三井住友銀行のATM手数料を無料にする方法


はてなブックマークに追加

三井住友銀行のATM利用手数料について


メインバンクを三井住友銀行(SMBC)にしている方も多いと思いますが、通常ATMを利用する場合、自行であっても平日昼間以外は手数料がかかってしまいます。
コンビニATMの利用に至っては常に手数料が掛かり、平日昼間以外は216円もかかり高額です。
 残高が10万円以上 左記以外 
三井住友
銀行
本支店ATM
平日  8:45
~18時 
無料 無料
上記以外 無料  108円(*1) 
土・日・祝日 108円(*1) 
コンビニATM
ゆうちょ銀行ATM
平日  8:45
~18時 
108円 108円
上記以外 216円(*2) 216円(*2)
土・日・祝日
*1 個人客による入金・振込は、時間外手数料が無料。
*2 総合口座で、取引金額が1万円以下の当座貸越取引の場合、108円(消費税込)/回

なお、コンビニATMとは以下を指します
「セブン銀行ATM」(セブンイレブン、イトーヨーカドー、そごう・西武等に設置)
「ローソンATM」(ローソンに設置)
「イーネット(E-net)」(ファミリーマート、ポプラ、生活彩家、セーブオン等に設置)



▲ページトップに戻る

SMBCポイントパックに加入すればATM利用手数料を無料できる。

三井住友銀行でも残高や取引内容に応じてATM手数料を優遇するサービスがあります。

SMBCポイントパックとは?
SMBCポイントパックは、「口座」と「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)」を契約の顧客にポイントの付与や手数料の割引を提供するサービスです。

新規に銀行口座を開設するならSMBCポイントパックに合わせて加入できますが、既に口座を持っている方は、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)加入の上、インターネットまたは電話より加入申し込みができます(無料)

口座開設・SMBCポイントパック付き口座への切替え手続き


所定の条件を満たすとATM時間外手数料が無料になる。
SMBCポイントパックに加入し、以下の条件のいずれかを満たすとATM時間外手数料が無料、コンビニATMの利用手数料が「月4回まで」無料になります。

1.給与振込、年金受取
「当月」に給与受取または年金受取の実績があること

2.クレジットカードご利用代金のお引落し
「当月」の所定日にご本人さまのSMBCポイントパックご契約口座から以下のクレジットカード会社のクレジットカードご利用代金のお引落しがあること
a.三井住友カード b.さくらカード c.セディナ

3.残高合計額30万円以上
「当月末」の預かり資産の残高合計額が30万円相当額以上あること

4.住宅ローン等
「当月末」にローンの借入残高(住宅ローン等)があること

5.Web通帳
「当月末」にWeb通帳のご契約があること

6.カードローン
「当月末」にカードローンのご契約があること

上記いずれかの条件を満たした場合のATM手数料は以下のようになります
SMBCポイントパックの
手数料無料の条件を
満たしている場合
参考
(なにもしない)
三井住友
銀行
本支店ATM
平日  8:45
~18時 
無料 無料
上記以外 108円
土・日・祝日
コンビニATM
ゆうちょ銀行ATM
平日  8:45
~18時 
無料
(月4回まで)
108円
上記以外 216円
土・日・祝日

SMBCポイントパックの条件が適用されるタイミングは?
「当月」または「当月末」に条件1~6のいずれかを満たすと、「翌々月」の各種手数料が優遇対象(無料)になります。この点については注意が必要です。




▲ページトップに戻る

評価

メガバンクの一角である三井住友銀行ですがコンビニATM利用手数料を無料に出来る方法があります。
ただし、優遇サービス(SMBCポイントパック)を利用するためにはインターネットバンキングの利用がセットであったり、所定の手続きが必要だったりします。
また、いまのところ他行宛て振込み手数料を無料にする優遇サービスは無いようです。三菱東京UFJもみずほ銀行も条件は厳しめですが、一応あるので残念なところです。

なお、ネット銀行の新生銀行住信SBIネット銀行なら、優遇サービスは初めからセットになってますし、コンビニATM利用手数料や他行宛て振込み手数料も回数に制限はありますが無条件で無料になる(ステージが上がるとさらに無料回数が増える)ので、新規で銀行口座を開くのなら初めからネット銀行も口座を開いておく方がメンドくさくないです。


関連ページ:
コンビニATMの引出し手数料が無料の銀行比較
振込手数料無料の銀行(他行あて振込手数料が無料になる銀行の一覧)





▲ページトップに戻る