「あの石」

 
 
 マルコ福音書16:1~8
 安息日が終わると、マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメは、イエスに油を塗りに行くために香料を買った。そして、週の始めの日の朝ごく早く、日が出るとすぐ墓に行った。彼女たちは、「だれが墓の入り口からあの石を転がしてくれるでしょうか」と話し合っていた。ところが目を上げて見ると、石はすでにわきへ転がしてあった。石は非常に大きかったのである。墓の中に入ると、白い長い衣を着た若者が右手に座っているのが見えたので、婦人たちはひどく驚いた。若者は言った。「驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを捜しているが、あの方は復活なさって、ここにはおられない。ご覧なさい、お納めした場所である。」
 
 
 抜かりなく
 『「だれがあの石を転がしてくれるでしょうか」という婦人たちの言葉は極めて現実的です』というある女性牧師の指摘は適切でありまた重要です。一般的に言って、女性は現実的であり男性は論理的です。どちらが良いかの問題ではなく、互いに補い合うように神に造られているのですが、その違いが互いに非難し合う材料にもなってしまいます。
 十字架で死なれた主イエスの遺体は、アリマタヤのヨセフという隠れ弟子によって墓に葬られました。主イエスを愛していた婦人たちは、十字架で息を引き取られた主の遺体に、早く香料や油を塗らなければならないとあせっていました。遺体にそのような作業をしてから墓におさめるのが通常の順序ですが、緊急事態の中では葬りの作業は十分にできなかったのでしょう。おまけにユダヤ人にとって安息日の土曜日は作業禁止。安息日が明けた日曜日の朝早く、待ち構えていたように婦人たちは主イエスの墓にすっ飛んで行きました。
 15章の最後の部分に記されているように、婦人たちはイエスの遺体がおさめられる墓をちゃんと見届けていたのです。男性たちは恐れをなして、はるか彼方から十字架の様子をうかがっていたのとは対象的です。十字架の前後、弟子たちの中で名前が記されているのは、アリマタヤのヨセフ以外は女性ばかりです。
 
 抜かりあり
悲しみの中にあっても勇敢なのはほとんどが女性でした。しかし緊急事態の中でも遺体を抜かりなく見届けていながら、彼女たちは重要な一つのことをすっかり見落としていました。日曜日の朝、墓に向かう途中でその重大なミスに気がついたのです。
 当時のユダヤ人の墓は、私たち日本人が知っているような墓とは全く違っています。洞穴のような横穴に遺体をおさめ、入り口に大きな丸い石を転がしておくのです。婦人たちが「あの石」と言っているのはその入り口の石のことです。入り口をふさぐとき、複数の男性が「よっこらしょ」と動かすのですが、簡単に石が動かないように溝が刻まれています。従って開けるときは石を持ち上げなければなりませんので、閉じるときよりはるかに大きな力が必要になります。3人の婦人の力ではどうすることもできません。
 
 「だれが」
 キリストは「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」と叫ばれました。「なぜ」と問われたのです。しかしこの説教のテーマは「だれ」です。「だれがあの石を転がしてくれるのでしょうか」という問いです。「その石」は「非常に大きかった」と記されています。
 これは現代人の問でもあります。婦人たちが途方にくれて「だれがあの石を転がしてくれるでしょうか」と話し合っていたように、私たちも「だれが」といつも問うているのではないでしょうか。あなたにとっての大きな石は何でしょうか。
 十分に考えないで墓に突進したものの、途中で大きな石のことを思い出したように、目的に向かっていた私たちも途中で大きな障害に妨げられるのです。この度のウィルス感染のように思いがけない出来事によって、目標が高すぎたため、自分の能力が思っていたほどではなかったため、様々な理由や原因のため、「だれがあの石を転がしてくれるでしょうか」と私たちもしばしば言わなければならないのです。
 
