■TTP228 近郊・急行型改造パーツ集
S=1/150

このページに記載のトレジャータウン製品のお求めは、こちらからどうぞ。

近郊・急行型改造パーツ集 TTP228

板1枚・説明書入 本体600円

PS23ディテールパーツやモハ164・168用避雷器配管(PS23対応位置とPS16対応位置、PS23対応位置は微妙に取りまわしの異なるモハ164-504用を含む)、正面窓下通風口、急行東海165系K3編成サロ165-107ベンチレータ塞ぎ板等。
165・169系の改造に便利です。










左下写真はトミックスのPS23パンタをベースに、実車台座左右外側に露出しているアーム部分を取り付けたものです。
■PS23パンタ(トミックス製)をグレードアップしてみよう

まず概念図です。黒塗りの部分が新たに取り付けるパーツです。


パンタのフレーム部分は破損しないように外しておきます。

台枠側面のガイシ横にある左右の凹んでいる部分の中心に針先で印をつけます。

左右両面の4箇所に、0.3ミリドリルで穴を あけます。

TTP228ランナー右下の部品5を切り出し、

ランナー上下の小さな△印の位置を目安に、左右を90度折り曲げて

コの字型を作ります。ピンセットかヤットコの先でつまんで曲げてください。曲げる向きを間違えないように。

部品の先端にゴム系接着剤を塗布し

先ほどの台枠の穴に差し込みます。

シリンダーのある側が車体中央を向き、概念図のとおりシリンダー側に向かって部品5が斜め上を向きます。

部品の取り付けが完了したら、
10
フレームを元通り組み立て、フレームが問題なく動くか確かめたら完成。せっかくですから塗装してあげましょう。
■関連製品
TTK425-1・-2 クヤ153・165
TTK427B改 113・115系丸窓4連キット
TTK427F 115系弥彦線2連キット
TTK427-2改 モハ113・112・115・114丸窓2両組
TTK427-3改 クハ111・115丸窓2両組
TTK427-4 サハ111・115丸窓単品
TTL008 オデコ滑り止めインレタ(東海)
TTP105〜107 ジャンパー栓各種
TTP108 113/115系妻板ダクト
TTP227 近郊型国電用乗務員扉
TTP237 国電用貫通扉・標準形
■直流急行形関係が収録されたインレタ
TTL006 前面編番表示/新車・新幹線・宮原車用(宮原車167系編成番号)
TTL014A 115系新潟色・緑 標記(165系赤倉色標記)
TTL029/030 169系三鷹車新旧標記(169系湘南色特保車およびいわゆる三鷹色)
TTL040A 417系標記/白文字(サロ165-14標記)
TTL059A・B 113系(阪和)・153系(宮原) 標記 白・青22号特(153系・165系宮原車国鉄時代湘南色および新快速色)
TTL063C 113-1000系標記(房総各線)白文字(165系なのはな標記)
TTL064A115系広島N30・113系福知山標記・茶色(165系上沼垂ムーンライト茶色=第二編成の所属標記・検査標記)
TTL067 キハ58みよし・169系かもしか標記(緑14号相当)(169系Nストライプ全車緑色文字)
TTL801-01 復活湘南色標記(169系S52編成・165系カヌM2・M3・シマS9〜11編成標記)
■その他の汎用パーツの一例
TTL002 115系半自動扉取っ手インレタ
TTP103 165/455系スノープロウ
TTP105A・B・106A〜H・107A〜D・J〜L ジャンパー栓シリーズ
TTP122A・B TNカプラーアダプター各種
TTP151-01〜 ATS車上子(S型・P型)シリーズ)
TTP204 避雷器台座
TTP205 169系妻板手すりセット
TTP214 103-1000/301系手すりセット
TTP215-01 165・キハ58・40系手すりセット
TTP218 415系前面幌枠
TTP219 乗務員ステップバリエーション
TTP228 近郊・急行型屋上改造パーツ集
TTP230 国電用ルーバー集
TTP235-01 電車・気動車小パーツ集
TTP236 スピーカー・ワンマンパーツ集
TTP255 サボのささっていないサボ受け&455・475系ローカルパーツ集
TTP258-01 キハ58・40・183小パーツ集
TTP262-01 ATS-B型車上子(胴受設置)・101・103系前面手すり

TTP264A・B 妻板キャンバス押さえ 近郊急行型国電・通勤型国電用

※エッチングパーツについてのご注意:
表示している入り数は、標準的な使用量で最大で使用できた場合の一例であり、製品の状態や部品の組み合わせによっては、表示数量までお使いいただけない場合もございます。
また個々のプロトタイプによる必要数などは当方では把握しておりませんので、あらかじめ余裕を持った数量をご自身でお調べいただきご検討のうえ、お求めいただくことをおすすめいたします。

2014年7月17日更新

戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。