サラリーマンの自由研究 〜マネー編〜 携帯電話のお得なカード
トップページへ

クレジットカード編
クレジットカードのしくみ
クレジットカードの種類
ポイント還元プログラムの考察
ライフスタイル別おすすめ
百貨店のポイント還元率比較
居酒屋のポイント還元率比較
家電量販店の提携カード(ヨドバシカメラ)
家電量販店の提携カード(ビックカメラ)
家電量販店の提携カード(ヤマダ電機)
携帯電話のお得なカード
スーパーでお得なカード
カーライフでお得なカード
ガソリン代をお得にするカード
汎用的で還元率の良いカード
特定条件で還元率の良いカード
あえて年会費の高いカードを作る

西武クラブオンカード 誕生日にポイントがたまる
そごうミレニアムカード


  


  


  
サラリーマンの自由研究 トップ > 携帯電話のお得なカード
 NICSOケータイ、K-Powerカード、ドコモカード、NTTグループカードの紹介


           携帯電話利用にお得なクレジットカード


カード名 NTTグループカード       
カード会社/
 国際ブランド
NTTファイナンス/VISA
年会費 永年無料
ポイント還元内容 次のいずれかを選択
 @おまとめキャッシュバックコース
 Aポイント・プレゼントコース

ポイント付与基準
@おまとめキャッシュバックコース
 月額利用料に応じて、以下の通信料金がキャッシュバック

キャッシュバック対象の通信料
 ・NTTドコモのXiサービス、FOMAサービス、パケット通信サービス、
  衛星電話サービス(船舶電話を除く)

 ・NTT東日本・NTT西日本の加入電話、フレッツ・サービス、
  ひかり電話等の基本料、通話・通信料等
 ・NTTコミュニケーションズのOCNご利用代金、
  NTTコミュニケーションズご利用分の電話料金
  (県間・国際通話料金)等
 ・NTT-MEのプロバイダー(WAKWAK)料金等
 ・NTTぷららのプロバイダー(ぷらら)料金、ひかりTV料金等
 ・@niftyのプロバイダー料金等
 ・BIGLOBEのプロバイダー料金等
 
 ただし、キャッシュバック対象通信料の上限は15,000円まで


月額利用料とキャッシュバック率のテーブル

  月額利用料    キャッシュバック率  実質還元率
    2万円未満        0%       0%
    2万円〜        1.5%     〜1.125%
    4万円〜        3.0%     〜1.125%
    6万円〜        4.5%     〜1.125%
    8万円〜        6.0%     〜1.125%
   10万円〜        8.0%     〜1.200%
   20万円〜       18.0%     〜1.350%
   30万円〜       28.0%     〜1.400%
   40万円〜       38.0%     〜1.425%
   50万円〜       50.0%     〜1.500%
   60万円〜       60.0%     〜1.500.%

例えば:カードの月額利用料が10万円、通話料ちょうどキャッシュバック上限の15,000円とすると、キャッシュバック率は8%=1,200円。
よって、還元率=1,200÷100,000=0.012→1.2%
カード月額利用料が10万円の場合、還元率は最大で1.2%ということになります。

@ポイント・プレゼントコース
カード利用額1,000円=10P(NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズの利用額の場合は200円=2p)として、貯まったポイントを商品やギフトカード等と交換。

交換例:
  5000ポイント→Amazonギフト券2500円分
  6000ポイント→図書カード3000円分
  6000ポイント→クオカード3000円分
  11000ポイント→VISAギフトカード6000円分

  →還元率はおよそ0.5%


その他サービス ・出光キャッシュバックシステム
 出光サービスステーションでガソリン代が2円/L〜最大40円/Lまで
 キャッシュバック

 月額利用金額1万円毎に1ポイントとし、ガソリン・軽油の割引単価が
 以下のように決まります。

 1リットル当たりの還元単価
   ガソリン :  ポイント数 × 2円
   軽油   :  ポイント数 × 1円

   ※月額利用1,000円〜10,000円までは一律1ポイントとする
     10,000円以上の場合、ポイントは小数点第2位以下切捨て
   ※最大20ポイントまで

