■TTL801-01 復活湘南色標記
S=1/150

このページに記載の製品のお求めは、こちらからどうぞ。

165系上沼垂M2・M3・新前橋S9〜S11・169系S52編成・111系高松車・113系幕張車・119系復刻色がフルレタリングできるほか、185系大宮車のうち、白色となる妻面標記部分、117系復刻色の編成番号標記、クヤ153・クヤ165用の標記を収録。ガラスに張られた編成番号標記や検査年月など、細部にこだわった内容のインレタです。
検査年月なども極力実車を反映し、カヌM編成や東海車の編成番号表示、高松車の気動車風渡り板車番なども再現するなど、こだわってみました。

またクヤ153、クヤ165キットを組み立て中の方のために、専用標記を収録しています。まだ標記を貼っていない、という方はぜひお使いください。

復活湘南色標記
TTL801-01
白文字インレタ1枚入 本体800円

含まれる内容:

・169系S52編成用

車番 ●クモハ169-6 ◆●モハ168-6 ●クハ169-19
定員標記(ゴシック体)・エンド標記(二回目復活の際のゴシック体で国鉄書体サイズ・上に収録されているほうのパターン)・検査・形式標記(屋代工)

・165系カヌM2・M3編成用

車番
クモハ165-100 ◆モハ164-64 クハ165-166
クモハ165-101 ◆モハ164-65 クハ165-99
所属・定員標記(新カヌ)・検査・形式標記(長総車所)・前面編成番号標記(クモハ・クハで異なる書体を収録)

・165系シマS9〜11編成用
車番
●クモハ165-106 ●モハ164-70 ●クハ165-138
●クモハ165-118 ●モハ164-76 ●クハ165-151
●クモハ165-122 ●モハ164-80 ●クハ165-155
所属・定員標記(高シマ)・検査・形式標記(大宮工)

・113系幕張117番・S62番編成用
車番
クハ111-2152 モハ113-2072 モハ112-2072 クハ111-2056
クハ111-249 モハ113-1254 モハ112-1254 モハ113-1253 モハ112-1253 クハ111-1450
所属・定員標記(千マリ)・検査・形式標記(大宮総合車セ)

・111系高松車用
車番 クハ111-29 モハ111-4 モハ110-4 クハ111-3002
所属・定員標記(四カマ)・前面渡り板表示車番(小・クハのみ)・検査・形式標記(多度津工)・ATS標記(SS)

・119系E4編成用
車番 ◆クモハ119-5008 クハ118-5006
所属・定員標記(海カキ)・検査・形式標記(空車標記を含む・浜松工)・前面・乗務員扉編成番号標記

・その他
車番 クヤ153-1 クヤ165-1
所属(大ムコ・名カキ・海カキ)・検査・形式標記(吹田工・名古屋工)

185系妻面所属・形式・検査標記 宮オオ・大宮総合車セ

117系S11編成 前面・乗務員扉編成番号標記

・共通
エンド標記(国鉄書体・右側の多く収録されているパターン)・ATS標記(Sn・PSn・S・BS・St)・▼・上下▼
■直流急行形関係が収録されたインレタ
TTL006 前面編番表示/新車・新幹線・宮原車用(宮原車167系編成番号)
TTL014A 115系新潟色・緑 標記(165系赤倉色標記)
TTL029/030 169系三鷹車新旧標記(169系湘南色特保車およびいわゆる三鷹色)
TTL040A 417系標記/白文字(サロ165-14標記)
TTL059A・B 113系(阪和)・153系(宮原) 標記 白・青22号特(153系・165系宮原車国鉄時代湘南色および新快速色)
TTL063C 113-1000系標記(房総各線)白文字(165系なのはな標記)
TTL064A 115系広島N30・113系福知山標記・茶色(165系上沼垂ムーンライト茶色=第二編成の所属標記・検査標記)
TTL067 キハ58みよし・169系かもしか標記(緑14号相当)(169系Nストライプ全車緑色文字)
TTL801-01 復活湘南色標記(169系S52編成・165系カヌM2・M3・シマS9〜11編成標記)
■房総地区の113系にはこの製品のほか、TTL063・063B〜D 115系小山・113-1000’系標記が便利です。
■四国色の111系には、TTL066 四国水色標記(各系列用)をご利用ください。
■東海地区の他の編成番号にはTTL006 前面編成番号表示 新幹線・新形式車・宮原車をお使いください。
■クヤ153・クヤ165キットの内容はこちら

※インレタをお使いいただくにあたってのご注意
表示の入り数は、最大で転写できた場合を示し、原則として予備としての数を考慮しておりません。
また、一部の番号などは並び替えを必要とするものがあるほか、極小サイズの文字は、一部基幹形式や近似のもので代用する必要がある場合もございます。予めご了承ください。
どこのメーカーさんでも同じですが、インレタは生ものです。購入の前にキズやカスレがないか、お確かめください。最近のインレタは品質も安定し、割と長持ちしますが、それでも極端に年数の経た古いものは転写できなくなる場合もあります。
インレタの上手な貼りかたはこちらをご覧ください。

2014年7月17日更新

戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。