SBIネット銀行のハイブリット預金とは|普通預金なのに高い金利



はてなブックマークに追加

普通預金なのに金利の良い「SBIハイブリット預金」

SBIハイブリット預金のサービス内容


銀行預金でありながら、SBI証券での現物取引の買付代金(余力)に自動的に反映。SBI証券に入金する手間を省くことができます。

普通預金と同じように毎月利息を受け取ることができます。

円普通預金・円定期預金と同様に預金保険制度の対象です。
円普通預金・SBI ハイブリッド預金・円定期預金の元本合計で1,000万円とそれに対する利息分まで、預金保険制度により保護されます。

金利優遇
通常のSBIネット銀行の普通預金の金利はメガバンク(三菱東京UFJ銀行などの大手)と同様の0.02%ですがハイブリット預金にすると0.06%(2015年12月)と高い金利が設定されます。

2015年12月26日現在の金利
100万円未満 100万円以上
円普通預金 0.020% 0.020%
ハイブリット預金 0.060% 0.060%

補足・注意点


ATMからの入金・出金は直接できません。
入出金する際は、一度ご自身の普通預金へ「振替」で移動してからATMで出金する事になります。

つまり、「普通預金」口座と「ハイブリット預金」口座の2つの円預金口座が設定されるので、いったん普通口座を経由する必要があります。
それでも「普通預金」と「ハイブリット預金」口座間の振替は、深夜でも休日でも受けており、即時に反映するので、当日中に振替えて出金する事が可能です。


SBI証券との連携が良くなり、普通預金とほぼ同等の利便性(流動性)を確保しつつ高金利であるところが、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金のお得なポイントです。

住信SBIネット銀行
SBI証券



他行の類似サービス
他行でもグループの証券会社と連動した預金サービスがあり、同様に金利が高めに設定されているのがポイントです。
楽天銀行 」:マネーブリッジ





▲ページトップに戻る