マタイ福音書(抜粋)

「今年は、いいね!か」
 
 マタイ福音書2・1~12
イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。『ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。』これを聞いてヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。彼らは言った。『ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。「ユダの地、ベツレヘムよ、お前はユダの指導者たちの中で決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、わたしの民イスラエルの牧者となるからである。
 
 
同じニュースがある人にとってグッド・ニュースであり、別の人にとってはバッド・ニュースであるということは、いつも起こっています。「イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。」これは単なる報告のように聞こえます。そうです、その通り、単なるニュースでもあり、しかしある人々にはグッド・ニュース、ある人々にはバッド・ニュースとなるのです。
聖書は実は、そのような二種類の人々を描いた書物でもあるのです。東方の博士たちは前者であり、そのニュースに不安を抱いたヘロデ王、祭司長、律法学者、エルサレムの人々は後者です。同じ出来事が、それを受け取る者によって全く違う評価となった。これは2000年の昔話ではなく、現在に向けられたメッセージでもあるのです。
大胆に言い換えてみましょう。あなたが「わるいね」と評価してこられたニュースは、実はあなたにとって最良のニュースであったのかも知れない。これまでの人生を低く評価し失望しておられるあなたの人生には、大いに希望があるかも知れない、と。
 
ヘロデ
救い主の誕生のニュースを「悪い」と受け取った最初の人物はヘロデ王です。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです」との博士たちの質問に、「ヘロデ王は不安を抱いた」と記されています。どこの誰とも分からない赤ちゃんの誕生に、なぜ王は不安を抱いたのでしょうか。
博士たちの言葉の中でも、とくに「ユダヤ人の王」という部分が心にひっかかったからです。自分も王であるからです。ヘロデは、王座を守るためなら、妻だけでなく血のつながった自分自身の息子たちさえ殺害することを躊躇しない、狂暴でねたみ深い王です。案の定、王はその後、ベツレヘムとその周辺に住む二歳以下の子供を皆殺しにしています。
スケールの小さい話ですが、会社の金を銀行で200万円を引き出し、それを持って帰るだけで、後をついてくる人たちがみな泥棒のように見えました。ですから、王座についている者が、新しい王の誕生というニュースに「不安を抱いた」のも無理はありません。
 
エルサレムの人々
救い主の誕生に「不安を抱いた」のは、ヘロデ王だけではありません。「エルサレムの人々も皆、同様であった」と記されています。しかしその内容は少しだけ違っていました。王座をねらう者にではなく、世の中が不安定になることに「不安を抱いた」からです。
王座を守るため、妻や息子さえ殺害する王が、今度は何をしでかすか分からない、いまの生活がみだされるかもしれないという不安です。王に仕える者たちはいまの安定した地位と収入を失うかもしれない、退職金や年金はどうなるんだろう。花嫁は3ヶ月後に予定している結婚式ができなるかもしれない、商売人は歳末大売出しに影響がでるかもしれない、宿屋の主人は客が来なくなるかもしれない、などと不安を抱いたのです。
 
祭司長、律法学者
救い主の誕生に不安を抱いた者はまだあります。祭司長や律法学者も例外ではありませんでした。彼らは王ヘロデによって、メシアの誕生の地を研究せよとの命令を受け王のもとに招集されました。研究と論議の結果、メシアの誕生の地はユダヤのベツレヘムであるとの結論を王と東方の博士たちに報告しました。
「不安を抱いた」者たちのリストに祭司長や律法学者は記されていませんが、その行動が彼らもリストに入っていたことを表しているからです。彼らの行動というより、行動しなかったことが彼らも恐れを抱いていた証拠であるのです。自分たちがつきとめた救い主の誕生の地を、東方の博士たちとともに確かめようとしなかったからです。ベツレヘムはエルサレムからたった8キロ。通勤のため私が毎日往復している距離です。車で25分、自転車で45分、歩いても約2時間。
なぜ彼らが行かなかったのか、その理由も明らかにされていませんが、行かなかったことだけは確かです。関心がなかったわけではないでしょう。救い主の誕生がたとえデマだとしても、万が一本当であった場合の重大さを考えるなら、往復4時間の無駄足ぐらいは取るに足らないと考えなかったのでしょうか。
もちろん彼らはそれぐらいのことは考えたでしょう。しかし、ラクダに乗った3人の後をノコノコとついていってみなさい。新しい王に従うかもしれない者どもを、あのヘロデが放っておくはずはありません。彼らも「不安を抱いて」、身の安全と生活の安定を優先させたのです。
 
