サラリーマンの自由研究 〜マネー編〜 クレジットカードのしくみ
トップページへ

クレジットカード編
クレジットカードのしくみ
クレジットカードの種類
ポイント還元プログラムの考察
ライフスタイル別おすすめ
百貨店のポイント還元率比較
居酒屋のポイント還元率比較
家電量販店の提携カード(ヨドバシカメラ)
家電量販店の提携カード(ビックカメラ)
家電量販店の提携カード(ヤマダ電機)
携帯電話のお得なカード
スーパーでお得なカード
カーライフでお得なカード
ガソリン代をお得にするカード
汎用的で還元率の良いカード
特定条件で還元率の良いカード
あえて年会費の高いカードを作る

DAIMARUカード
西武クラブオンカード 誕生日にポイントがたまる
そごうミレニアムカード


サラリーマンの自由研究 トップ > クレジットカードのしくみ


社会人なら少なくとも1枚はクレジットカードを持っているかと思いますが、「盗難の危険」とか「多重債務」といったネガティブなイメージをもっている方もいるかもしれません。しかし、賢く使いさえすればメリットをたくさんに受けることができます。
まず、その仕組みはどうなっているのでしょうか。


クレジットカードのしくみ

1.あなたは商品購入をクレジットカードで決済することをお店と取り交わし、その場で現金を払うことなく商品を受け取る。

2.お店は、その場で現金を受け取れないが約1ヶ月後に、クレジットカード会社から商品代金が支払われる

3.クレジットカード会社は約1ヵ月後に、あなたの銀行口座から商品代金を引き落し、手数料として商品代金の3〜5%程度を差引いた後、お店に入金する。



あなたにとってのメリット

1.今、現金が無くても支払いができる
 1回払いの場合は手数料の支払いはゼロ (2回、ボーナス払いもゼロになる場合が多い)。
つまり、向こう1ヶ月以上の期間、
無利子(金利0%)で融資を受けたことと同じ効果があります。

2.クレジットカード会社からポイント還元を受けることができる
 利用額の一定割合(一般的には0.5%程度、1%を超える場合もある)に対し
ポイントか付与され。を商品券等に交換できるサービスが受けられます。
つまり現金で購入するのにくらべて若干の割引を受けることができます。

3.各種保険等の付帯サービスを得られる
 カードによって変わりますが、海外旅行保険など独自のサービスを提供している
場合があります。

4.個人の信用をあらわす身分証明書になる
 クレジット(Credit)という言葉の意味が
「信用」であるように、これを持っていることで社会的信用があるとみなされます。
つまりカードがあることで、あなたは必ず支払いをしてくれる人だと信じてもらえるのです。




あなたにとってのデメリット

1.3回払い以上では高い金利手数料がかかる
 
3回以上の分割払いやリボ払いを利用した場合、年利にして15%程度もの金利手数料がかかります。
さらに、
キャッシングにより現金引出しを利用した場合、出資法の上限29.2%近い金利を支払うことになります。

※1回払い(カードによっては2回、ボーナス払いも対象)には金利手数料はかかりません


2.その場で現金を失わないのでついつい遣いすぎてしまう
 カードでの支払いをするということは、カード会社に代金の立替をしてもらっているのですから実際の銀行引落としが完了するまでは、債務が生じている事を忘れてはいけません。
ついつい遣いすぎてしまう方、現在の債務がどの程度あるか、把握しておく必要があるでしょう。
 一番は、家計簿をつけておくことだと思うのですが、大抵はホームページ上でも確認できますので利用しない手はないでしょう。


まとめ

分割払いやリボ払いを利用しない。これだけで、メリットのみを受けることができる。しかし、使いすぎては元も子もないので、自己管理が大切です。





サラリーマンの自由研究 トップ > クレジットカードのしくみ