 チャンス
 そのときは大きな祝福を頂くチャンスと考えるべきです。途方にくれていたとき、悲しみのどん底にあったとき、自分たちの限界をはっきりと知らされたとき、そのときにこそ婦人たちは復活のイエスに出会ったからです。あと3日、あと2日、あと12時間、あと1時間、あと10分、あと10秒とカウントダウンをしながら、主イエスの復活を待っていた弟子たちは一人もありませんでした。最終的な希望を失おうとしていた正にそのとき、彼らは栄光の主、勝利の主にお会いしたのです。
 婦人たちは、墓の入り口の大きな石という、現実的で当たり前の問題に行き当たりました。男性軍が研究室や会議室で論理的な壁につきあたり、世界の経済の成り行きを見通すのに失敗している間に、女性たちの多くは、もっと現実的な問題に取り組みそこで様々な壁にぶち当たるのです。
 前述のように、男性の弟子たちが自宅やどこかに隠れている間に、婦人たちは着実に行動していました。アリマタヤのヨセフの後をつけ、墓の場所をつきとめました。婦人たちはも恐れていました。それゆえ彼女たちに対する天使の最初の言葉は、「驚くことはない」であったのです。婦人たちは恐れの中でも、愛するお方のために何が出来るか、何をしなければならないのかを考えていました。そしてその結論は遺体に油を塗るという現実的な作業であったのです。
 
 未完成
 しかしもっと大きな視点から見るとき、婦人たちも男性たちもそれ程大きな違いはありませんでした。彼女たちも復活の主を、死人の場所である墓場に探しにでかけたからです。死んだ主イエスの遺体に会いに出かけたのです。
 天使は少し前まで主の遺体のあった場所を婦人たちに示して言いました。「あなたがたは十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているが、あの方は復活なさって、ここにはおられない。ご覧なさい。お納めした場所である。」危険を顧みず、遺体が納められる場所をつきとめたまではよかったのですが、いない場所に主イエスを捜そうとする大きな間違いをしてしまいました。と言っても、もちろん無理もない話しです。復活は考えられないほどすばらしい出来事であったのです。主イエスがよみがえられたと告げられてもまだ「恐ろしかった」と記されているように。
 マルコ福音書はここで閉じられています。有力な聖書の写本には九節以下はありません。(そのため日本語の聖書は新共同訳も口語訳も、9節以下は括弧で記されています)。他の三つの福音書には続きがあります。イエスの復活の後の出来事や、弟子たちが復活のイエスにお会いした喜びの様子などが描かれ、福音書はめでたしめでたしと結ばれます。ところがマルコの福音書は、「恐ろしかったからである」という中途半端な終わり方をしているのです。
 その部分が失われたので、後から補われたという説もあります。でももともとマルコはそこまでしか書かなかったのかもしれません。墓の石に関して女性は現実的であることを指摘した女性牧師は、私たちの信仰と現実の生活によってその後を書き足すべきであると言っています。もちろん文字通り聖書を書き足すという意味ではありません。あなたはあなたの信仰と生活によって、どのように復活の主に応答するでしょうか。失望、落胆、恐れによってでしょうか。感謝、賛美、喜びによってでしょうか。
 
 仕切り
 墓の入り口の石は、死んだ者の住む世界と生きている者の住む世界を分ける仕切りです。しかしほんの少しの間、墓の中と外が逆転しました。キリストが葬られた墓の外の世界は、一時的に宇宙が造られる前のように暗くなり混沌とした世界のように見えました。それもそのはず、宇宙の創造者であるお方が犯罪人として十字架にかけられ、栄光も衣もすべてが剥ぎ取られ、地上の支配者にすぎないローマの総督が、宇宙の支配者を犯罪人として裁いたからです。墓の外は混乱し正に逆転した世界となりました。宇宙の創造者であり支配者であるお方が墓の中の小さな小さなスペースだけの主となり、数十年後には墓に入らなければならないローマの総督が、全世界と全宇宙の支配者であるかのようにふるまっていました。
 実は私たちが生きている世界はいまもそうであるのです。墓の中と外を隔てる大きな石はいまでは存在しません。婦人たちは主イエスが納められる墓を注意深く見届けましたが、今では墓がどこにあったのかもはっきりとしていません。墓の中も外も、この世の原理が支配する世界です。この世に助けと解決を求めても限界があります。墓の中に納められたイエスの遺体に助けを求めるべきでもありません。
婦人たちは自分たちのできる何かを、主イエスのためにしてあげたいという一心で墓に出かけました。よろけながら十字架に向かうイエスに対して「かわいそうに」と同情したヴィア・ドロローサの女たちも似ていました。確かに天地の主は、一時的に人の助けを必要としなければなりませんでしたが、婦人たちが墓に向かってでかけたときはすでにそうではありませんでした。
 
