サラリーマンの自由研究 〜マネー編〜
トップページへ

MicrosoftMoneyで始める
             
家計簿
具体的な作業の流れ
まずは資産を設定する
お金の入出金を記録しよう
大事な概念「資産間移動」
クレジットカードの利用を記録
自分で費目を設定してみよう
定型的な入出金は楽して登録
1ヶ月の結果を振り返ってみよう
慣れてきたら予算を立ててみる

サラリーマンの自由研究 トップ > まずは資産を設定する (MicrosoftMoneyで始める家計簿)


               <始めにやること>
         まずは資産を設定する

買ってきたばかりのMicrosoftMoney.
PCへのインストールも無事完了しました。

Moneyを起動してまず始めることは「資産」を登録することから始めます。




あなたは、全財産をどのような形で所有しているのでしょうか思い返してみましょう。
すべて現金で、財布の中に存在しているだけでしょうか?

少なくとも同じ現金でも、財布の中、○○銀行の普通口座、△△銀行の普通口座、
または、タンスの裏のヘソクリ・・・等と、保管方法や場所を変えて
複数持っているのではないでしょうか?

例えるなら、あなたの全財産は一つの棚にありますが、それはよく見ると
複数の引出しに分けて保管している状態だといえます。

Moneyはこの引出しのことを「資産」とよんでいます。

では、具体的にどのようなものが「資産」になるのでしょうか?

 ・現金
 ・銀行に預けているお金
 ・郵便局に預けているお金
 ・友人に貸したお金(債権)


他にも、お金に換金することができる価値のあるものも資産です。

 ・証券会社で保管している有価証券(株や債券など)
 ・家
 ・土地
 ・車


これらはすべてプラスの資産ですが、マイナスの資産もあります

 ・クレジットカードの残債
 ・住宅ローンの借入金
 ・友人から借りたお金(債務)


以上のようなもの1つずつがMoneyでは1つの「資産」になります。
Moneyでは好きなだけ「資産」を作ることができます。







       資産の登録 (銀行口座の場合)

では、実際に「資産」を登録してみましょう。
「資産」の登録は、Moneyを始めて起動してきたときに出てくるウィザードで登録しますが、
もちろん、後から登録することも可能です。

すべての資産を一度に登録する必要は無いと思います。まずは、自分が把握したい資産だけを
登録してみましょう。


1.「資産と口座」を選択し、「新規資産の追加」をクリックします



2.資産の種類を選択します
 銀行口座、クレジットカード、投資(証券会社の口座)には専用のボタンが用意されてますが
 それ以外の資産であれば「その他の・・」を選択します。




3.初期残高(現時点の残高)を設定します。




サラリーマンの自由研究 トップ > まずは資産を設定する (MicrosoftMoneyで始める家計簿)