サラリーマンの自由研究 〜マネー編〜 アモチ計算
トップページへ

Microsoft Money TIPS!
TIPS! トップページ


サラリーマンの自由研究 トップ > Microsoft Money TIPS! 
17.債券の償還差損処理(アモチ計算)




額面金額より高い価格で購入した債券は、償還時に額面金額で償還されるので、
差損が生じます。
(もちろん表面利率[クーポン]がこの差損分を上回るので投資家は債券を購入するのですが)  
この差損を1度に登録すると実績が歪むので(数年にわたる運用結果がたった1日に
計上されるため)、保有期間で按分して登録する方法をアモチゼーションといいます。

いわゆる減価償却と同じ考えなのですが、耐用年数が切れたとき(=償還日)の資産価値は額面金額になっている資産としてみなすことができます。



MicrosoftMoneyではアモチ計算のサポート機能が無いので、按分した差損額を都度登録する必要があります。

手順:

 @債券購入時
  ・普通に登録

 A家計簿集計上の期末(例:12/31)時、按分した差損額を登録する
  ・ポートフォリオより投資証券口座から購入した債券を選択し「新規」を押して
   新規取引の入力画面を呼ぶ
  ・「運用方法」を"その他支出"とする
  ・「支払元資産」は証券投資口座の預り口


 B償還時  
  ・購入時と同じ価格(単価)で入力



サラリーマンの自由研究 トップ > Microsoft Money TIPS! 
17.債券の償還差損処理(アモチ計算)