■TTP138〜 幌シリーズ 各種
S=1/150

このページに記載のトレジャータウン製品のお求めは、こちらからどうぞ。

手すりやワイパーを立体化したのに、幌は製品のまま、どの形式も同じパーツでいいの・・・?という素朴な疑問にお応えする製品たちです。中間車はプラ製の汎用品のままでも、先頭に立つ車両にはリアルなパーツを使ってみませんか。

製品は鋳造によるもので型から取り出すときの都合などで歪みが生じることがあります。ピンセットでつまむようにまっすぐにかたちを整えてあげ、また下部に残るゲートはまず大まかに金属用ニッパーやレザーソウなどで切り落とし、最後は金属ヤスリで削り仕上げて下さい。

幌 (東急7200用)

TTP138-01 本体1,080円
金属製2個入

冷房改造直後くらいまでは、先頭に立つ車両にも幌が装着されていました。晩年は撤去されましたが、本来の7200系の表情を楽しめます。また当然ながら中間に入る先頭車にこれを取り付けると、らしくなります。
幌 東急8500系5+5編成用

TTP138B 本体980円
金属製2個入

8500系軽量車グループのうち、9000系の内装デザインを採用したラストグループの5連4本。彼らが田園都市線で5+5=10連で使用されていた時代の中間部に入る先頭車の幌パーツです。

新玉川線開業時の中間車代用クハ8000や、1000系の貫通編成にも、このパーツを使用します。
TTP249A製品に付属のパーツも同じものです。
幌 (私鉄用狭幅)

TTP138-03 本体1,080円
金属製2個入

国電よりも少し幅が狭いタイプ。東急・京成・新京成・西鉄などの旧型車に汎用できます
幌(京急1000)

TTP138-05 本体1,080円
金属製2個入

拝めるとラッキー?!だった、前面に幌を装備した京急1000形の専用品です

尾灯下の
ジャンパー栓蓋(TTP107M)はこちら
幌(東武8000旧)

TTP138-06 本体1,080円
金属製2個入(写真左)

東武8000のうち、側面に蛇腹と裾にヒダのついた、初期に多かったタイプ
幌(東武8000新)

TTP138-07 本体1,080円
金属製2個入(写真右)

東武8000のうち、現行車に装着のスマートなタイプ
幌(東武6050)

TTP138-08 本体1,080円
金属製2個入

6050系に装着された、上辺の締結装置が1ケ所に対応した幌
幌(東武10000)

TTP138-09 本体1,080円
金属製2個入

6050に似ていますが、上辺の締結装置が2ヶ所となった、10000・10030・30000系などの幌
幌(新性能国電)

TTP138-11 本体1,080円
金属製2個入

締結装置が露出したままの姿を再現。立体的で、どちらかというとゴツイ顔を再現したいときにおすすめです。

ぜひジャンパー栓や手すり、ワイパーの立体化とともにお使いください。
幌(新性能国電) 金具収納タイプ

TTP138-12 本体1,080円
金属製2個入

138-11製品と同じプロトタイプの状態違い。
そのときの状態だったり、時代や路線ごとの流儀によって、幌内側の締結金具が露出していたり、畳まれていたりすることがあります。こちらは畳まれていたタイプです。

※取付例画像ではTTP161-11、161-21のヘッドライト・テールライトも装着しています。
幌(旧型国電一枚幌 上面Rあり)

TTP138-13 本体1,080円
金属製2個入

旧型国電のうち、上面に幌吊りのついた、片側から渡すタイプの幌。
金具が内側へ飛び出た状態を再現、ゴツめの立体感たっぷりの顔を表現するのにおすすめです。
幌(旧型国電一枚幌 上面Rあり) 金具収納タイプ

TTP138-15 本体1,080円
金属製2個入

旧型国電のうち、上面に幌吊りのついた、片側の車両から隣の車両へ渡すタイプの幌。
138-13製品と同じプロトタイプの状態違いで、
畳まれていたタイプです。
幌(旧型国電二枚幌 上面Rあり)

TTP138-17 本体1,080円
金属製2個入

旧型国電のうち、客車に似た両側から幌を渡すタイプ。
この製品では締結用の金具が飛び出た状態を再現しています。
(幌吊りは別途準備します)
幌(旧型国電二枚幌 上面Rあり) 金具収納タイプ

TTP138-19 本体1,080円
金属製2個入

旧型国電のうち、客車に似た両側から幌を渡すタイプ。
138-17製品と同じプロトタイプの状態違い。

こちらは畳まれていたタイプです。実際には畳んで運用されているケースのほうが多いです。
幌 (気動車)

TTP138-21 本体1,080円
金属製2個入

国鉄・私鉄・新旧のディーゼルカー全般で使用されている汎用幌。新旧の形式や場合によっては他地区・他会社の車両との連結も考慮せねばならない気動車だけあって、ほとんどの場合の形状は統一されていて、どのような形式にもお使いいただけます。一般流通開始分からは、手すりの内側も抜ける構造に改良。前後左右4本の手すりが一体成型で抜けている状態は圧巻です。
幌 (211・313系)

TTP138-23 本体1,080円
金属製2個入

※313系では白く塗られている幌。他の国電とは若干形状が異なる。211・213系では一部で使われているタイプ。交換時期の詳細は不明ですが211・213・311系でも登場時はこのタイプで、後に一般国電と同じものに統一、後に313系が同じタイプを装着し、現役で使われているようです。

2014年7月17更新

戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。