ようこそTotal Netへ・・・今やインターネットが主流になり、LAN配線は必ず必要になります。 無線と違って通信速度や品質も良く、多くの家庭や会社で利用されています。 ・・・Total Net Limited Companyは更に <信頼・品質>の向上をめざし日々努力していきます。これからもよろしくお願いいたします。  LAN配線・ネット・ビジネスホンのことなら当社へおまかせ下さい・・ 

           

  北大阪地域密着 親切 丁寧 小さな事でもご相談ください。

おかげさまで沢山の御依頼いただき少々混み合っており大変ご迷惑をおかけしております。





施工内容

あなたは
累計
人目の
  訪問者です。



~ LANの配線について ~


UTPケーブルでネットワークを構成する際の最大長
10BASE-T(IEEE802.3)では
ハブ~端末間(100m)、ハブ間(100m)
100BASE-TX(IEEE802.3u)は
ハブ~端末間(100m)、ハブ間(5m)
と規格で決められています。(信号の減衰と、遅延の限界値がある為)
また、リピータハブに対して段数の制限として
10BASE-T(IEEE802.3)では4個
100BASE-TX(IEEE802.3u)では段数の制限は2個までとなっています。(スイッチング ハブではない)
これらは施工時する際には、各規格制限を超えないようにする必要があります。
よって、100BASE-TX(IEEE802.3u)でのネットワーク構成時の注意点としては 各HUB~HUB間のケーブルは5Mまで、HUB~PC間のケーブルはそれぞれ100Mまでとなり、 規格上、リピータハブは2個までで4個設置しても2個は使用出来なくなります。そうなると会社等で距離のある 他部署や階違いでのネットワーク構成が困難になりそうですが、その場合、スイッチングハブを使用したり、 スタッカブルハブを使用したりします。
また、設置の際にルータ、スイッチングハブ、ハブを使用して構成されるネットワークの場合は、まずルータを設置し 、その次にスイッチングハブ、さらにその子としてハブを接続していきす。スイッチングハブとハブを無造作に 前後して接続したりしてはトラフィック特性上、良くありません。考慮して配置する様にしましょう。



~ ネットワーク機器(抜粋)  ~

              

ルーター ネットワーク環境の構築に必要なハードウェアで、ネットワークのルーティング道案内)を行う機器 のこと
      で、インターネットやイントラネット同士(複数のPCやサーバのつながったネットワーク)をつなぎ、通信を中
      継
するための機器。

 ハブ  多ポートのリピータのことで、信号の増幅や補正を行い、送信された信号は送信元のポートからすべての
      ポートへとそのまま転送
される機器。

スイッチングハブ 多ポートのブリッジと同様の動作原理で、ハブのように、すべてのポートではなく、あて先が 存在
           するポートにのみ信号を伝送
する機器です。複数の送受信ペアが同時に送受信することが可能。





お問い合わせはこちらまで