サラリーマンの自由研究 〜マネー編〜
トップページへ

MicrosoftMoneyで始める
             
家計簿
具体的な作業の流れ
まずは資産を設定する
お金の入出金を記録しよう
大事な概念「資産間移動」
クレジットカードの利用を記録
自分で費目を設定してみよう
定型的な入出金は楽して登録
1ヶ月の結果を振り返ってみよう
慣れてきたら予算を立ててみる

サラリーマンの自由研究 トップ > 一ヶ月の結果を振り返ってみよう(MicrosoftMoneyで始める家計簿)


        1ヶ月の結果を振り返ってみよう
          

すべての家計簿がそうだと思いますが、日々の取引(入出金)をただ記録するだけでは
意味がありません。
記録したデータを元に、家計の状態を把握し、改善するための判断材料として
活用できなくてはなりません。

Moneyは日々登録した取引のデータをもとに色々な角度から情報を分析するための
集計表やグラフを作成してくれます。



まず、メニューの「集計表とグラフ」をクリックします。
次に「集計表とグラフの設定」をクリックします。

「集計表とグラフ(詳細)」と「集計表とグラフ(標準)」どちらを使用するかの
選択ができます。
※いろいろな集計ができるという意味では詳細を選択することをオススメします。




<費目別の収支を把握する>

まずは、何によってお金が出て行き、何によってお金が入ってくるのかを
把握します。
それには集計表の「収入および支出」がオススメです。
おなじような集計表として「費目別支出」がありますがこちらのほうは
支出と収入の両方が確認できます。


1.「収入および支出」を表示クリックする。

2.「収入および支出」の集計表が表示されたら、次に
  表示方法のカスタマイズを行います。

  ・期間 : 「今年」を選択 (1ヶ月以上の期間となるようにしましょう)


 次に画面左の「ユーザー設定..」をクリックします。

  <行と列>
   ・行 :「費目」を選択
   ・列 :「月」を選択

  


 OKボタンを押すと以下のような集計表が表示されます。



サラリーマンの自由研究 トップ > 一ヶ月の結果を振り返ってみよう(MicrosoftMoneyで始める家計簿)