■TTK428-12〜14・-32〜34・428E・J・K・L・M・N
  113・115系ユニットサッシ車 コンバージョンキットシリーズ
S=1/150

このページに記載の製品のお求めは、こちらからどうぞ。

基幹形式から変形車まで幅広くラインナップし、完成品でカバーしきれない形態の車両まで展開いたしました。

正面や屋根、足回り、側面ガラスなどは一部を除き市販完成品を流用して加工することから、市販品の出来に容易に近づけることができます。少数派の車両でも、完成品モデルのこうした部品を極力再利用することで、統一した雰囲気の仕上がりが得られることを目的に設計しております。

製品はエッチング板で裾の折り曲げが必要ですが、外板・内張りとも裏側へスジを彫っておりますので、高価な工具を用意しなくても、簡単に折り曲げることができます。丁寧に曲げたいと考えるなら、机の角と定規で挟んで慎重に、慣れてくればそのまま指だけで曲げて接着するまでに微調整をしていけばよいです。いずれもタネ車にするトミックス製品の車体を基準に曲げていけば間違いないですし、曲げすぎたら戻せばよいだけですから、難しく考える必要はございません。

トレジャータウンや他メーカーさんからも発売されている多種多様なパーツ群から取捨選択して気に入ったパーツを取り付け、工夫していただくことで、きっと素晴らしい作品ができると確信しております。

各製品とも、
・トミックス製近郊型電車完成品をベースに改造します。
・キットには、主に「側板」と付帯する部品が収録されます。
・キットの側板の外板と内張りを張り合わせる組み立て作業を行います。
・トミックス製車両の側面を切り取り、その代わりにキットの側板を張り、違う窓形状、窓配置にすることができます。窓配置が変わることで不足する窓(主に狭幅の戸袋窓)は、トミックス製クハ115-1000分売ガラス(PG6126グレーまたは6128黒)を必要数分別途購入することで補います。
・屋根や足回りはトミックス製完成品を流用しますが、お好みで冷房機や通風器の形状や位置を加工します。
・塗装して、組み立てて完成します。

※キットの詳しい組み立て方はこちらをご参照ください。

■113・115系ユニットサッシ車基幹形式とセット
115系トタM40編成6連 キット 直販限定

TTK428J 本体15,000円

先日検査を受け出場し、今後の使われ方が注目されるM40編成を製作するためにオトクな内容のセットです。クモハ・モハ・サハ・モハ・モハ・クハの6連を組むためのセット。
側板・妻板ダクト・ジャンパー栓(TTP107D)・細部パーツ(215・227・230ランナー)とインレタ、専用説明書が付属。
他にタネ車の115系完成品のほか、パンタグラフやTTP228・264Aランナーなどをご用意ください。もちろん豊田→松本配置だった他のクモハ先頭編成の6連の製作にもおすすめしますので、スカ色や新長野色など、お好みの塗装にしてあげてください。
短命だった、なつかしの新長野色として製作する場合は、TTL079Bインレタ(グレー文字)をあわせてお求めください。
113・115系ユニットサッシ4連 キット

TTK428K 本体10,000円

クハ+モハ+モハ+クハの両端クハのユニットサッシ車。
113系-0'、-700、115-300系などの両端クハの基本4連が製作できます。
4連のままのほか、別売中間車やグリーン車などとあわせて、オリジナルの長編成を目指してください。


インレタは付属しません。お好みの路線のものをお使いください。

1000’番台の製作はTTK428E製品をお使いください。
115系300番台3連 キット

TTK428L 本体8,800円

クモハ+モハ+クハのユニットサッシ最低単位の3連です。

単独3連または3+3=6連で活躍中、中央東線で今なお現役のスカ色や、岡山地区の湘南色、こんぴらさん号、簡略塗装(黄色)を再現しませんか?

実車は製造ロットや配置区所、その後の転配属などでモハ114の配管にバリエーションがあるのが興味深いところです。

インレタは付属しません。お好みの路線のものをお使いください。
115系300番台(自販機設置車)
TTK428M 4連 側板コンバージョンキット 本体10,000円
※トイレを撤去して設置した自販機部分に窓枠が設けられたクハを新規製作。インレタ別売
115系300番台(自販機撤去車)
TTK428N 4連 側板コンバージョンキット 本体10,000円
※自販機が撤去され、その部分の窓が塞がれた現在の広島地区のクハを新規製作。インレタ別売
モハ113・112/モハ115・114 ユニットサッシ2両 キット

TTK428-32 本体6,000円

表題のほか、サハ111-400が製作できます。

発売中の4連や丸窓初期車、グリーン車キットなどと組み合わせたり、市販品と組み合わせてシートピッチ拡大車との組成をお楽しみいただけます。

※113系1000番台は側面サボ受けがありませんので、TTK428-12製品をお使いください。
クハ111・115 ユニットサッシ2両 キット

TTK428-33 本体6,800円

ユニットサッシのクハ車。初期車やシートピッチ拡大車との組成もお楽しみいただけます。

※113系1000番台は窓配置が異なるため、TTK428-13製品をお使いください。
サハ111・115ユニットサッシ単品 キット

TTK428-34 本体2,500円

1両からチャレンジでき、顔の工作がなく1両から成立するので、初めてのチャレンジにもおすすめします。
113-1000’系(ATC車)4両 キット

TTK428E 本体10,000円

113系のユニットサッシ・ATC区間走行用のグループ。助士側の乗務員扉と戸袋窓の位置も専用に作りました。

写真の細部パーツのほか、インレタTTL063Cが一枚付属します。
また横須賀総武快速などを再現したい場合は、別売TTL063Bをお求めください。
モハ113・112-1000ユニット窓2両組 キット

TTK428-12 本体6,000円

113系1000’番台(ユニットサッシ車)のモハユニットが製作できます。模型では、サボ受けの有無が地上型との違いとなります。

※グリル部品(TTP230 画像右上)が付属しない旧製品は5,000円です(付属の有無以外の差異はありません)。
クハ111-1000’ATC車2両組 キット

TTK428-13 本体6,000円

113系のユニットサッシ・ATC区間走行用のグループ。助士側の戸袋窓のほか、基本番台との乗務員扉の位置の微妙な違いも再現。
サハ111-1000’ユニット窓単品 キット

TTK428-14 本体2,500円

一両から編成に組み込めますので、15両編成のアクセントにいかがでしょうか。

模型では、サボ受けの有無が地上型(TTK428-34 サハ111・115ユニットサッシ)との違いとなります。

トレジャータウンの近郊型電車キットには、以下の製品もございます。それぞれ専用のページをご覧ください。
TTK427-2〜5・-17・TTK427A・B・M 113・115系丸窓初期車 各形式 キット
TTK428-12〜14・-32〜34・TTK428E・J・K・L 113・115系ユニットサッシ車 各形式 キット
TTK427-61・-62・-63 切り継ぎ先頭車:クハ115-607〜619・-550・-650(クハ111-1201)各キット
TTK427F改 115-500系2連(弥彦線)キット
TTK427K・TTK427L 113-3800系(切妻)2連 窓配置で2種類のキット
TTK428H 113-5300系(山陰線)2連 キット
TTK427E 115系広セキC24編成4連 キット
TTK427C・D・TTK428C・D 403・423・415系キット各種
TTK428-81〜88 グリーン車キット 各種
TTK429 身延線62系 サボ受け位置の違いで2種類の製品を用意
TTK426 417系キット

2014年7月17日更新

戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。