不用品の処分例・・産業廃棄物及び農業用廃棄物は回収出来ません。

 
※【可燃ごみの処分】

 *雑誌・新聞・書物・木材・プラスチック類の燃える物。

 ※【不燃ごみの処分(鉄くず・ビン・缶)】


 *空き缶や空き瓶は不燃ごみとして回収可能ですが、中身が入っている物は回収は出来ません。何故なら、中味は可燃ごみになり、別々に分別をしなくてはなりません。依って不燃ごみと可燃ごみが一緒になった処分品はどちらの処分場でも受け入れは不可能と言う事です。

【回収が不可能なと言うよりも当方が出来ない物】

 
※産業廃棄物・医療廃棄物・農作業により搬出された物・劇薬・農薬等は回収出来ません。

 ※多量の瓦礫や残土類は回収出来ません。



 
【そのままでは回収が不可能な物】

 ※中身の入っている瓶詰や缶詰類及び自宅にて作り置きしているビン・缶類

 ※中身の入っているペンキ等は回収出来ません。使い切った缶は回収出来ます。

 ※木製やプラスチック容器の樽等に漬け込まれた山菜や味噌類

 
その他現物確認にて回収が不可能と判断した物。

【中身を取り出して分別が出来ているのであれば回収は可能な物】

 中身の入っている瓶詰や缶詰類及び自宅にて作り置きしている瓶詰や缶詰類
これら瓶詰や缶詰類として、中身の入っている場合は回収出来ません。何故ならビン・缶類は不燃ごみで有り資源ごみです。しかし、中身は可燃ごみです。依って中身が入っている物の搬入はどちらの処理施設も不可と言う事です。

 ※木製やプラスチックの樽に漬け込まれた山菜や味噌等


 これらの樽に入ったままの漬物は回収出来ません。何故なら樽は粗大ごみで有り、中身は可燃ごみです。依って中身が入っている物の搬入はどちらの処理施設も不可と言う事です。

 
従って依頼者様がご自分で、ビン・缶類の中から中身を取り出して、可燃ごみと不燃ごみとに分別をする作業を行う事により回収が出来ます。

 但し、ご自分でこれらの分別が出来ない場合は、当方がこれらの作業を行う事とし、別途作業料金が発生する事をご了承頂ければ回収致します。



  尚、ビン・缶類、等の中身の入っている物を処分依頼された場合は、処分料金の他に、
作業料金が発生しますので

ご了承ください。

 

【ゴミステーションに出せない物の回収】


産業廃棄物・医療廃棄物・農薬・劇薬・農作業により搬出される物以外

 粗大ごみ自動車用タイヤ・消火器・バッテリー・・他、



 ※【粗大ごみの処分―1】


 *テレビ・洗濯機【乾燥機】冷蔵庫【冷凍庫】エアコンは粗大ごみでは有りません。リサイクル家電品なのでごみでは捨てる事

は出来ません。
(各リサイクル料金と収集運搬料金が必要です)。

 
*ベッド・テーブル・タンス・机・いす、その他市指定の袋に入らない物でゴミステーションに出せない大きな物の回収及び処分。
 
*重い物や大きいものは、自宅内から搬出致します。搬出が不可能な場合はその場で解体して搬出致しますので心配有りません。



 ※【粗大ごみの処分方法―2】

 期日・時間指定にて市委託業者が自宅前に置かれた粗大ごみは回収してくれます。但し、これらは指定された日及び時間ま

でに自宅にて保管し、指定日に自宅から搬出し、自宅前に置く。と言う作業があります。また、当然大きさにより処分料金が違

いますので、郵便局に出向いて処分品に貼り付ける
粗大ごみステッカーと言われる証紙を購入して、処分品に貼り付けて自宅

保管し、指定日時を待って自宅前に出す。と言う一連の流れがあります。


 ご自分で出来る方は良いのですが、出来ない方は、処分したいがどうしようもなく、困ったじゅ!!で、片づけは出来ないと言う

事になります。その場合は、上記の
粗大ごみの処分―1をご利用下さい


※【新庄の便利屋としての不用品の回収と処分


 
新庄の便利屋としての不用品の回収に付いて決まった曜日や時間は有りません。お客様の都合の良い日と時間を言って

頂ければ極力そのように致します。しかし、こちらとしても事前にご依頼を受けている場合が御座いますので、お客様の希望通

りとはいかない場合が有ります事をご了承ください。

 
また当方は、回収品をストックして置く場所が有りませんので、処分場が連休して閉場の場合は回収出来ない場合が有ります。

 
※【お客様の処分品の出し方

 新庄の便利屋
に不用品の処分を依頼される場合は分別の必要は有りません。不用品はこれですと言って頂ければ此

方で分別しながら積み込みます。

 また、お客様が不燃ごみと可燃ごみを適当に袋や段ボール箱に入れていたとします。その場合は回収後に再度開けて分別

が適切か確認をしてから処分場へ搬入しなければなりません。

 完全に分別して袋や段ボール箱に詰めて頂いているのであれば問題は有りません。ただ、適当に入れていればそのまま処

分場に持っていく事は出来ません。何故なら可燃ごみの中に金物類やビンや缶が混じっていれば処分場にて当方の信用が失

います。依って結局回収後に当方が袋や段ボール箱の中身の確認をしてから処分場へ搬入しています。

    注意!!処分場に搬入された物は絶対に戻りません。処分品を出すときは十二分に確認の上お願い致します。