サラリーマンの自由研究 〜マネー編〜 蓄財優等生と蓄財劣等生|となりの億万長者
トップページへ
いつの間にか無くなっているお金(ラテマネー)

銀行振込手数料の比較



 
サラリーマンの自由研究 トップ > 貯蓄優等生と貯蓄劣等生




資産家とは高額所得者のことではない。

となりの億万長者―成功を生む7つの法則
Thomas J. Stanley
4152081082



蓄財優等生と蓄財劣等生

億万長者・ミリオネアを100万ドル以上の資産を持つ人々と定義し、
その実態を丹念なリサーチ・アンケートによって調査した結果、以外な事実がわかってきた。

・お金を気前よく遣う、世間一般では上流とされる生活を送っている人は、収入も多い反面、支出がかなりを占めていて、実は資産をほとんど持っていない。
・一般に高額所得者とされる医者などは、貯蓄が下手。
高額所得者は高級住宅に住み、身なりもまわりにあわせて高級なものを揃えようとするので、支出が多い
・高所得・低資産タイプは、費目毎の支出状況を把握していない。


億万長者のライフスタイル

多くの億万長者は、いわゆるステータス品(高級住宅・高級車・高級腕時計)は所有しない。

・高級ブランドのオーダースーツは買わないが、安くて品質のいいスーツは買う。 平均的な億万長者は家族や自分の為に買った一番高いスーツは399ドル(約4万円)



あらためて、倹約と貯蓄を啓蒙する本で。攻めを稼ぐこととすれば、こちらは守りについて示唆に富んだエピソードが散りばめられています。


期待資産額

では、身の丈にあった支出を心がけるため、あなたの現在持つべき資産額の指針があります。

  年齢 × 税引前年間家計所得 ÷ 10


35歳、年収700万円なら

  35 × 700 ÷ 10 = 2450万円

総額2450万円以上の資産をもっていなければ、蓄財劣等生ということになる。
もちろん資産なので、現金預金だけでなく土地、株、債券、投資信託といった換金できるもの全ての時価総額ということになる。
 

となりの億万長者―成功を生む7つの法則



サラリーマンの自由研究 トップ > 貯蓄優等生と貯蓄劣等生