還元率 おまとめキャッシュバックコース
  0〜1.5%程度
ポイントプレゼント
  0.5%程度

コメント NTTグループカードの魅力は、NTTドコモの携帯電話料金や固定電話料金およびインターネットプロバイダーの通信料キャッシュバックだけでなく、出光のガソリン代が2円/L〜最大40円/Lものキャッシュバックを受けられる、特典豊富なカードです。




カード名 Jiyu!da!カード
カード会社/
 国際ブランド
OMCカード/VISA、/Master  ※リボルビングカード
年会費 永年無料
ポイント付与基準 OMCカードのわくわくポイント:
 ・カード利用金額200円毎に1ポイント
 ・携帯電話通話料金の支払いと、海外でのショッピングはポイント3倍
 ・毎月1日と第一日曜日はダイエー系店舗にてポイント4倍


ダイエーポイントカードのポイント:
  累積500ポイントで500円相当のダイエー商品券(ハートポイント導入店なら
  レジにてその場で割引)と交換
ポイント有効期限 2年
ポイント還元方法 OMCカードのわくわくポイント:
 ダイエーグループ商品券、OMC-JCBギフトカード、図書カード、
 日本旅行ギフト旅行券、おこめ券、音楽ギフト券などと交換

  例:
  1,000ポイント  → 図書カード1,000円
交換レート OMCカードのわくわくポイント:
 1ポイント=1円相当
還元率 ・OMCカードのポイント0.5%(携帯電話利用料金に対しては1.5%)
・ダイエーポイントカード部分0.5%
 
割引サービス 毎月第2・第4日曜日、以下のダイエー系列店にて
カード利用の場合
5%オフ
コメント ダイエー用ポイントカード機能が付くにOMCカードの中でも
リボ専用タイプのカードです。。
携帯電話料金に対しては通常の3倍ポイントが付与されます。
(還元率1.5%相当)。
他のOMCカードと比べてもJiyu!da!カードの方が
年会費無料でポイント還元条件も良いのが魅力です。

このカードはリボ専用カードですが毎月の支払額を自由に設定可能なので
クレジットカードのショッピング枠いっぱいまで支払額を設定としておけば、
実質1回払いと同様になり金利手数料が発生しなくなります。

カード申込時、月々の支払金額は5,000円、10,000円、20,000円の3コースまで
しか指定できませんが、OMC Plusの「リボコース変更・一部増額受付」にて
5,000円刻みで最大10万円まで簡単に変更することができます。
10万を越える額はOMCサービスセンターに電話して変更可能です
(最大100万まで)



特徴
・OMCカードのリボ専用カードである
・初回支払日まではリボ金利は発生しない。
・支払額を最大100万円までネット・電話を通じて自由に設定可能
 よってショッピング一杯まで支払額を上げることで実質1回払いと
 同じになりリボ金利を払わなくてすむ。
・ネットで変更可能な支払額は最高10万円まで、それ以上の場合は
 電話にて手続きする必要がある。
・コンビニ払い可能
 手数料: 
  1円〜9,999円    63円 
  1万円〜29,999円 105円 
  3万円以上     315円 

