横浜バランス法律事務所

横浜市西区北幸2-5-17 横浜NSビル 6階

〜横浜駅西口徒歩8分,ハローワークプラザよこはま(STビル)隣〜

Tel 045-620-7671
平日及び第2,第4土曜日(応相談)
営業時間 8:00〜22:00

理念:依頼者と、共に歩む。
No.image"
Top
弁護士紹介
取扱業務
(事業主)
取扱業務
(個人)
法律相談
アクセス
費用・報酬

個人向けの,主な取扱分野

◇労働問題

◇一般民事

◇家事事件

◇刑事事件

遺言書が存在した場合

遺言書には、@自筆証書遺言、A公正証書遺言、B秘密証書遺言の3つがあります。
このうち、@とBについては、家庭裁判所で裁判官に書面の状態を確認してもらう「検認」という手続きをしておかなければなりません。
遺言所が存在した場合には、基本的には遺言所の内容に従って相続が行われますが、その内容が無効であると争われることもありますし、内容が特定の相続人の利益を害する場合には、遺留分減殺請求をされることがあり得ます。