Gyotaku Art Ohba

戻る


 2007/6月20日更新
Copyright [C] Gyotaku Art Ohba .All Rights Reserved

北海道のつり

北海道のつり

北海道に根ざした、北海道の草分けの つり雑誌 『北海道のつり』・・・ 長く購読されているファンも多いですね!

私の知り合いの中にも、本当に何十年も購読し続け、お部屋にはレアな価値が間違いないコレクションとして、

大切に保管されていて大変驚きました。陳列されている光景を見ているだけでも、北海道のつりの歴史が

細かく込められているアートな月刊誌だと思っています。 掲載に『参加』された方も大勢いらっしゃいます。

その時代の情報が、たくさん詰まっている『北海道のつり』は、きっと皆さんの素晴らしい思い出の宝物として

大切に保管されているでしょう。この本だけは毎号必ず目を通しておかなければ・・・という方が多いと思います。

『北海道のつり』の歴史を刻む作業は現在も確実に積み重ねられています。今を大切に生きる人生のように・・・。

月刊誌・『北海道のつり』 に特別な思い入れお持ち方はとても多いことでしょう。これからも北海道のつりの歴史を

刻んでくれることでしょう。

この度、ご縁があり、3月号から掲載を頂いております。 機会には宜しくお願い致します・・・。 

日本古来から継続されている草の根文化、【魚拓】への私の想いを交え、魚拓について書かせて頂いております。

どうぞ温かく お付き合いを賜りましたら最上の幸せと思っています。

北海道の各方面、様々なお立場の方が温かく手を結び、より良い北海道になれますよう心から願っています。

魚に関わる文化・・・『北海道の魚文化』が益々深く、充実されたものになり、【北海道独自】の魅力的な新しい

スタンスがもっともっと生まれてくると良いですね・・・。

皆様と一緒に歩んで参りたいと思っています。^^ よろしくお願いします。



 編集部の皆様、お世話になりました。心からお礼申し上げます。
 有り難うございました。

【北海道のつり】のバックナンバーのお申し込みは【株】水交社まで。
 TEL:011−641−1221.   FAX:011−641−2923.

貴方にとって、魚拓が身近になって頂けたら幸いでございます。 お目通しの程をよろしくお願い致します。

 7月号

 発売中!

小鹿氏の北海道
の大鮎も必見です^^

  大鮎
北海道の鮎は最高です。

 ★ 表紙を飾る方々の表情はどれも最高ですね!!。