保守的
突如現れた東方の客たちのニュースを、人々はこのようにして「不安を抱き」、「悪いニュース」と受け止めたのです。聖書は何と人間の心理を正しく描いていることでしょうか。ここでは「皆」とは、「ほんの一部の人々を除き、ほとんどの人」という意味です。
人はその意味で「皆」保守的です。生まれながらもっている「保守的」という基本的な方針を越えるためには、別の方に引っ張る強力な力が必要です。それが神の恵みであり福音と呼ばれるグッド・ニュースであるのです。
私が牧師として最も困難を感じるのは、教会で何か全く新しいことをしようとする時ではありません。そうではなく、すでにある何かを変えようとするときです。全く新しいことは、当然ながらみんながまだ経験したことがないことであり、経験の中に無いものです。しかし何かを変えるというとき、それは人の経験の中にすでにあることを止めて別のものが入ってくることです。それゆえ会社でも学校でも教会でも、なかなか変わるのは難しいのです。会社が時代に合わせて変わらなければ倒産してしまいますから、努力して変ろうとするでしょうが、学校や教会は必ずしもそうではありません。それゆえに自然の思いにまかせるなら、学校や教会はできれば何も変わろうとしないのです。
と言っても、アメリカ映画の場面のように次々とめまぐるしく変わるのがよろしいと言おうとしているのではありません。変わるべきことと変わるべきでないものがあるからです。その区別をする練習を日頃からしておかないと、変わるべきときに決断できるはずはありません。
救い主の誕生そのものが、私たちはそのままではいけない、私たちは変わらなければならないというメッセージです。人々は皆、東方の博士のもたらした新しい王誕生のニュースに、「悪い」というスタンプを押したのはそのためです。神の恵みに関しては皆、良い知らせを「悪い」と感じるのが普通であるからです。  
 
勘違いを避けるために
神の恵みに関して、そのような勘違いを避けるためにはどうしたらよいでしょうか。第一のことはすでに申し上げました。人は基本的に保守的であると知ること。人はみな変わることには抵抗を示すものです。自然のままでは必ずそうなるのです。
第二のこともすでに申し上げました。変わるべきことと変わるべきでないことを区別すること。そして救い主の誕生自体が、人は変わらねばならないことがあると宣言しているのです。
第三は、不安を抱くようなニュースは必ずしも悪いニュースとは限らないと知ること。価値あるものも人の心を乱すものです。価値あるものを手に入れるためには、犠牲を伴うのが普通です。東大に合格するためには、遊ぶ時間を犠牲にしなければなりません。オリンピックで金メダルを獲得するためには、苦しい練習を覚悟しなければなりません。そして神の恵みに関しても同様です。家族の中にクリスチャンが生まれると、その家族には混乱が生じるでしょう。そのために教会に来た多くの人が、救いを逃してしまうのは残念な現実です。
第四は、価値には質の違いがあると知ること。アメリカの通貨にはセントという単位があり、100セントで1ドルです。日本では昔、銭という単位があったのと同じです。1ドルは99セントよりも価値があるのです。その違いが分からない子供は、ピカピカ光る1セントコイン1万枚の山をとって、茶封筒に入った100枚の1000ドル札を捨てるかもしれません(10ドルと10万ドル)。たとえばそれが、レベルがちがうことの意味です。お金に関して大人はそのような間違いをすることがなくても、神の恵みに関しては、「皆」が間違ってしまうのです。
 

第五は、罪に関して第四の警告をあてはめることです。生活が変わることにではなく、いまの自分が変わることではなく、最終的に罪があなたを地獄に落とすことに不安を抱くなら幸いです。まむしの卵をふところに入れたままにしておくとどうなるでしょう。あなたが卵をふところで暖めている間に、やがてその卵が孵り生長したまむしはあなたの胸を噛まないでしょうか。小さな石ころでも靴の中に入れたまま旅を続けるなら、あなたの旅は苦痛だらけで台無しにならないでしょうか。
罪とは殺人や強盗だけではありません。人を憎むこと、ねたむこと、怒ること、うそをつくことも罪です。それだけではありません、それらはしてはならない積極的な罪のリストのほんの一部にすぎませんから。積極的で行動的な人は積極的に罪をおかすことが多いでしょう。しかし消極的な人は、罪をおかすことが少ないのではありません。するべきことをしないという消極的な罪があることを知らなければならないからです。じっと座っているだけでも多くの罪をおかしているかもしれないと考えるべきです。自分を愛するように、あなたの隣人を愛していますか。
価値にはレベルの違いがあるということを理解しなかった者は、「そんなうるさいことを言わなくてもいいじゃないか。」「みんな同じじゃないですか」、と言われるかもしれません。しかし皆が同じであることは、それでよいという保障にはなりません。「エルサレムの人々も皆、同様であった」のです。
 
