ようこそTotal Netへ・・・今やインターネットが主流になり、最近では通信速度も向上し、 品質も良くなったwifiなどの無線LANも多くの家庭や会社で使用される様になりました。  ・・・Total Net Limited Companyは更に<信頼・品質>の向上をめざし日々努力していきます。これからもよろしくお願いいたします。  LAN・ネット・ビジネスホンのことなら当社へおまかせ下さい・・  

           

  北大阪地域密着 親切 丁寧 小さな事でもご相談ください。

おかげさまで沢山の御依頼いただき少々混み合っており大変ご迷惑をおかけしております。





施工内容

あなたは
累計
人目の
  訪問者です。



~ 無線LANについて ~



無線LANとは、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことで、 ワイヤレスLAN(Wireless LAN)、もしくはそれを略してWLANとも呼ばれています。
現在では、アクセスポイントと呼ばれる中継機器の機能を内蔵したルータなどのいわゆる無線ルーターが主流になり 、無線通信機能を持ったコンピュータなどが相互に接続され、ネットワークを形成することが出来ます。(中継機器を介さずに直接相対に接続して 通信を行う機能を持った製品もあります。)

通信ケーブルを配線しないことが最大のメリットで、会社や戸建て住宅やマンション等で、 配線することが困難な場合や、手軽に持ち運びしながらインターネット・メールなど、 を利用したり、日常的なネットワーク利用に関しては十分な性能がある為、良く利用され大変重宝されています。しかし、デメリットとしては、 無線LANは有線LANに比べ通信速度安定性などで劣ることが挙げられます。

また、有線LANより セキュリティーリスクが大きい為、常に外部からの攻撃・侵入・盗聴・改ざんなどの 危険から身を守る様にセキュリティーの設定を確実にしておきましょう。



~ 無線LAN情報セキュリティ(抜粋)  ~

              

 SSLを利用 
ID・パスワードなどのログイン情報、クレジットカード番号や暗証番号や、のプライバシー(名前や住所、写真、動画など)情報を 入力する際には、「SSLによる暗号化がされていることを確認してから、 送受信しましょう。SSLの確認方法は、URLが「https」で始まっていることや、ブラウザに 「鍵マーク」が表示されているか確認してください。

 ファイル共有機能を解除 
ファイル共有機能が、公共の場や無線LANを利用するときに有効になっていると、他人から パソコンに保存してあるファイルを読み取られたり、コンピュータウイルス などに感染することがあります。
このような危険を回避するには、ファイル共有機能の利用は家庭や職場のLANに接続する場合に限るようにし、 公共の場では必ず解除しましょう。

 適切な暗号化方式を設定 
利用者が気づかないうちに、電波の届く場所から通信内容を盗み見られたり、 ウイルスの配布などに悪用されたりする危険があります。
それを防ぐためには 、無線LANのを設置するときに、WPA(Wi-Fi Protected Access)やWPA2 といった暗号化方式を必ず設定しましょう。


また、無線LANの情報セキュリティの暗号化方式には、WPA、WPA2、WEPという方式がありますが、そのうちのWEPは 最も古い方式であり現在では容易に解読され易い為、WEPが持つ弱点を補強して更に解読が困難となった 「WPA」や「WPA2による暗号化にて設定するようにしましょう。



お問い合わせはこちらまで