おんなですもの

       作詞  納羽(なわ) 汀





       のれんを分(わ)けて 馴染(なじみ)のひとが

       お店(みせ)の奥(おく)の とまり木(き)へ

       横(よこ)にこしかけ お酌(しゃく)する手(て)で

       待(ま)っていたわと 小声(こごえ)で言(い)えば

       無口(むくち)の髭(ひげ)が うなずくばかり

       つくしてあげたい ひとりでしょうか


       いつもの椅子(いす)で 飲(のん)でるひとが

       雨(あめ)の今夜(こんや)は まだ来(こ)ない

       どこかの店(みせ)に より道(みち)ですか

       おんなですもの うす紅(べに)さして

       待(ま)っていますわ いついつまでも

       夜更(よふけ)はみぞれに なるのでしようか


       のれんをおろす 袖(そで)先(さき)ぬれて

       おちる涙(なみだ)が ひとしずく

       あのひと待(ま)ってりゃ きうきするわ

       おんなですもの こころの隅(すみ)で

       恋(こい)をしてたわ はずかし嬉(うれ)し

       淡雪(あわゆき)ふたりで くらしましょうか




  • 汀へ戻ります


  • サイトトップへ