サラリーマンの自由研究 ~マネー編~
トップページへ
サラリーマンの自由研究 トップ > 新型(5年もの)個人向け国債 2007/7/1
個人向け国債とは
5年もの個人向け国債とは
中途換金のお得なタイミング
満期5年の個人向け国債

2005年12月から募集が始まる新型の個人向け国債ですが
いったいどんな商品性なのでしょうか・・

発行対象者   個人のみ
償還期限       5年
売買単位      1万円
価格      額面金額100円につき100円

    ※発行済みの個人向け国債を購入することはできません。新発の個人向け国債のみ購入できます。
     発行日の約1ヶ月前から3週間程度ある募集期間中に金融機関を通じて注文します。
     価格は常に100円で変動しません。


金利            「固定金利制」を採用
  
    新発5年物国債の金利水準から0.05%を差し引いた金利
    最低金利は0.05%

中途換金
         4回目利子支払期(2年目)以降であればいつでも可
    (ただし、本人死亡等による理由の場合は2年目より前でも
    中途換金できる)

売却(中途換金)

       額面金額 + 経過利子相当額 - 既支払利子のうち最大4回分

  

     ※2年未満に中途換金した場合はそれまでのに支払われた利子と
          経過利子相当額になる
 
      ※2008年4月より中途換金調整額の算式が変わり直2回分税引き前利子ではなく
       税引き後の利子分が引かれます(つまり直近2回分利子(税引前)×0.8)となり
       中途換金によるペナルティが若干減ります。
       いままで換金のタイミングによって元本割れを起こす可能性がありましたが
       今後は元本割れのケースがなくなる商品に変わります。



初めに新型個人向け国債の商品内容を聞いたときは、中途換金調整額の
2年分の利子という部分がネックに感じましたが、金利が5年物国債の基準金利から
スプレッド-0.05%(10年変動型・・・いままでの個人向け国債は-0.8%)は
魅力かもしれません。
ただし5年物の国債の金利は10年物と比べて低いです


参考:
  BloomBerg  ※「価格/金利」欄の金利の部分を見ます


追記:

・2006/1/16発行(募集期間は2005/12/09~12/29)の
 個人向け国債(固定・5年)第1回債のクーポン(利率)は0.8%になりました。

・2006/4/17発行(募集期間は2006/3/13~4/4)の
 個人向け国債(固定・5年)第2回債のクーポン(利率)は1.01%になりました。

・2006/7/18発行(募集期間は2006/6/9~7/4)の
 個人向け国債(固定・5年)第3回債のクーポン(利率)は1.30%になりました。

・2006/10/16発行(募集期間は2006/9/13~10/2)の
 個人向け国債(固定・5年)第4回債のクーポン(利率)は1.13%になりました。

・2007/1/15発行(募集期間は2006/12/13~12/27)の
 個人向け国債(固定・5年)第5回債のクーポン(利率)は1.20%になりました

・2007/4/6発行(募集期間は2007/3/9~4/3)の
 個人向け国債(固定・5年)第6回債のクーポン(利率)は1.13%になりました

・2007/7/17発行(募集期間は2006/6/13~7/3)の
 個人向け国債(固定・5年)第3回債のクーポン(利率)は1.50%になりました。



詳しくは財務省のホームページまで



各金融機関のキャンペーン

個人向け国債は人気商品のようで、各証券会社・銀行などが販促をいろいろやっているようです。多く見かけるのは、購入代金に応じて商品券がもらえるというものです。
大体額面100万円で1,000円相当の商品券が相場のようです。

イー・トレード証券 では100万円で3,000円相当の商品券もしくは宝くじが貰えます
  (対象期間  2006/10/2~2006/12月末日予定、
           2007/1/4~2007/3月末日予定  )






10年変動 個人向け国債
   


最新
レポ取引のすべて
―入門実践金融
最新 レポ取引のすべて―入門実践金融


レポ取引のすべて
レポ取引のすべて


個人向け国債Q&A
―窓販対応のポイント
個人向け国債Q&A―窓販対応のポイント


一般債取引入門

4775990020