■TTK427-2〜5・-17・TTK427A・B・M
 113・115系コンバージョンキットシリーズ
S=1/150

このページに記載の製品のお求めは、こちらからどうぞ。

基幹形式から変形車まで幅広くラインナップし、完成品でカバーしきれない形態の車両まで展開いたしました。

正面や屋根、足回り、側面ガラスなどは一部を除き市販完成品を流用して加工することから、市販品の出来に容易に近づけることができます。少数派の車両でも、完成品モデルのこうした部品を極力再利用することで、統一した雰囲気の仕上がりが得られることを目的に設計しております。

製品はエッチング板で裾の折り曲げが必要ですが、外板・内張りとも裏側へスジを彫っておりますので、高価な工具を用意しなくても、簡単に折り曲げることができます。丁寧に曲げたいと考えるなら、机の角と定規で挟んで慎重に、慣れてくればそのまま指だけで曲げて接着するまでに微調整をしていけばよいです。いずれもタネ車にするトミックス製品の車体を基準に曲げていけば間違いないですし、曲げすぎたら戻せばよいだけですから、難しく考える必要はございません。

丸窓初期車の側面ガラスは、開口部隅にR(曲面)がついておりますが、ガラスはそのとおりに丸く削らなくても、窓開口部にはまるように隅を落とす(=ガラス部品を大雑把に言えば六角形状に加工する)ことで、作例くらいの出来にはなります。

トレジャータウンや他メーカーさんからも発売されている多種多様なパーツ群から取捨選択して気に入ったパーツを取り付け、工夫していただくことで、きっと素晴らしい作品ができると確信しております。

各製品とも、
・トミックス製近郊型電車完成品をベースに改造します。
・キットには、主に「側板」と付帯する部品が収録されます。
・キットの側板の外板と内張りを張り合わせる組み立て作業を行います。
・トミックス製車両の側面を切り取り、その代わりにキットの側板を張り、違う窓形状、窓配置にすることができます。窓配置が変わることで不足する窓(主に狭幅の戸袋窓)は、トミックス製クハ115-1000分売ガラス(PG6126グレーまたは6128黒)を必要数分別途購入することで補います。
・屋根や足回りはトミックス製完成品を流用しますが、お好みで冷房機や通風器の形状や位置を加工します。
・塗装して、組み立てて完成します。
・大目玉(原型白熱灯)ヘッドライトの車両を製作する場合には、トミックス製クハ455などの先頭車を別途用意して、先頭部分を切り継ぐことでリアルな形状とすることができます。

※キットの詳しい組み立て方はこちらをご参照ください。

■113・115系丸窓初期車 基本形式とセット
115系丸窓山スカ3両 キット

TTK427A改 本体8,800円

収録内容:
車体エッチング板+乗務員扉+ルーバー・側扉取っ手パーツ+標記インレタ

※ATS-Pが設置され、クモハの運転席直後のサッシが埋められた晩年の姿を再現できます。

理想のレシピ?は、前面にはトミックス製165系、足回りは先頭は115系、中間はモハ164用を用い、台車をDT21に交換。リアルなデカ目(原型ヘッドライト)前面と、MGのないモハ車の足回りが再現できます。
屋根は分散クーラーを設置するため、もとの集中クーラーのランボードや取り付け穴などのモールドをすべて埋めます。作例写真は設計時のもののため再現していませんが、TTP265-01「AU712ランボード」が好評発売中です。モハの屋根はモハ164-800用を用いて機器穴を開けなおすことで簡単に再現できます。

車体ランナーには貫通扉パーツなどが付属するほか、アングル強度などを近年の仕様として再検討した構成です。
側面扉は写真のとおり、フチなし押さえ金ガラス仕様に交換ができます
(標準では一般的なHゴム仕様で、付属の部品でドア周りを交換できます)

