■TTL801-13 キハ40・58系標記(広島)
S=1/150

このページに記載の製品のお求めは、こちらからどうぞ。

広島地区の気動車の標記インレタです。各年代・カラーに対応できるカラーバリエーションをご用意しております。
いずれもシート1枚入・本体800円

【N】キハ58・40標記(広島) 白文字
TTL801-13A 白文字
→首都圏色・広島急行色(二代目)の全標記、国鉄急行色・広島色・広島急行色(初代・三代目)の所属・ドアコック・エンド標記


【N】キハ58・40標記(広島) 青文字
TTL801-13B
→広島色・キハ58系広島急行色(初代)の全標記、ふれあいSUN-INの青色側車番


【N】キハ58・40標記(広島) 赤文字
TTL801-13C
→国鉄急行色と、「ふれあいSUN−IN」の赤色側車番

【N】キハ58・40標記(広島) 黒文字
TTL801-13D
→広島急行色のうち最晩年用の所属標記や細部標記文字に使います。キハ120などへ流用も可能です。
所属・ドアコック・エンド標記を別売TTL067の緑文字車番と組み合わせて使います。


※側面および渡り板車番はキハ20・30・45・23も収録。キハ58系は晩年まで活躍した車輌をメインに、キハ40系は現行の配置車をメインに収録。
広ヒロ、広セキ、広クチ、広コリの各区所や検査標記も時代によるバリエーションを収録、キハ23520の金沢標記も収録。
キハ40更新車のドレスアップはもちろん、国鉄時代まで幅広くお楽しみいただけます。

※広島急行色(晩年)の緑色ゴシック体車番は、「TTL067 キハ58みよし・169系みすず標記」を、黒文字の所属標記は「
TTL062A〜C 105系標記・キハ58所属標記(広島)」をあわせてお使いください。

※インレタをお使いいただくにあたってのご注意
表示の入り数は、最大で転写できた場合を示し、原則として予備としての数を考慮しておりません。
また、一部の番号などは並び替えを必要とするものがあるほか、極小サイズの文字は、一部基幹形式や近似のもので代用する必要がある場合もございます。予めご了承ください。
どこのメーカーさんでも同じですが、インレタは生ものです。購入の前にキズやカスレがないか、お確かめください。最近のインレタは品質も安定し、割と長持ちしますが、それでも極端に年数の経た古いものは転写できなくなる場合もあります。
インレタの上手な貼りかたはこちらをご覧ください。

2017年9月3日更新

戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。