サラリーマンの自由研究 〜マネー編〜 銀行振込手数料比較
トップページへ

サラリーマン的節約
サラリーマン的節約の戦略
固定費と変動費の節約
目標の貯金額・貯蓄額はいくらか
定期券代の節約
銀行振込手数料の比較
携帯電話料金の節約
家から携帯電話にかける節約
外食は割引で(クーポン)
外食は割引で(キャッシュバック)
外食は割引で(ポイント還元)
外食は割引で(モニター謝礼)
外食は割引で(お食事券)
外食は割引で(試食会.jp)
サンプル百貨店「ちょっプル」で新商品をお得に試せる
払い方を変えれば節約
払い方を変えれば節約(Edy)
本を安く買う方法
オンライン書店ポイント還元比較

振込み手数料無料の銀行
ATM引出し手数料無料の銀行
2週間満期預金とは

大和ネクスト銀行の振込手数料
銀行の使い勝手ランキング









サラリーマンの自由研究 トップ > 銀行振込手数料の比較(無料の銀行)

都市銀行およびネットバンクを中心とした銀行振込手数料一覧
(特に振込み手数料の安い銀行に特化):

銀行振込手数料比較
※2014年4月1日・消費税8%増税後の改定後手数料

手数料無料の条件が簡単、
  使い勝手が良い
本支店宛
振込手数料
他行宛
振込手数料
3万円未満 3万円以上 3万円未満 3万円以上
新生銀行
★★
ATM現金
ATMカード
インターネット   無料 無料 ※1無料
308
※1無料
308
住信SBIネット銀行
★★★
ATM現金
ATMカード
インターネット 無料
無料
※2無料
154
※2無料
154
楽天銀行
ATM現金
ATMカード
インターネット 0 0 ※4無料
165
※4無料
258
ソニー銀行 ATM現金
ATMカード
インターネット 0 0 216
月1回無料
216
月1回無料
スルガ銀行
ANA支店
ATM現金 108 324 432 648
ATMカード 0 0 432 648
インターネット 0 0 ※5 324
216
※5 432
216
ジャパンネット銀行 ATM現金
ATMカード
インターネット ※6   0
54
※6   0
54
※6 無料
172
※6 無料
270
三菱東京UFJ
銀行
ATM現金 216 432 432 648
ATMカード ※7   0
108
※7   0
216
270 432
インターネット ※7   0 ※7   0 216 324
みずほ銀行 ATM現金 108 324 432 648
ATMカード 108 216 216 432
インターネット 108 216 216 432
三井住友銀行 ATM現金 216 432 432 648
ATMカード 108 108 216 432
インターネット 108 108 216 432
イオン銀行 ATM現金 216 432 432 648
ATMカード 0 0 216 216
インターネット 0 0 216 216
セブン銀行 ATM現金
ATMカード 54 54 216 216
インターネット 54 54 216 216
東京スター銀行 ATM現金
ATMカード 108 324 216 432
インターネット 0 0 324 324
りそな銀行 ATM現金 300 300 600 600
ATMカード 100 100 400 400
インターネット 0 0 ※8  100 ※8  100
新銀行東京
 
ATM現金
ATMカード 0 0 216 216
インターネット 0 0 ※9 無料
216
※9無料
216
オリックス銀行  ATM現金
ATMカード
インターネット 0 0 ※10 無料
432
※10 無料
432
三井住友
信託銀行
ATM現金 108 324 324 648
ATMカード 0 0 216 432
インターネット 0 0 ※11無料
161
※11無料
216
大和ネクスト銀行 ATM現金
ATMカード
インターネット   無料 無料 ※12無料
216
※12無料
216
野村信託銀行 ATM現金
ATMカード
インターネット ※13無料
216
※13無料
216
じぶん銀行 ATM現金
ATMカード
インターネット   無料 無料 ※16
一部無料
174
※16
一部無料
278
シティバンク ATM現金 0 0 432 432
ATMカード 0 0 432 432
インターネット 0 0 ※14無料
165
267
※14無料
165
267
本支店宛
振込手数料
他行宛
振込手数料
5万円未満 5万円以上 5万円未満 5万円以上
ゆうちょ銀行 ATM現金 80 290
ATMカード 0 0 216 432
インターネット ※15 0
113
0
113
216 432

※以下コメントも、2014年4月1日からの消費税増税に伴う手数料改定を反映しています。

新生銀行 ★★
必ず月1回までは振込手数料が無料。
残高・利用サービスによって月5回、月10回まで無料の回数が増える。(月5回無料までの条件は容易
無料回数を超える場合は108〜308円/件。

無料回数月5回の条件
(5回を超える場合は206円) 「新生ゴールド」:
円普通預金・パワー預金の月間平均残高が100万以上、または預入れ総資産が200万以上、または投信・仕組預金・外貨預金等の金融商品残高が30万以上、または新生銀行スマートカードローンの借り入れが月間平均残高100万以上

無料回数月10回の条件
(10回を超える場合は103円) 「新生プラチナ」:
預入れ総資産が2,000万以上 または投信・仕組預金・外貨預金等の金融商品残高が300万以上 または新生銀行の住宅ローン(パワースマート住宅ローン)利用

上のいずれにも当てはまらない場合 「新生スタンダード」:
月1回まで振込手数料が無料(1回を超える場合は308円)。



ATMでの現金引出しについて
ゆうちょ銀行・セブン銀行・都市銀行等すべての提携ATMでの利用手数料が無料(時間外料金も発生しない)。
→コンビニ銀行などで、時間気にせず好きな時にいつでも現金引き出しができるのがメリット。メガバンクのATMで現金引き出しの為だけに並ぶなんて事は無くなります。




