などが必要です。
はんだ、瞬間接着剤どちらでも組み立てることができます。

※見本は試作品です。
※下の写真のとおり、ヒューズからパンタへ通じる部分の配管パーツが付属。屋根板と一体表現のパンタ台や細い配管とともに、キットの素組みだけで、立体感あふれる表情をお楽しみいただけます。

※側面はお好みでGM製京急1000形集中冷房車の窓ガラス部品もお使いいただけるよう、側板を選択式としております。
【N】京急デト17-18(更新前)

TTK415F  本体19,800円

アオリ戸がついた後の姿で、丸ライト+菱形パンタの時代。コンテナは着脱可能、赤帯や各種標記デカール・インレタ付属。トレーラーのみの設定です
【N】京急デト17-18(更新後)

TTK415G  本体19,800円

角ライト+シングルアームパンタの現行仕様。前面と屋根板をそれぞれ別仕様で用意、屋根も配管・パンタ台表現済みで、素組みでハイデティールになります
浦賀方と品川方で手すりの有無を作り分け
【N】京急 クト1 キット

TTK415K  本体13,800円

晩年の姿を製品化。全金属製、はんだ、瞬間接着剤どちらでも組み立てることができます。
限られた機会しか本線上に姿を見せなかった車両ですが、模型の世界では1000形に牽かせて思い切り走らせてあげてください。

・前面は前後で異なる表情を作り分け
・鋳造部品で配管表現がされた屋根板
・アオリ戸は繊細な表現に心がけました
・洋白エッチングと実物さながらの魚腹台枠で強度確保
・コンテナは着脱可能にできます
デト11-12(下段参照)と
有蓋化改造を受けた後の浦賀方

2017年9月2日更新

戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。