■TTL803-01〜11 東急電車の標記シリーズ各種
S=1/150

このページに記載の製品のお求めは、こちらからどうぞ。

東急8500系前面車番 白 TTL803-01A 700円
東急8500系前面車番 銀 TTL803-01B 700円
8500系前面車番 メタリック銀 TTL803-01B特 800円
それぞれインレタ1枚入

東急電車の正面赤帯の中に記される車番のインレタです。
8500のほか、9000、1000、2000系および7915Fの全車番を収録。
旧3000系や5000系といったライトグリーン塗装の車輌や、伊豆急各形式に使える検査標記も収録しています。
サークルK表示も追加。

現行は全て白文字ですが、8500系登場時〜90年代中頃?までは全て銀文字でした。その再現にはTTL038B2を使います。
またジャカルタへ移籍した車輌のなかには、時期によって正面車番が銀色で記されたものもあり、その再現にも便利です。

お好みによってメタリック銀で製作したものもご用意しておりますので、銀色をお使いの際はお選びください。


TTL803-01A・01B=東京急行電鉄株式会社商品化許諾済
東急7200系標記

TTL803-02
インレタ2色刷り・メタリック各1枚入
本体1,600円


2000系までで使われていた東急電車おなじみの標記です。

メタリック銀の台座を転写してから車番や各標記を転写することで実車の金属感を再現できます。

銘板・検査標記・エンド標記も収録、銘板は東急だけでなく、各社で近年多いエッチングプレート銘板の表現にも便利です。


東京急行電鉄株式会社商品化許諾済
東急7700系標記

TTL803-03
インレタ2色刷り・メタリック各1枚入
本体1,600円


7200系と同様の構成で、7700系の車番を全車収録。
7715編成はもちろん、7052-7057や、クラシックトレイン運行時の7001・7002車番(前面のみ使用)も収録。

銘板・検査標記・エンド標記も収録、銘板は東急だけでなく、各社で近年多いエッチングプレート銘板の表現にも便利です(「東急7200系標記」と同じものを収録)。


東京急行電鉄株式会社商品化許諾済
東急新型車標記

TTL803-04
インレタ2色刷り大小各1枚入
本体1,600円


現行5000系列から始まった新しい書体の車番と号車標記を収録。
各線区より数編成ずつセレクトしています。

現行6000系や1000系1500番台の車番などに白文字を、5000系列や7500系の銀文字の前面車番も収録。そのままはもちろん、並び替えをしていただければだいたいの場面をカバーできます。

社章は現行3000系以降のステッカー式のものをイメージした、インク銀の台座を採用。
別売「東急7200系標記」「東急7700系標記」の2000系までのステンレスカーで使われていたステンレスエッチング板との違いを模型でも再現できます。

※1000系1500番台の製作には側面車番のプレート表現に別売「東急7200系標記」「東急7700系標記」のいずれかを組み合わせていただくことでよりリアルな雰囲気にすることができます。

東京急行電鉄株式会社商品化許諾済

東急8000系標記No1

TTL803-05
インレタ2色刷り・メタリック各1枚入
本体1,600円


主に晩年の東横・大井町の編成を基準に番号を選定し収録。
両数が多いため、2編に分けてあります。

【収録内容】
東横線8007・8009・8017・8019・8021・8025F
大井町線8001・8003・8051F
まずメタリックの台座を転写し次に上から
カラーの標記類を貼り重ねます。

ご要望の多かったT.K.K.文字も収録しています。
7200系などと同様、先頭車の前面、側面は共用です。

銘板・検査標記・エンド標記も収録、銘板は東急だけでなく、各社で近年多いエッチングプレート銘板の表現にも便利です。


東京急行電鉄株式会社商品化許諾済
東急8000系標記No2

TTL803-06
インレタ2色刷り・メタリック各1枚入
本体1,600円


主に晩年の東横・大井町の編成を基準に番号を選定し収録。
両数が多いため、2編に分けてあります。

【収録内容】
東横線8027・8029・8031・8037・8039・8043F
大井町線8005・8045・8049F

ご要望の多かったT.K.K.文字も収録しています。

銘板・検査標記・エンド標記も収録、銘板は東急だけでなく、各社で近年多いエッチングプレート銘板の表現にも便利です。


東京急行電鉄株式会社商品化許諾済
東急3000系標記

TTL803-11
インレタ2色刷り・メタリック各1枚入
本体1,600円


引退時まで残った車両を中心に特徴的な車両を収録。
前面用は小さい文字を使います。

・車番のシートに「厚手インレタ」を使用。
切り抜き文字の凹凸感をリアルに再現。

・標章、銘板、順位標記は最大8両分。
・T.K.K.・車番の大きいシート=現役時(切り抜き文字)
 標記・標章の小さいシート=復刻塗装時用
使い分けてご利用ください。

・前面の検査・形式標記は別売TTL803-01A「東急8500・9000系前面車番(白文字)」からお使いください


東京急行電鉄株式会社商品化許諾済

※インレタをお使いいただくにあたってのご注意
表示の入り数は、最大で転写できた場合を示し、原則として予備としての数を考慮しておりません。
また、一部の番号などは並び替えを必要とするものがあるほか、極小サイズの文字は、一部基幹形式や近似のもので代用する必要がある場合もございます。予めご了承ください。
どこのメーカーさんでも同じですが、インレタは生ものです。購入の前にキズやカスレがないか、お確かめください。最近のインレタは品質も安定し、割と長持ちしますが、それでも極端に年数の経た古いものは転写できなくなる場合もあります。
インレタの上手な貼りかたはこちらをご覧ください。

2016年12月18日更新

戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。