サラリーマンの自由研究 〜マネー編〜 ポイント還元プログラムの考察
トップページへ

クレジットカード編
クレジットカードのしくみ
クレジットカードの種類
ポイント還元プログラムの考察
ライフスタイル別おすすめ
百貨店のポイント還元率比較
居酒屋のポイント還元率比較
家電量販店の提携カード(ヨドバシカメラ)
家電量販店の提携カード(ビックカメラ)
家電量販店の提携カード(ヤマダ電機)
携帯電話のお得なカード
スーパーでお得なカード
カーライフでお得なカード
ガソリン代をお得にするカード
汎用的で還元率の良いカード
特定条件で還元率の良いカード
あえて年会費の高いカードを作る

DAIMARUカード
西武クラブオンカード 誕生日にポイントがたまる
そごうミレニアムカード


サラリーマンの自由研究 トップ > ポイント還元プログラムの考察


クレジットカードのポイント還元システムを考える

クレジットカードの
ポイント還元率の平均はだいたい0.5%ぐらいです。
100万円使っても、5,000円の還元にしかならないってことですよね。うーん、正直ツライです。 もっとオトクな手はないのでしょうか?


デパートやショッピングモール等で発行されている、いわゆる
「ハウスカード」や「提携カード」だとどうでしょう。
このようなカードは店舗でのカード利用に限り高いポイント還元サービスが付いてきます。

私がよく利用している横浜みなとみらいのショッピングモール「ランドマークプラザ」の「ランドマークプラザクラブカード」では
ポイント還元率が5%(商品券による還元)にもなります。100万円使った場合5万円の還元にもなります。



10倍ものポイント還元率になりますがしかし、ここで注意するべき点があります。

@5%の還元はそのショッピングモール内でしか有効でない。

他のお店では還元率が0.5%に戻ります。他のお店で買えば5%以上の割引で
同じ物が買えてしまうような場合は、せっかくの還元率も無意味です。


A年会費がかかる。

このカードの年会費は1,312円です(初年度無料)。また商品券との交換は
2,000円単位です。
少なくとも年間4万円以上の買い物をする予定がないと意味がありません。そのショッピングモール内での継続的な買い物が必要なのです。


年会費無料の一般的なカードと違い、その大きなメリットを享受するハードルは結構高いとは思います。しかし、自分のライフスタイルと条件が一致すれば「ハウスカード」「提携カード」は非常に有効なカードと考えられます。



ポイント最大化の戦略


ライフスタイルに合わせてカードを複数持つほうが、汎用的なカード1枚に買い物を集中させるよりより、トータルでより多くのメリットが得られる場合があるのではないでしょうか。

もちろん、どんなに良いメリットを持つカードでも、かならずデメリット(条件)が存在するので、両者を天秤かけ判断する必要があります。


条件を式にするとこんな感じでしょうか。

 メリット − デメリット = α

      


(年消費額の平均 × ポイント還元率) + その他付帯得点の年当り取得額 − 年会費 = α



α(正味のメリット)を最大にするのが目的です。





例えばカードを2枚所有した場合、

(カードAの年消費額の平均 × カードAのポイント還元率)

 
+ カードAのその他付帯得点の年当り取得額 
 
− カードA年会費 = α1

(カードBの年消費額の平均 × カードBのポイント還元率)

 
+ カードBのその他付帯得点の年当り取得額 
 
− カードB年会費 = α2

α1+α2が、カード1枚に集中場合のαより大きくなるのであれば、1枚に集中しておく必要は無いでしょう。利益が最大になるモデルを探すには、
自分のライフスタイルに合わせることが重要です。

ライフスタイルといっても、何をカードで買っているのか分からない場合はカード利用明細を探してみましょう。残っていればラッキーです。クレジット会社によってはネットで確認できるところもあります。

なければ、改めて保管し振り返ってみましょう。3ヶ月分もあれば傾向が十分つかめて
くるかと思います。もっと詳しく把握したいのであれば、
家計簿をつけることをオススメします。




サラリーマンの自由研究 トップ > ポイント還元プログラムの考察