・Edyへのチャージも可能。OMCわくわくポイントも付与される。



ダイエー関連参考賢いダイエーの歩き方 


カード名 SoftBankCard(ソフトバンクカード)
カード会社/
 国際ブランド
セゾン/VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
ポイント有効期限 1年(ポイントを獲得するたびに期限が1年延長される)
ポイント付与基準 100円あたり1ポイント(SoftBankマネー) 
交換レート 1ポイント(SoftBankマネー=1円相当
その他サービス ケータイ安全補償
 ソフトバンク携帯電話が紛失・盗難・火災、および水濡れ・全損による
 修理不能な状態となり、継続して利用できなくなった場合に、
 10,000円を限度に同一機種の購入費用の一部をサポートします
 購入から2年以内のソフトバンク携帯電話を対象とし、家族分も含め
 複数台の持っている場合も補償の対象となります
還元方法 @キャッシュバック
 2,000ポイント以上1,000ポイント単位で1ポイント=1円換算で
 SoftBankカードの支払いに充当します。
 但し手数料として換金分の3%分のポイントが別途必要になります
A商品との交換
Bソフトバンクマイレージへの交換
 ソフトバンク携帯電話の購入に利用できるソフトバンクマイレージに
 100ポイントから100ポイント(ソフトバンクマイレージ)に交換できます
還元率 1%
コメント SoftBank携帯の利用料金をSoftBankCardで支払うことで、通常2%還元のソフトバンクマイレージにプラスしてSoftBankマネーからのポイント移行により1%分
ポイントUPします。
それ以外にもキャッシュバックや商品との交換にも使えるため、ポイント自体の
利用価値が高いところが魅力です


カード名 auじぶんcard
カード会社/
 国際ブランド
VISA、Master、JCB/三菱UFJニコス、トヨタファイナンス、クレディセゾン、JCB
年会費 420円(初年度無料)
 
 ※KDDI利用料金の支払をauじぶんcardで登録した場合は翌年無料
ポイント有効期限 なし
ポイント付与基準 100円あたり2ポイント(じぶんポイント) 
交換レート 1ポイント=1円相当
その他サービス
還元方法 auケータイ料金の支払いじぶんポイント1p=1円として使える
じぶん銀行にポイント1p=1円としてキャッシュバックできる
auポイントに移行することも可能、じぶんポイント1P→auポイント1P
還元率 2%
コメント au料金をauじぶんcardで支払うことで得たじぶんポイントをauポイントに移行すると、通常auの利用代金に対する2%のauポイント還元に加え、じぶんポイントもたまるのでプラス2%auポイントが追加でたまる。


カード名 DCMX
カード会社/
 国際ブランド
NTTドコモ/VISA
年会費 1,312(初年度無料)
 
※2年目以降も年間1回でも利用すれば無料
ポイント有効期限 2年
(付与時から2年間)
ポイント付与基準 100円につき1ポイント(ドコモポイント)。
携帯電話利用に対して3ポイント〜6ポイント
(ドコモプレミアクラブのポイント2%〜5%還元に加えてDCMX利用の1%還元)
 
交換レート 1ポイント=1円相当
その他サービス -
還元方法 ドコモの携帯電話の機種変更・付属品購入の代金を100ポイント=100円で割引。その他JAL、ANAのマイレージへの交換も可能
還元率 1%
コメント ドコモの利用代金の決済で使うことを前提に考えれば、実質的には年会費無料のカード。ドコモカード同様にポイント付与率が1%アップするのが魅力。

FOMAのおサイフケータイを電子マネー「iD」として利用するための紐付けカードという役割も担います。




終了したカードたち

カード名 NICOSケータイカード→新規募集終了
カード会社/
 国際ブランド
UFJニコス/VISA
年会費 1,575円(初年度無料)
ポイント有効期限 1年
ポイント付与基準 基本料金を含む携帯電話の通信料(※1)の支払い100円対して2ポイント。
その他の支払いには1ポイント


※1:DoCoMo、au、vodafon、ツーカー、ウィルコム、アステル
交換レート 1ポイント=1円
割引サービス なし
還元方法 キャッシュバック
年間累計ポイントを1P=1円で換算して、指定の引落口座に振込み。
ただし、年間獲得ポイントが3,000ポイント以上が条件
還元率 1%〜2%
コメント 携帯電話の使用料が年間15万(月額平均12,500円)以上であれば、
実質2%の割引(年会費分を考慮すると2%を下回る)を受けたことになります。


