サラリーマンの自由研究 〜マネー編〜 袋分けの管理
トップページへ

Microsoft Money TIPS!
TIPS! トップページ

サラリーマンの自由研究 トップ > Microsoft Money TIPS! 
19.現金の袋分けをマイクロソフトマネーで管理する




袋分けとは、費目(お金の用途)ごとにあらかじめ予算を決め、それぞれ費目ごとに袋を用意し現金を入れておき、あとは袋からお金を引き出しながらやりくりすることで、使いすぎの防止や残高の確認を容易にすることが可能な家計管理のテクニックです。

この袋分けをMoneyで管理する場合どうするのでしょう。

まず袋分けしたお金とは紛れも無く現金なので、「現金」資産であると言えます。
そして、それぞれは別枠として管理しているのであるから、袋は「資産」であると言えます。


例:「食費」「教養(本・CD)費」「医療費」の3つの袋に3万円ずつ入れた。

 @資産を新たに三つ登録する
    資産名    資産の種類
  ------------- ----------
   食費袋       現金
   教育費袋     現金
   医療費袋     現金

 A資産間移動を使い、各袋に3万円ずつ入金する

 B以後、各費目ごとの支払は費目に一致する袋の資産より登録する



また、マイクロソフトマネーは費目ごとの集計や、予算に対する比較が容易で予算超過した場合は警告表示させたり、費目の支出額を「支出メーター」での一括管理することも可能なので、袋分けと併用すると効果が増すと思います。




サラリーマンの自由研究 トップ > Microsoft Money TIPS! 
19.現金の袋分けをマイクロソフトマネーで管理する