横浜バランス法律事務所

横浜市西区北幸2-5-17 横浜NSビル 6階

〜横浜駅西口徒歩8分,ハローワークプラザよこはま(STビル)隣〜

Tel 045-620-7671
平日及び第2,第4土曜日(応相談)
営業時間 8:00〜22:00

理念:依頼者と、共に歩む。
No.image"
Top
弁護士紹介
取扱業務
(事業主)
取扱業務
(個人)
法律相談
アクセス
費用・報酬

個人向けの,主な取扱分野

◇労働問題

◇一般民事

◇家事事件

◇刑事事件

相続放棄・限定承認

親族がお亡くなりになられた場合に,まず気をつけなければならないことは,その方に債務があったかどうかです。なぜなら,債務も相続されてしまうためです。
もし,債務の額が遺産の額より大きいというときは,相続放棄あるいは限定承認の手続きをとることができます。
ただし、これらの手続きは、原則として「自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に」しなければならないため(民法915条1項、921条2号)、急ぐ必要があります。
自分より優先する順位の相続人がいる場合には、それらの相続人が全員相続放棄をするなどした場合に、初めて自分が相続人となることになるので、そのことを知った時から3か月となります。
なお、相続放棄等をするまえに、遺産分割をしたり遺産を処分したりすると、相続を認めたことになり相続放棄が許されないことがあるので(民法921条1項)、注意してください。

ご相談いただければ、すみやかに可能な手続きを検討します。