 復活の主にお会いする
受難週をキリストの苦しみを少しでも理解しようとしてすごすのではありません。キリストの苦しみを私たちが苦しむことがないことを理解するためであるからです。もちろん神の子に「かわいそうに」と同情したり、神の子を助けたりするためでもありません。受難週には十字架の苦しみは私の罪のためであったことを覚え、イースターには私の罪に勝利して死から命へとよみがえった復活の主にお会いするのです。でもどのようにして復活の主にお会いするのでしょうか。
消極的に言えば、婦人たちのように「だれが墓の入り口の石を転がしてくれるだろうか」と考えないことです。私たちの本当の問題は、墓の入り口の石ではありません。この問題が解決すれば、これさえうまくいけば、あれがあれば、これがなければ、と思っておられるかもしれません。でも実際は、それが解決しても、また次の問題が出てくるでしょう。おそらくそのときにはまた、これの問題が解決すれば、これさえうまくいけば、と考えているかも知れません。墓の入り口の石を何個動かしても、根本的な解決になりません。
少し積極的にしかしやはりまだ少し消極的に言えば、自分の考えや経験の中にだけ解決を見出そうとしないことによって復活の主にお会いするのです。婦人たちは愛するお方を墓場に捜そうとして出かけました。死んだお方の遺体はお墓の中にあると考えたからです。私たちの最大の問題は、自分の考えや経験の中で答えを見出そうとすることです。2000年前の婦人たちもそうでした。主の体に葬りの油を塗ることばかりを考えていました。それは墓の中の住人には確かに必要であったでしょうが、復活されたお方にはもっとも必要のないことでした。あなたが今、最もしなければならないと考えておられることは、実は最も必要でないことであるのかもしれないのです。
 熱心に真面目に説教を聞くだけではまだ十分ではありません。自分の考えや経験に何かをプラスしようとして説教を聞くならば、基本的には神の恵みの領域ではなく自分の世界に住んでいることに変りがないからです。何か新しいことを試みようとするとき、反対は付き物です。もちろんどんなことにも賛成と反対があってもよいと思います。しかし、それが正しいか正しくないか、それが必要か必要でないか、というような視点からではなく、今までしてきたことと違うことが反対の第一の理由になっていくのです。地球の引力から脱出して宇宙に出るためには、大きなエネルギーが必要です。自然のままではまた地上に戻ってくるでしょう。自分の経験から脱出することはもっと難しいとも思います。天使は復活の主を墓場に捜しに来た婦人たちに言いました。「あの方は復活なさって、ここにはおられない。御覧なさい。お納めした場所である」と。本当の答えは、いま捜しているところには無いかもしれない、といつも考えるべきです。
 最後に積極的に言えば、聖書の言葉に積極的に従うことによってです。自分の考えに何かを加え、聖書の気に入ったところをつまみ食いをするプラスアルファーの宗教には、ちょっぴりの祝福しかありません。1週間後の日曜日にはもう完全に散ってしまっているであろう桜のようです。いま私たちが復活の主にお会いできるのは、主に聖書と御言葉の説教を通してです。その御言葉を実行していくとき、主イエス・キリストが今も生きておられることを確かに実感するでしょう。自分の経験の中になくても、自分に都合が悪くても、聖書の言葉を生きているお方の言葉として行っていくとき、私たちは復活の主イエスにお会いするのです。
どんなに自分に失望しても、私の罪のために十字架にかかり死と罪に勝利されたキリストを信じましょう。罪のゆるしを自分の気持ちや経験の中に捜そうとするのではなく、神の言葉である聖書の言葉の中に捜してください。そして罪がゆるされたことを堅く信じてください。もしあなたが気に入らないと思っている人があれば、その人の過去やあなたが受けたつらい経験からではなく、「七度を七度するまでゆるしなさい」と言われた主イエスに従ってください。そこに復活の主がおられるからです。