※ATS-P取り付け前の姿にするには、TTK427-5のクモハ+モハセットと、TTK427-3クハ車をお買い求めください。
113・115系丸窓4両 キット

TTK427B改 本体10,000円

基本となる両端クハの4連。
車体エッチング板にはグロベン台座+各社延命工事車の貫通扉パーツなどが付属するほか、近年の仕様としてアングル強度などを再検討した構成にしています。
乗務員扉+ルーバー+側扉取っ手エッチングパーツが付属。インレタは別売ですので、お好みの線区・カラーのものをお使いください。。
モハ113・112・115・114丸窓2両 キット

TTK427-2改 本体6,000円

中間電動車ユニット。
まずは改造の簡単な中間車2両から始めませんか。
行先表示部分を開口しているので、冷房車の製作も容易です。
車体エッチング板+ルーバーパーツが付属。
クハ111・115丸窓2両 キット

TTK427-3改 本体6,800円

先頭車のキット。編成の先頭に立つので、目立ちます。行先表示部分を開口しているので、冷房車の製作も容易です。
完全新規版下の車体エッチング板+乗務員扉+ルーバーパーツ

グロベン台座+各社延命工事車の貫通扉パーツなどが付属するほか、アングル強度などを改善しました。
サハ111・115丸窓単品 キット

TTK427-4 本体2,500円

上野口や東京口、大阪近郊で活躍したサハ丸窓車。東海道線東京口では民営化後も比較的遅くまで、基本編成に組み込まれて活躍していました。

行先表示部分を開口しているので、冷房車の製作も容易です。

市販完成品の編成に1両から組み込んでください。
1両で取り組める気楽さと、先頭部分の処理がないので、入門にオススメします。
クモハ115・モハ114丸窓2両組 キット

TTK427-5 本体5,000円

「山スカセット」と異なり、クモハ115はATS-P設置前の原型窓配置を再現。幅広い年代や地域の車両が製作できます。乗務員扉ランナーが付属、グリル部品などは別途お求め下さい。
クハ111-5177(客室拡大車)単品 キット

TTK427-17 本体3,000円

元は一般的なクハ111だった同車ですが、便所部分を客室化改造され、その際に初期型丸窓車だったにも関わらず、この部分のみにユニットサッシが設置された車両です。他の同様の改造車は全てユニットサッシ車だったため、異彩を放ちました。

模型では特徴的な窓配置と、取っ手が上下になる特徴的な押さえ金式側扉を再現したほか、貫通扉も西日本用を収録しております。
113系幕張250・242番編成4連(クハ111-1201) キット

TTK427M 本体10,000円

モハ車から改造された、クハ111-1201を組み込んだ丸窓4連。

クハ111-1201の運転台はシートピッチ拡大車準拠とされ、トイレも新設され、その部分には横長のトイレ窓が設置されたことから、他のクハ111とは雰囲気を異なるものとしていました。

末期はAU712冷房改造と更新工事を受けました。
最晩年は中間車がユニット窓車に振り返られましたが、その前までの姿が再現できます。
また登場当初は6連でした。TTK427-2製品のモハユニットと組み合わせてもお楽しみいただけます。

トレジャータウンの近郊型電車キットには、以下の製品もございます。それぞれ専用のページをご覧ください。
TTK427-2〜5・-17・TTK427A・B・M 113・115系丸窓初期車 各形式 キット
TTK428-12〜14・-32〜34・TTK428E・J・K・L 113・115系ユニットサッシ車 各形式 キット
TTK427-61・-62・-63 切り継ぎ先頭車:クハ115-607〜619・-550・-650(クハ111-1201)各キット
TTK427F改 115-500系2連(弥彦線)キット
TTK427K・TTK427L 113-3800系(切妻)2連 窓配置で2種類のキット
TTK428H 113-5300系(山陰線)2連 キット
TTK427E 115系広セキC24編成4連 キット
TTK427C・D・TTK428C・D 403・423・415系キット各種
TTK428-81〜88 グリーン車キット 各種
TTK429 身延線62系 サボ受け位置の違いで2種類の製品を用意
TTK426 417系キット

2014年7月17日更新

戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。