年払い・まとめ払いによる節約術


はてなブックマークに追加

年払い・まとめ払いで割引料金になる


保険やNHK受信料などの一度契約すると固定的に発生する支払は、月払いより年払いを選ぶことで割引価格が摘要される場合があります。企業は現金が早く欲しいので、早めにお金を払ってくれる客を優遇してくれます。

NHK地上契約(沖縄を除く全国)


2ヶ月払い 2,520円 ・・・ 年15,120円
 ↓
年払い  13,990円 ・・・ 年間1,130円のお得(7.4%の割引率)


2006年6月よりクレジットカード払いも可能になります(5月より受付開始)。


NHK地上契約(沖縄県)


2ヶ月払い 2,210円 ・・・ 年13,260円
 ↓
年払い  12,555円 ・・・ 年間705円のお得(5.3%の割引率)




生命保険 共済系の掛け捨て保険1,500万円(期間10年)


月払い  3,750円 ・・・ 年45,000円
 ↓
年払い  41,850円 ・・・ 年間 3,150円お得(7%の割引率)


その他にも、地震保険や火災保険も年払いにすると安くなるケースがあります。


国民年金保険料


月払い  16,260円 ・・・ 年195,120円
 ↓
年払い  191,030円 ・・・ 年間 4,090円お得(20%の割引率)



▲ページトップに戻る

口座振替にすると割引


コンビニなど、直接窓口でお金を支払うやり方から、銀行の口座振替に変更するだけで割引になる場合があります。

東京電力の電気料金:

口座振替にすることで月々50円の割引


口座振替手続きの手間を面倒くさがって、毎月集金の人に直接支払ったり、コンビニまで行ったりでは結果的に大いに時間のムダとなってしまいます。払い忘れて延滞料金を課されるかもしれません。
メンドウな事は自動化、しかも割引。口座振替にするメリットは大きいです。

ちなみに電気料金をクレジットカード決済にしてポイントを貯める方法もありますが、この場合は50円の割引が適用されません。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%なので月々10,000円以上電気料金が掛かる家庭でないと50円割引には勝てないので比較する必要があります。



まとめ


固定的な支払は、以下のようなことをすると割引になっていきます

窓口等による直接支払から口座引落に変更する

月払いから、半年払い、年払いに変更する



なお、沖縄のNHK受信料が安い理由は、戦後の沖縄県が本土に返還されるより前にアメリカの無料民間放送が存在していたため、テレビ視聴にお金を払う習慣が根付かず未払いが多発したことによる。





▲ページトップに戻る