ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
自己紹介

ノーザンライツって?
~少人数で、ゆっくりと、シンプルに~

ノーザンライツは知床ウトロのシーカヤックと森のバックカントリーガイドです。
 シーカヤックを使い知床を海からの視点で観察し、たくさんの人が歩くあらかじめ決められた遊歩道ではなく、動物たちが暮らす原生の森の中をご案内致します。
 一度のガイドは4人まで、お客様のペースに合わせてゆっくりと進みます。
 無人の海岸で、あるいは深い森の懐で、知床の美味しい旬の食材をつかい昼食をつくり、知床の自然を五感で感じてみましょう。
 普通の観光では見えてこない、自然の中での生命の輝きや、現代の暮らしの中で忘れてしまいがちな大切なことを思い出してみませんか?
 ここ知床は太古の昔から、そのように人も動物も暮らしてきた場所なのですから。



ガイド 矢代 武士(やしろ たけし)

1980年11月14日、東京都生まれ。
日本大学 文理学部地理学科卒業。
東京環境工科専門学校 自然環境保全学科卒業。
2006年、株式会社 知床ネイチャーオフィス入社。
2013年、ノーザンライツ旗揚げ。

 中高生の時は家でゲームばかりしていた。大学に入って反動か日本中を旅して見回るようになった。やがて高山の自然に魅せられ卒業研究を尾瀬で取り組んだ。
 そのなかで、国立公園で働くレンジャーといわれる人たちと出会い、手伝いのアルバイトをする。自然の中で働く仕事をしてみたいと思うようになった。
渋谷にあったレンジャー養成学校にて、2年間学ぶ。自然の中で働くには、人と人との繋がりやチームワークがいかに大切かを教わった。
 卒業後知床にて自然ガイドとして働き始める。そしてシーカヤックというものと出会い新しい世界が開ける。
どうしてもアラスカの自然を観てみたくなり、仕事を辞めひと夏をアラスカで過ごす。ユーコン川をカヌーで下り、ツンドラの荒野や氷河の上をキャンプしながら旅した。
 夢に描いていたそのままの世界がアラスカには残っていた。
 ・・・でも帰ってきてふと思った。
 ずっと一人で旅をしていて、結局これはただの自己満足だったんじゃないだろうか。布団の中で見る夢と同じで。
 夢を現実化するためにはほかの人に思い出を伝えて共有する必要があることに気付いた。伝える方法は様々だけど、不器用な自分に何ができるだろうか。。。
 そうか、やはりガイドしかないな!
 いつまでもこの素晴らしい知床の世界を、感動を、たくさんの人と共有できたらと思う。
 知床の夢を夢で終わらせないために。そして次の世代へ繋ぐために。

フッターイメージ