カード名 K-Powerカード  →新規募集終了
カード会社/
 国際ブランド
UFJ/VISA、UFJ/Master
年会費 1,575円(初年度無料)
ポイント付与基準  月額利用料に応じて、携帯電話・PHS(※1)料金を
 最大50%キャッシュバック。
 キャッシュバック対象となる携帯・PHS利用料金は1万円まで
 
 キャッシュバック率のテーブルは

    月額利用料    キャッシュバック率    実質還元率
       3万円未満       0%          0%
       3万円〜       10%          〜3.3%
       5万円〜       15%          〜3%
      10万円〜       20%          〜2%
      15万円〜       30%          〜2%
      20万円〜       40%          〜2%
      25万円〜       50%          〜2%
       
※1: 携帯 DoCoMo、vodafon、au、ツーカー
     PHS ウィルコム、アステル
割引サービス なし
還元方法 携帯・PHS利用料金(最大1万円まで)をクレジットカード利用料金に応じて
キャッシュバック
還元率 0%〜3.3%
コメント 条件次第ですが、還元率が非常に良いカードです。
月々の利用額が3万円を超え、携帯利用料金がおおよそ5千円程度を超えていれば、平均的なカード以上の恩恵を受けられます。

カード名 KDDI THE CARD JCB ※2009年4月をもってau自分cardへ移行
カード会社/
 国際ブランド
JCB/JCB
年会費 1,312円(初年度無料)
 
 ※KDDIサービス利用料金の支払をKDDI THE CARDで登録した場合は翌年無料
ポイント有効期限 なし
ポイント付与基準 100円あたり1ポイント(KDDIマネー) 
交換レート 1ポイント=1円相当
その他サービス
還元方法 auやKDDIの支払にKDDIマネー1p=1円として使える
auポイントに移行することも可能で、KDDIマネー1P→auポイント1P
還元率 1%
コメント au料金をKDDI THE CARDで支払うことで得たKDDIマネーをauポイントに移行すると、通常auの利用代金に対する2%のauポイント還元に加え、KDDIマネーもたまるのでプラス1%auポイントが追加でたまる。
よってau料金に対しで、KDDITHECARDで支払を行うとauポイントが1.5倍たまることになる。

カード名 Docomo JCBカード   ※2007年9月を以って終了
カード会社/
 国際ブランド
JCB/JCB
年会費 永年無料
 
 ※ドコモ携帯電話の利用料金の支払をドコモカードで登録した場合に適用
ポイント有効期限 最長3年
(取得した年度の翌々年度末。年度とは4月から翌年3月末までの1年間)
ポイント付与基準 ドコモプレミアクラブのポイントが
携帯電話利用100円に対して3ポイント〜5ポイント
その他の支払には1ポイント 
交換レート 1ポイント=1円相当
その他サービス ドコモプレミアクラブのステージが自動的に昇格し、ファーストステージ100円=2ポイントが、セカンドステージ100円=3ポイントになる。

なお、ドコモプレミアクラブのステージは通常、年間(前年1月〜12月)の
獲得ポイントより決まり、以下のようにランキングされます。
 ・ プレミアステージ (年間:2,500P以上)
 ・ 3rdステージ (年間:1,500P以上2,500P未満)
 ・ 2ndステージ (年間:1,000P以上1,500P未満)
 ・ 1stステージ (年間:1,000P未満)

各ステージでのポイント付与条件
 ・ プレミアステージ (100円につき5ポイント)
 ・ 3rdステージ (100円につき4ポイント)
 ・ 2ndステージ (100円につき3ポイント)
 ・ 1stステージ (100円につき2ポイント)


還元方法 ドコモの携帯電話の機種変更・付属品購入の代金を100ポイント=100円で割引。その他JAL、ANAのマイレージへの交換も可能(ただし交換率は悪い)
還元率 1%
コメント 年会費無料のカードを選べば、何の対価もなくポイント付与率がアップするのが魅力。
定期的な機種変更時の助けになります。



サラリーマンの自由研究 トップ > 携帯電話のお得なカード
 NICSOケータイ、K-Powerカード、ドコモカード、NTTグループカードの紹介