金貨
第六は、神は私たちから何かを取り上げるだけでなく、何かを与えると知ることです。クリスチャンになれば、あれもできなくなる、これもできなくなる、と心配されるでしょうか。神の子であるクリスチャンは確かに放棄しなければならない多くのことがあるでしょう。神はあることを止めなさいと言われるでしょう。人間の親でさえそうであるように、神は何でも「よしよし」とゆるされるのではありません。
神は1セント銅貨を取り上げて、金貨を与えるのです。その価値が分かるなら、100枚の銅貨と1枚の金貨を取り替えることは苦痛ではありません。ドンちゃん騒ぎのクリスマスは取り上げられるかもしれませんが、神がくださった独り子を賛美する、真のクリスマスを与えてくださるでしょう。私たちの罪を背負って、身代わりとなって死ぬために生まれてくださった神の御子を、心から感謝する人生が与えられるでしょう。
神からのクリスマス・プレゼントは罪のゆるしだけではありません。一度だけ罪がゆるされるというのではなく、罪の力と支配から解放され、キリストに似る者とされるのです。自己中心の自分から日々解放されていくのです。これ以上の楽しみはないと私は思います。真の宗教は人生から楽しみを減らしてしかめ面をさせるためにあるのではなく、本当の楽しみを増し加えるためです。自分が変えられていくことをもう恐れなくてもよいのです。ヘロデの支配は、「わたしも行って拝もう」と言いながらその子を殺すためであったように、権力、残酷、あざむき、ねたみ、恐怖による支配でした。しかし神の支配は、神の恵みと愛による支配です。私たちはヘロデの言葉は信用できませんが、このお方の言葉に信頼してよいのです。私たちは間違いなくすばらしく変えられていくからです。
 
時間と永遠
第七は第六と同じです。ただ時間的な視点を加えたにすぎません。ヘロデ王、エルサレムの人々、祭司長、律法学者は、時間の中で考えていました。王座、職業、収入、商売、年金、退職金などが彼らの関心事のほとんどすべてです。明日も今日と同じように王座に座り、明日も同じように商売ができることだけを考えていたのです。王座には数年後に別の人物が座ることを知らないで。
現代ほど価値観がめまぐるしく変化し進歩する時代は、これまでの歴史の中ではありません。最新のコンピューターは半年後には旧型になっているでしょう。そのような中でも人はみな保守的であるのです。人間の基本的な傾向はいつの時代にも、そして現代も変わりがありませんから。「エルサレムの人々も皆、同様であった」ように。一部の人が新しいものを開発し、大部分の人々はそれに遅れまいとして必死になるでしょう。時代の平均的な価値から遅れをとってはならないと思うからです。周りの人と同じようであろうとするのです。
そのような動きのなかで、立ち止まることの方がむしろ難しいのです。女子高生がみなと同じ服装をしないことは、それほど易しいことではないのです。外側が次々と変化していく中で、そうしないことは私たちの心が変化しなければできません。
東方の博士たちが幼子のキリストの前に投げ出したのは、黄金、乳香、もつ薬という三つのプレゼンだけではありません。彼らはこれまで持っていた、すべての価値観を幼子の前に投げ出したのです。彼らの国の王や神ではなく、霊的な王を選択したのです。
永遠と時間は、レベルが違う最大のものです。1セントと100万ドルよりも大きな開きがあるのです。過ぎ去ってしまう束の間の価値と、永遠に変わらない天からのプレゼントの価値を、計算間違いすることがありませんように。最高に良いニュースを、悪いニュースを思われないよう、心からお祈りいたします。不安を感じるニュースは必ずしも悪いニュースではない。あなたの人生は、まだ分からない。