サラリーマンの自由研究 〜マネー編〜 公共料金・税金をEdyで払う
トップページへ

サラリーマン的節約
サラリーマン的節約の戦略
固定費と変動費の節約
目標の貯金額・貯蓄額はいくらか
定期券代の節約
銀行振込手数料の比較
携帯電話料金の節約
家から携帯電話にかける節約
外食は割引で(クーポン)

外食は割引で(キャッシュバック)
外食は割引で(ポイント還元)
外食は割引で(モニター謝礼)
外食は割引で(お食事券)
外食は割引で(試食会.jp)
サンプル百貨店「ちょっプル」で新商品をお得に試せる
払い方を変えれば節約

払い方を変えれば節約(Edy)
本を安く買う方法

オンライン書店ポイント還元比較
サラリーマンの自由研究 トップ > 払い方を変えれば節約(Edy)|公共料金をEdyで払う



公共料金をEdyで払う


公共料金の中でクレジットカード払いが出来ない水道料金(一部地域では可能)ですが電子マネーEdyを使って間接的にクレジットカード決済が可能になります。

Edyが利用可能なコンビニでは公共料金や税金
※1の支払い(収納代行)にEdyを利用することが可能です。
そして、Edyはパソコンに接続する専用端末パソリを利用することで、クレジットカードからのチャージ(入金)
※2が可能です。

→残念ながらEdyによる収納代行は2008年4月をもってサービスを終了しました。よって、現在は公共料金をEdyで支払うことができません。


※1
固定資産税(土地家屋)、都市計画税、固定資産税(償却資産)、自動車税、個人事業税、不動産取得税、鉱区税。 自治体によって扱いが異なります

※2
チャージ可能なクレジットカードはビットワレットのサイトを参照


ここで重要なのは、クレジットカードでチャージすると、通常のショッピング利用と同様にポイントが付くということです(ポイントが付かないカードもあるので注意)

例えば楽天カードは通常のショッピング利用は1%ポイント還元なので、 実質1%程度の割引で支払うことが可能になります。
→楽天カードのEdyチャージに対するポイントは2006年6月一杯で終了



Edyチャージでポイントが付くクレジットカード(一例):
※2008年6月時点

 ・ライフMasterカード (0.25%還元)
 ・OMCカード(0.5%還元)




サラリーマンの自由研究 トップ >  払い方を変えれば節約(Edy)|公共料金をEdyで払う