2 住信SBIネット銀行:  ★★★
特に条件なしで月3回まで振込手数料が無料、3回以降は154円/件。

ATMでの現金引出しについて
セブン銀行は
無料、ゆうちょ銀行・ローソンATM・イーネットは月5回まで無料。



3 セブン銀行
セブン銀行内・他行あての振込みで、10ポイント/件のnanacoポイントが貯まる、ポイントサービスがある。なお1nanacoポイントあたり1円相当。



4 楽天銀行 (旧イーバンク)
給与振込または年金受取口座に指定することで、他行への振込手数料が月3回まで無料。使わなかった無料回数は2回まで次月に繰り越し最大5回まで無料となる回数を保有することができる。



5 スルガ銀行:
次のいずれかの条件を満たすと216円
・前々月の預金平均残高が50万円以上
・前々月末時点で融資残高がある
・ANA「ダイヤモンドサービス」、「プラチナサービス」、「ブロンズサービス」メンバー(スルガ銀行ANA支店の場合)

6 ジャパンネット銀行 
前月中の預金平均残高(定期預金含む)が3,000万円以上の場合、月5回まで無料

7 三菱東京UFJ
2006/5/22より個人客に限り、ATM・ダイレクトでの三菱東京UFJ・三菱UFJ信託の本支店間振込手数料が無料

8 りそな銀行
インターネットからの場合は一律100円、なお、セカンドステージ以上で、インターネット(りそなダイレクト)・テレフォンバンキングの振込手数料が100円キャッシュバックされるサービスは08/4/30にて終了

9 新銀行東京
前月末の預金(普通預金・決済用預金・定期預金)残高が100万円以上の場合、月5回まで振込手数料が無料、6回以降は216円。

10 オリックス銀行(eダイレクト預金):
月2回まで無料、3回以降は432円/件。

11 三井住友信託銀行(旧・住友信託銀行):
通帳無しの総合口座「ユアパートナー」の場合、預り資産が100万円以上の場合月5回まで振込手数料が無料

※三井住友信託銀行は2012年4月1日に旧「住友信託銀行」「中央三井信託銀行」「中央三井アセット信託銀行」の合併により発足
旧3行の基幹システムが統合されていないため、ユアパートナーは旧住友信託銀行の店舗のみ扱っている。

12 大和ネクスト銀行
特に条件なしで月3回まで他行・他人名義への振込手数料が無料、3回以降は216円/件。
本人名義宛てであれば、他行であっても振込手数料は回数制限なく無料。但しキャッシュカードは発行されず出金・入金方は大和証券の証券口座からの振込みか、他の金融機関からの振込みが必要となり、通常の銀行と比べると特殊。

13 野村信託銀行(野村ホームバンキング)
野村ホームバンキング(インターネットバンキングサービス)の場合は、月30回まで無料(楽天銀行宛ては月2回まで)。野村証券の口座を一緒に開設する必要がある。キャッシュカードは発行されず、出金・入金は野村証券の証券口座からの振込みか、他の金融機関からの振込みが必要となる。

14 シティバンク:
通常は267円/件だが前々月の平均総預かり残高によって変わる。
100万円以上の場合は165円/件。1,000万円以上(シティゴールド)の場合は無料


15 ゆうちょ銀行:
インターネット(ゆうちょダイレクト)は月五回まで無料。5回以上は113円。なお、ゆうちょ銀行の用語は少々特殊で、送金パターンによって異なります。
・現金→ゆうちょ銀行の口座 :通常払込み
・ゆうちょ銀行の口座→ゆうちょ銀行の口座 :電信振替
・ゆうちょ銀行の口座→他の金融機関の口座 :振込

16 じぶん銀行 
じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同で出資しているネット銀行。
行内の本支店および三菱東京UFJ銀行宛ての振込みは一律無料。






コメント
 一般的な都市銀行・メガバンクと比べて、新生(旧長銀)りそな(旧あさひ・大和)、そして住信SBIネット銀行・イーバンク・ソニー銀行は、インターネットバンキングに特化し戦略的に振込手数料を安く設定しているように伺えます。
特に注目するのは住信SBIネット銀行です。月3回までという限りはありますが、他行宛ての振込手数料が無条件で無料ということです。

また、新生銀行は無条件での振り込み手数料無料は月1回ですが、最大10回まで預かり資産によって増やすことが可能。新生銀行は定期預金の利率が良く、トータルで使い勝手のよい銀行といえます。

 定期預金の比較



オススメの銀行

住信SBIネット銀行
残高によらず無条件で月3回まで振込手数料が無料、3回以降は150円/件。

新生銀行
無条件で月1回まで振込み手数料が無料、預かり資産により最大10回まで無料。とりあえず100万円預けていれば月5回まで無料。定期預金の金利がよい




下は、私の家計簿の2003年における家賃の欄(一部)です。
当時は、月末になると毎回銀行のATMに出向いて他行宛ての振込で入金していました。1年集計して気づいたのですが、銀行の振込手数料として毎月420円、1年で5,040円も払ってたのです・・


現在は、新生銀行から家賃振込をするように変更したことで、それまでかかっていた年間5,040円の手数料を節約することが出来ました。



まとめ


インターネットバンキングはサラリーマンには便利な銀行。次ののようなメリットがあります。

会社の昼休みにわざわざ銀行ATMに出向く必要が無い。
振込手数料が銀行ATMを使うのと比べて有利




サラリーマンの自由研究 トップ > 銀行振込手数料の比較(無料の銀行)